農地法、少し改正?

2011.01.12(18:09)

日本の悪法、農地法が少しですが改正の気配がしてきました。農地法と言えば、現日本の農業をダメダメにした、ファッキン法律です。この法律は超簡単に説明しますと、農家以外は農業ができない(継げない?)、独占禁止法も光の速さで逃げ出すのではないかというモノです。 このクソ法律のおかげで今まで、何万人という新規就農者が泣いてきました。そして現農家は潤ってきました。その悪法が改正しようという動きが戦後70年以来始めて起こりました。しかしそれに反対してるのが、何故か農林水産省です。
 彼らの言い分は「農地法が改正されると、企業やブローカーなどが参入してきて、産廃場や宅地に勝手に転用されるようになる」。・・・・・・・・ちょっと、まてぇぇぇぇぇぇぇぇ!!こいつら何言ってんの!?農地転用?産廃置き場?そんなん今現在進行で、やりまくってるじゃん。ウチの畑の回りでも、家の回りでもそこらじゅう農地を宅地転用してるし、採石置き場も無茶苦茶増えたよ!?休耕田も目に付くだけでも100ヘクタールぐらい軽くあるし、しかもそれは宅地にするのを待ってるだけだし。税金は減反政策で払わなくてイイし。
 この農林水産省の子役人に言いてえ日本の農地は、今でも十分荒れ果ててんだよ!ここで農地法を改正しても、今の日本の状況では間に合うかどうか分からないのに・・・。つーかこいつらは脳ミソ入ってないんじゃない?脳ミソの代わりにオガクズでも入ってるのかしらん。まあ農林水産省は自分たちの既得権益の為だけに動いてるだけだし。外務省と同じくらいいらないな。これじゃあ変わらん。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/96-2465991a