今月の農業委員会日誌

2017.05.05(16:30)

今月も老人会じゃなくて、農業委員会に出席してきましたが、会議の所要時間はわずか4~5分程度。これにて本日の委員会は終了。会議の所要時間より、役所に行くまでの移動時間の方が長いんですがね。これで報酬が振り込まれるのはスンゴイ申し訳ない気持ちになります。だって時間給にしたら総理大臣クラスよ。税金泥棒と後ろ指さされて全くもって文句言えねえ。

 そんで会議が終わってスタコラ帰ろうとしたら、議員であり委員でもある人が、入院したから委員一人当たり見舞金3000円寄こせと、委員長が言ってきました。ちょっと待てや、あの自称コワモテ()委員は去年もこの時期入院して、委員の慣例事項と称して私から3000円ボッタクらなかったか?私は見舞金だからと、私にクンロクと喧嘩を売ってきたチンピラ議員に本当は3000円どころか、1円というか、そこらの石ころでもあげたくない人物に、私のなけなしのお金を、病気なら仕方がないということで、渡したのにね。今回は我慢できないので、委員長に、「委員は1年に何回入院してもそのたびに見舞金が支払われるのですか?」と質問しました。委員長は「そうです。決まりですので。」私は「それは、慣例事項であり、農業委員会法ではないですよね?」、委員長「慣例事項でも決まりですので」、私「そうですか(何言ってんだコイツ)。」で今回の見舞金は「今税金の支払いラッシュ期間なのでお金がない」で、払わないで帰ってきました。3000円ぐらい払えよw。とか言い腐れる人は、そんなに余裕があるなら俺の分まで払っといて下さい。それにその入院がもし本当だとしても、そんなホイホイ入院するぐらい体調が悪いのなら、議員も、委員も辞職して後進に譲るべきじゃあないですかね。もういいでしょ、10期近くやったんだから。それでも辞めないんだよなあ、この委員。委員長も「見舞金は皆の報酬から天引きすればいか」とかで、勝手に源泉徴収しようとするしね。さすがに行政側に止められてましたが。当たり前だろ委員会を私物化しすぎ。

 高知のどっか村があまりにも人口がいないので、議員議会制を止めて、村民全員が直接参加する、直接議会制になったみたい。いいなあ昔のアテネみたい。もちろん全員報酬ゼロでさ。東北のほうだっけかな、そこの村だか町も、議員の報酬はゼロで、持ち回り制になったとか。実にうらやましい。地方行員の削減も絶対必要ですが、それよりもいらないのが、こういう県議とか、市議、町議、村議ですよね。

 

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/352-a0a8c589