新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

トマトは凄い

毎年毎年私はかなりの数のミニトマトを植えます。理由は、高値なのと栽培しやすいからです。まあ大玉は育つことは育つのですが、裂果激しいのと商品管理の難しさからあんまりやりません。何度も書いている通りに、私は畑全面露地なので。
 
今年は作業と天気のせいでトマトの植え付けがかなり遅れ、育てておいた苗が随分と徒長しました。が、半分折れかけのヒョロヒョロ苗を定植したら、育つ育つ。今年はダメかなとちょいあきらめかけましたが、そんな心配をはじき返すように、何か拘束から放たれたようにミニトマトは凄まじく太く立派になりました。いやー、トマトって凄いわ。よく書物とかだとトマトは日本の気候に合わないと言うけど、実際はムッチリ適合してるのではないかなあ。そうでもなきゃ、あんな私の適当苗なんかは植えた瞬間にしおれて枯れる気がする。つまるところ、トマトは雑草並みの生命力なのに、ハウスなどで無理矢理温室栽培されて化学肥料と農薬漬けにされるから、あそこまで病気や害虫が発生するのでは?粗放栽培のようにまで追い込む必要はないけれど、ある程度は作物の生命力に任せた方が上手くいくのではないかと。まあ私の勝手な推測なんですが、今回のことでそう感じました。私のミニトマト?今現在誘引作業が遅れ気味なんですが、ミニのくせにデカイ実がブリブリ成ってます。しかもなんでかわき芽が大暴れしてジャングル状態・・・。そのわき芽にも実がブリッと付き始めてるから剪定に悩む悩む。植物の生命力はあなどれん。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment