新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

阿久根市長は良く頑張った。①

てな事を書くとまた何か、地方公務員大好きな人達に批判されそうですが、私は彼ほど頑張った市長は皆無だと思います。
どんなに言い訳されようが、地方公務員、特に田舎の役場や行政が無茶苦茶な高賃金貰っているのは周知の事実ですし、都会で働いているサラリーマンが聞いたら卒倒するほど、楽な勤務内容や何でそんな大勢の人数が必要なのか分からない人員の数など、挙げればキリがないほどの地方公務員の働きっぷりです。そして市議員や町議員です。これがまた何で存在の必要があるのか分からないのですが、コレも驚くほどの高賃金です。そういう意味では地方公務員を超越してます。私の住んでいる町の例ですと、人口1000人(公称8000人ですが、1回も実地調査をしたことが無く、あくまで住民票調べなので、今年のアノ問題以来信用ゼロ。地元の人100人ぐらい聞き込みしたら、いいとこ1000人いれば良い方とのこと。)しかいないのに、町議の数が12人も!これだけでも多すぎるのに、働いている内容は月2回の議会と称したお茶飲み会だけ。これで月30万以上。回りからは「先生」と呼ばれ、エバリちらして生活できる。しかもウチの町は、なんと税金の4割が未収納。んで公務員の数が100人以上。税金の使い道のほとんどが人件費。もうねぇ・・・、アホじゃねぇ。この町。よく暴動が起きないよ。これからも税収の増える見込みは全くなし、子供は生まれない、千葉県トップクラスの高齢化町。病院は無い、町唯一のスーパーも潰れそう。農業は壊滅状態、漁業も税金で作った漁港を勝手に閉鎖して同じく壊滅状態、ゴーストタウンまっしぐら。それなのに相変わらず行政はナンも手を打たない。税金は徴収するだけ。一体どこの独裁国家だよ。これで公務員も町議の数も減らさないつーのなら、復興の見込みはありえない。
 でもまあこのまま「夕張市」のように破綻するまで進むな。そんで宿り主がぶっ倒れるまで、地方公務員どもは寄生するね。むう、長くなりそうなので続きは次回に。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment