驚く市場の値段

2010.06.18(18:25)

 最近の新聞に書かれていたコラムで、またもや農業についての衝撃な事実が発覚しました。その内容は九州のとある県で規格外ミカン1キロを市場に出すと値段はいくらになるかという話ですが、 これが驚きの5円!!ありえなくね?いつの時代のお金の単価だよ。明治ぐらいか?つーことは、普通のお店で売ってる1箱20キロ入りで100円!?うわぁー・・・・・。もう、何て言うかさ、市場(農協)に出すのを止めない?これはもうそこら辺の強制労働所とか、共産圏の国よりひどいよ。はっきり言って刑務所で服役してる人より稼ぎが悪いよ。なんで出すのかなあ。これなら働かないでミカン全部捨てた方がまだマシ。しかも箱代とか手数料抜かれたら赤字どころの話じゃなくね?
 私は近頃よく考えます。もう日本で生産した農産物はほとんど海外に輸出したほうが良い、と。この国とこの国の市民は生産者をナメすぎです。この国の農業政策は1部の土地成金以外、何も得する事がない最悪の国です。確かに極1部の人は日本の野菜を高く評価し、現状の野菜を安過ぎると思っている人達は存在します。が、大半の人は野菜は安くて当たり前。中国産だろうがアメリカ産だろうが安いほうがいい、ほとんどの人がそう考えております。なのでさっさと見切りをつけて海外の欲しがってる人達にガンガン売りましょう。今、ア○ゾンで日本の調味料が海外で飛ぶように売れているというけど、野菜も扱ってくんないかなぁ。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/51-bae9cc2f