5月13日の青山FMは出店いたしません。

2017.05.12(18:01)

5月13日(土)の青山FMは1日中雨なのと、午後からさらに激しく降る予報なので、出店を取りやめました。こちらの都合で申し訳ありません。また来週皆様と会えることを楽しみにしております。










ちなみに「雨ぐらいで休むなよ」という方もいらっしゃいますが、青山FMのようなテント式商売は雨は鬼門どころじゃあ無い、マイナスポイントなのです。では何故雨が降るとダメなのか説明していきます。まず青山FMに出店するための経費が以下の通りです。


①出店料・農家枠は7000円

②駐車料金・2000~3000円

③高速代・3000円

④ガソリン代・3000円


合計15000円前後


上記のは毎回出店するたびに最低必ずかかります。つまり最低10万以上売り上げがないと、出店の意味がなくなります。これで雨が降りますと、客足が9割減レベルになるので、出店しない方がマシということになります。自分の立場をお客に置き換えますと、雨が降る中、傘を片手に、濡れながら買い物なんて誰でもしたくはありません。品物は濡れるし、自分も濡れる。しかもテントなので、雨が確実に入り込みます。水はねも凄いです。ポップは濡れてグシャグシャ、商品も濡れて売り物にならなくなるます。私の場合は野菜を売るので、売れないと梱包の手間が全て無駄になります。しかも収穫してしまった、作物は日持ちがしません。売れなければ全て廃棄になります。

 以上の理由で雨の日に出るのはデメリットが半端ないです。そりゃあ、私もできることなら出店したいです。出ないとキャンセル料も取られますし、出店しなかったことによる、年収ダウンもあります。それでも、雨の日はキツイのです。大手のデパートや、お店でさえも雨が降ると売り上げが6割近く減るそうです。屋根がある屋内での商売でさえ、こうですからね。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/353-7de01464