新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

そら豆今年度最終販売

6月3日(土)の青山FMに出店します。今回で今年度のそら豆は最終となります。というか、そら豆の販売は今年限りになるかもしれません。そら豆に代わるニンニクの売り上げが好調なのと、あんまし力を入れていないスナップエンドウの売り上げがかなり良いので、来年はこちらを増産しようと思っています。そら豆は売り上げ自体悪くないんですが、栽培期間が7~8か月、収穫期間が僅か2週間、収穫後も保存がきかないなど、デメリットも数多くあります。私的には収穫が面倒くさいのと、スイカ並みに重さがあるので、結構腰と膝にクルのです。畑の場所を大きく占領するのもダメな部分ですね。今年はマルチを張って、剪定、摘芯をやったおかげで収量は大幅アップですが、収入が労力に比例していない気もします。まあ、急に作付けゼロにはしないと思いますが、5分の1には確実に縮小します。

 そして、結構聞かれますが、今年はスイカの販売は予定していませんし、作付けもしていません。楽しみにしているお客様には大変残念ですが、ご了承してください。理由は以前のブログに書いてありますので、そちらを確認してください。







ちなみにスナップエンドウは1袋100円で、毎回500袋は即完売します。うん?大きく稼ぐより、細かく稼いだ方がいけるのか?お客さんの財布の紐は年々キツく締まるし、確かに消費も大幅に落ちている。それなのに税金はアホみたいに上がるし。税金と言えばこの国の税金率はほぼ世界一というのも凄いな。まあねあんだけ他所の国に金をバラまいて、公務員と議員の給料も人数も減らさないでいけば、いくら税金を搾り取られても足りませんわね。そんで求人倍率がバブル期を超えた!!とかいつもの大本営発表。正規と非正規のをキチンと分けて発表してね。支持率もさ、電話で無くてなんでネットで調べないんだろ。話が北鮮のミサイルなみにずれました。つまり、1000円とか2000円の商品を売るより、もうちょい細かく、数を大きく売った方が、トータル的にはそっちの方が儲けが大きいかもね。

スポンサーサイト

2 Comments

hama  

細かく稼ぐ方がいいのか?

百姓 参之助 様

いつも楽しく拝見させていただいております。

大きく稼ぐのか?細かく稼ぐのか? 悩みどころですよね。
僕は、仲卸や青果店への直販がメインの販路です。
産直へ出荷もしていますが少量です。
今年からイベントへの出店を始めたのですが、産直とイベントの直販は
品目がいくつかあった方が、売りやすい印象です。
ウチの地方(愛知県)は産直が多くあり
(スーパーに産直コーナーがあったり、JAの直営産直もあり)
販売量も多いので結構、狙い目ではありますが、多くの人が作る品目は、
年〇生活者の方々の値下げテロに会う危険性があります(汗)。

仲卸や飲食店向けは、安定的な量の供給が喜ばれますので、
栽培品目数と栽培の量のバランスは悩んでいます。
一人で畑を切り盛りしているので、栽培管理、収穫作業の手間、
体力的に無理の無い組み合わせを模索中です。
(40代後半になると、無理が効かないので・・・。)

2017/06/04 (Sun) 09:10 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: 細かく稼ぐ方がいいのか?

> hamaさん。
販売先は毎年毎年悩んでいます。
通販はやはりどうしても、送料がネックで、今年は特に送料が上がりそうなので、個人ではなかなかにキツいです。
品数、規模、資本力をを考えても通販事業はやはり大手が強いです。個人でやられてる方も多いですが、これからますます不景気が加速すると、健康ブームとは言え、野菜にそこまでお金をかけてくれるかどうか不安になります。

私も最近体調をちょいちょい崩すことが増えて、体力の衰えを実感しております。なので、小さくて且つそこそこ高単価で、さらに数も売れる品目の作付けにどうしても特化してしまいます。これで売り上げは毎年上がってはいますが、もう一工夫ほしいところです。

2017/06/06 (Tue) 18:18 | EDIT | REPLY |   

Post a comment