ビニールハウス、金かかりすぎ

2011.01.06(18:06)

寒さが、シャレにならなくなってきました。農作業も暑さが終わったと思ったら今度はスゲエ寒さです。そんな中重油を満載したトラックが、忙しそうにビニールハウスの重油タンクにガンガン充填していきます。 そんな光景を見て、毎年の風景なんですが、あきれてしまいます。なんでこのクソ寒いのに重油をバカスカ使う作物を育ててるんだろ?その重油を使うだけの稼ぎがあればいいけど、そんな稼ぎなんて無いのだから止めればいいのになあ。
 最近、農協の方や市場の方々と話す機会があったのですが、農協も市場も、寒い時期での暑い季節の作物は、求めていないそうです。つまり、冬にトマト、キュウリ、スイカなど、すでに昔と違い高単価で捌けないので、止めてほしいのが本音だそうです。そうとも知らず、いや、知ってるのかな、農家側は懲りもせずに、重油をガンガン炊いて作物を育てるのです。つーか、本当なんで止められないのかな。やればやるほど赤字になるんだから、早いとこ損切りしないと。
 そいうや近くのハウスも、ビニールの全面張り替えしてたなあ。そこんチは旦那が農業でなくて勤め人で奥さん1人でやってるらしいけどさ。30~40坪のハウス、4棟で業者に頼んだから、100万近くかかったんじゃあないかな?そこは跡継ぎもいないし、もう結構な年齢だから、そのお金でハウス解体費用にすればいいのに。これ以上続ける必要ないでしょ。それとも止められない理由でもあるのかしらねぇ。
 ま、私から言わせて貰うと「農家にとってハウスなんて飾りです!!従来の農家にはそれがわからんのです!!」てなかんじでしょうか。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/93-9fd3f30b