トマトの種を蒔きました。

2017.03.23(16:43)

P3220034.jpg

ミニトマトの種を蒔きました。3月18日に蒔いたので、5月のGW明けには定植できそうです。私は温床とか面倒なので、昼間は外に出して日を当てて、夜は倉庫にしまいます。これを4月中旬くらいまで続けて、気温がそこまで下がらなくなったら、外にだしっぱなしにして、気温に苗を慣らせます。こうしてハウスの中でなく、温床も使わないと、苗がかなり強靭になります。この後畑に植え替えても、ちょっとやそっとのことで枯れなくなりますし、病気にも強くなります。というか、温床やハウスを使っても、定植時期は1~2週間しかかわらないし、植えるのはどうせ露地なのでね。ならば、楽でコストがかからない方がいいですよね。





昨日かな。農業委員会に出席してきました。すげえ面倒くさいけど、色んな農業情報が一杯耳に入るので、結構面白いです。今回はツチノコ並みの貴重な新規就農者の認可でした。私はこのご時勢に農業をやろうというわけですからこりゃあ、ありがたいと思って、すんなり認可されると思ったら、ほとんどの委員から反対の意見が出ました。反対の理由は、「農業経験が無い」「研修経験もない」「専業で無い」「農機具や倉庫がない」とか色々ですね。まあ私も営農計画書を読んだら、「10アールぐらいの杉林を開墾する。杉は薪にする」と書いていたので、なんでこの時代に満蒙開拓団みたいなことしてんねん。屯田兵じゃあないんだからさ。わざわざ杉林を開墾しなくても、空いている畑はそれこそ死ぬほどあるのにねえ。認可は結局保留になりました。まあとりあえずやらしてみればいいと思うんですがね。それでも私は1年以内に辞めるに3000点ですね。

スポンサーサイト

コメント
なかなか面白そうな新規就農者ですねw僕もなかなか認可されませんでしたね
育苗のトレイの下にひく物に土が敷き詰めてあるように見えるのですが、乾燥防止とかですか?
【2017/03/24 18:49】 | ショーン #- | [edit]
農を生業としていない農業委員や農業の経験のない役人に
「認可保留」と言われてもね。

私のような世襲農業者が将来のライバルとして恐れるのは
彼のような考え方が柔軟な若い新規就農者なんです。
【2017/03/25 12:23】 | 小松菜 #- | [edit]
> ショーンさん。
マルチははがすときは、そんなに大変じゃあないです。張るときの方がかったるいですね。

おっ、よく気が付きましたね。セルトレイの下には、しばらく置いといた鶏糞が仕込んであります。こうすると根が下に来た時、鶏糞から勝手に肥料を吸い上げて、徒長しずらくなります。苗が立派になりやすいので、大きめのポットに移す時も楽になりますし、枯れにくくなります。
【2017/03/25 16:51】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
>小松菜さん。
そうですね。とりあえずやらしてみるのが、良いと思ったんですがね。老害委員が「途中で辞められたら困る」「農家の権利を与えて悪用されたら困る」など、よく分からない理由でした。辞めるも何も、既に田畑は荒れ放題、好き勝手に宅地造成して宅地と農地が入り混じってめちゃくちゃ、その宅地も高齢化と若い人がいないおかげで、空き家だらけと、既に悪用されまくりなんで、今更って感じです。
【2017/03/25 16:59】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/343-e64b067c