③農業に必要な道具

2010.01.18(09:48)

農業はほとんど人力で行う作業が多いですが、その中でもこれだけは必要だと思う道具、機械を書いてみました。

(1)軽トラック
 もうこれが農業で一番というか、無いと生活できません。あらゆることに使います。移動、商品輸送、堆肥を積む、など絶対に必要なモノです。
 よくブログやネットで、車は中古で十分というのを見ますが、私はお勧めしません。何を隠そう私も中古で軽トラを買いました。MT、4WD、エアコン付、5年落ちのを50万で買いました。そしたら故障が多いの何の。まず車検がすぐ切れるので、5万。次に搭載コンピューターが壊れ、メーカー修理で11万、タイヤが丸坊主で5万、プラグ交換で2万、その他ちょこちょこ、壊れました。「貧乏人の銭失い」といいますが、まさにそのとおりになりました。安いモノを買ったつもりで、実は損しているのです。
 中古は確かに安いですが、前オーナーがどういう使い方しているのか分からず、型も古いです。ここは思い切って新車を買いましょう。新車は内装がキレイで広く、使いやすくなっています。現在車業界が販売不振でかなり安く買えると思います。ホンダが新しく出した軽トラもかなり良さそうです。100万も出せば十分でしょう。オプション は、都会と違い悪路が多く、畑の中も入るので4WDにしましょう。パワステももちろん。エアコンはご自由に。冬はあったほうが楽ですが。まあ軽トラは買ったら、農業辞めるまで使いますので、ここはケチらず、ドカンと新車を買いましょう。

(2)耕耘機
 畑が広くても狭くても、買ったほうが良いでしょう。いずれ畑はどんどん広くなりますし。最初は手押しタイプ(自走式)でOKです。トラクターは1町歩(1ha)超えたら考えましょう。畑を全部一度に耕す事は、あんまりないですからね。なにかしら植えてあるはずだし。これも前述したように、新品を買いましょう。これは車よりも性能の差が大きいです。現在のはエンジンを始動するのも簡単、押すのも自走式で力いらず、馬力もある、万が一故障しても新しいので修理が楽。中古は全て逆です。これもほぼ農業を辞めるまで使いますので、新品をお勧めします。
 値段は馬力イコールなので、土が固い事も想定して、7~8馬力で20万~30万ぐらいです。オプションは畝立て機もついてるといいです。

(3)パソコン
 あればかなり便利です。日記をつけたり、ネットで売ったり買ったり、調べモノをしたり、ラベルを作ったりと色々使えます。特に地方だと調べモノをするときに凄い便利です。図書館とか無いですからね。

(4)育苗ビニールハウス
 これは無くても構いませんが、あれば便利です。育苗にはもちろん、作業小屋としても使えますし、道具置き場にもなります。広くなくて構わないので、30坪ぐらいあれば十分です。値段は業者に頼むと人件費分高くなりますので30万ぐらい。自分でやれば10万です。結構簡単なので、自分でやるほうがいいかも。補修や修理に応用が利くし、増やすときも慣れているから楽ですし。
 ちなみに私はハウスを持っていません。育苗は全て露地です。季節野菜しか作らないので十分です。露地で育てた方が、暑さ、寒さに強く、強風、豪雨、虫にも強いです。苗で厳しく育てておけば、畑に植えた瞬間から凄まじい生命力でまず枯れません。比べてハウスのは、ず~とぬくぬくして大事に育てられてきたので、露地に植えると枯れるのも多々あります。例えるならば箱入り娘ってカンジですかね。よく苗を買ってきて枯らす例がありますが、苗が環境の変化に耐えられないのでしょう。

(5)その他
 あとは細々ありますので、ざっと書きます。
一輪車・これも超使うので、買いましょう。苗運んだり、作物を収穫したりと、軽トラの入れないところで大活躍です。
長靴・絶対買いましょう。運動靴じゃ話になりません。冬は長靴、夏は地下足袋が涼しくて良いです。
スコップ・剣スコ、平スコ両方あると良いです。
鍬、鋤・まあまあ使います。
収穫ハサミ・かなり使いますので、3000円ぐらいの良いのを買いましょう。安いのは使いにくいし、刃がすぐボロボロになります。
農薬噴霧器・これはいらない人はいらないかな。まあ人力ので十分です。

こんなものかな。あとは思い出したら、書き足していきます。次は、「地方(田舎)に住むときの注意」です。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/7-450e2a45