スイカの作付を止めるべきか、どうか。

2016.09.14(16:33)

 今年もスイカは豊作っちゃあ豊作で、例年変わらずよく採れました。味も雨が異常に多い割には、甘味がよく乗り、お客さんにも知り合いにも好評でした。ですが・・・、今年限りで止めようか、かなり悩んでいます。

 ハイ、それでは私がスイカを止めたい理由は以下の通りです。


①とにかくスイカが重てえ。

私もすでに機動農家30代。スイカ中玉1個につき4~5キロ、大玉で7~8キロこんなのを100個、200個、採ってらんねえっちゅーの!スイカ畑には一輪車は入らないし、というか、一輪車じゃあそんなに詰めないしねぇ。収穫終わったら、手足ガクガクで、夜飲むビールが手が振えてこぼれそうになるし、次の日腰痛いし。まだギックリ腰はやっていませんが、かみんぐすーん、で近いうちにやりそう。


②鳥害が最近半端ない。

今までは防鳥ネットを張っておけば近づきもしなかったのですが、今年はカラスが強硬突破してきて、50個ぐらい食われました。毎年の事ながら、ネットを張るのも、剥がすのも、面倒くさい。鳥害にハラハラするのも地味に心に効く。


③単価が苦労の割には、安い。

スイカは大玉で1500~2000円、ぐらいで販売してますが、これでも最近は手間と、苦労の割には安いのではないかと、思ってきています。種代もまあまあ高いし。しかし、これ以上値段を上げると販売量が落ち込でしまいます。値段を上げて、量を減らすか、値段を下げて量を売るか、難しい所です。


お客に好評なのは、売っている側として作り甲斐がありますがね。ちなみに緊急重役(家族)会議を開いた所、私以外は続けて作付したほうが良いとのこと。私的には、スイカに代わる、夏商品も出てきたことだし、売り上げ的にはスイカが無くても上がることはあっても、下がることはないですね。なので来年は作付を10分の1以下にするか、家族の分だけにするか、どちらにしても、大減産はすると思います。このブログでスイカを薦めたりとしましたが、生産ラインから切るときはスパッと、欧米の企業並みに切ります。その代わり売れると分かったら、爆発的に生産量を増やします。私の農業はそんなカンジ。







この国はなんで自国民に金を撒かないんですかねえ。アフリカに3兆!?エジプトに500億、ヒトのカネだと思ってざんざか海外に撒きやがって。せめて国民に使ってちょうだいよ。お願いだから。


千葉の農家は今年結構大ピンチ。台風9号が特攻してきてから、雨がほとんど止まない。というか、地面が乾いた日が無い。米農家も悲惨。乾かないので機械を入れられない。無理して刈りいれても、機械がイカれそう。台風がきてから寝かしっぱなしだから、刈りいれ前から芽が出そうとか、なんとか。あと、長雨で、ショウガが腐りだしたり、落花生が腐りだしたそうだ。アレ?ショウガって亜熱帯系だから水分、大好きじゃあなかったっけ?それでもまだまだ、雨は降り続きます。

スポンサーサイト

コメント
 フランス料理の食材にカラスは使われるそうです。
 猟師になってはどうでしょうか。
 鹿は一頭8万に猪は一頭15万になるとかインターネットで書いていた人がいた記憶があります。
 害獣駆除を行うと近所の農家に感謝されるそうです。
【2016/09/16 19:28】 | 濱田基久 #- | [edit]
私も今年からスイカの作付けを止めています。
やはりよく売れるのですが、重たいし、機械センサーを使用しないので、未熟過熟の判断ミスによるクレームの問題もあり、さっさと1年で見切りをつけました。
代わりとなる夏野菜をこのブログからピックアップして栽培したのですが、予想以上に安定した売上が出ているので、既に来年は作付けを3倍に増やす計画です。
ズッキーニやナスキュウなど未熟で収穫する野菜は、スイカやトマトなどの完熟で収穫する野菜に比べて、特に有機農家や農業初心者に簡単でおすすめです。
【2016/09/18 20:20】 | かまたま #- | [edit]
こんばんわ、いつもブログ更新楽しみにしています。

三之助さんの圃場でも、このぐずついた天気だと
不味いですか?

米農家さん、どうなるんでしょうね…(笑)
【2016/09/21 05:00】 | あんのうん #- | [edit]
>かまたまさん。
私も来年はスイカの作付を辞めることにしました。かなり悩みましたが、私の体力も結構落ちてきたのもありますし、なにより手間に見合った売り上げが得られないのが決定的ですね。

トマトも止めたいのですが、絶大な人気を誇り、売り上げも凄まじいので止められません。手間は作物随一かかるのですがね。
【2016/09/21 17:34】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
>あんのうんさん。
天気が悪いのは、私も例外でなく、いいことはあんましないですね。ただ他の農家さんに比べて、多少マシということですね。涼しいので作業はしやすいのですが、草が乾かないので、夏野菜の片づけが進まないのも、結構痛いですね。10月に溜まった作業のしわ寄せがきそうなので。

米農家は、私の知っているだけで10人近く離農しました。今年限りで米作を辞めるそうです。台風が決定的要因でしょうが、後継ぎもいなく、儲けどころか、無償はもちろん赤字になってまで作る必要性を感じられなくなった、ということでしょうね。

私の地域だけでなく、全国的にこんな感じです。この国の農業という産業は、もうすでにオワコンです。産業構造が完全に変わってしまったので、政府がチョコチョコ対策をとっても、焼け石に水にもならないでしょうね。

【2016/09/21 17:45】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
露地栽培のミニトマトはこの時期になると、実割れが酷く、歩留りが極端に悪いのが玉に瑕。
ただしこの時期はハウス栽培の端境期にあたるので、販売面では良い数字を出してくれるんですよね。
悩ましい。
【2016/09/21 20:46】 | かまたま #- | [edit]
10月から干し芋を作ろうとしています
以前記事で炊飯器を使用すると書いてありましたが、より具体的に教えてくれますか
【2016/09/29 11:41】 | 新規就農者 #- | [edit]
こちらは大阪府茨木市の大野と言うものです。この度農地を借りる事になりました。5000㎡で水はけの悪い 遊休地なのですが、借りるにあたって事業計画を提出しなければならず、一年目から結果が必要です。参之介様のブログの中でまずは土作りとあり 1年目はろくな作物が育たないとありましたが、1年目のおすすめの作物をありますか?ご教授ください。よろしくお願いします。
【2016/09/30 14:05】 | 大野修司 #- | [edit]
>新規就農者さん。
10月から干し芋ですか。ずいぶん早いですね。私のところは千葉ですから、早くて12月からですね。気温が高く、湿気があると速攻でカビますので、ご注意を。気温が高くても、湿気がほとんどなければ、作れるみたいですがね。

炊飯器で作るなんて書きましたっけ?蒸し器で私はサツマイモを蒸します。30~40分蒸して、串がスーと芋に入るなら、芋を取り出して、冷まして、皮を剥いて、1センチぐらいに縦切りして、ザルか網に干して、乾いた日が続いて、風がよく吹けば4日ぐらいで完成ですかね。
【2016/09/30 16:15】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
>大野修司さん。
水はけが悪いと聞いた瞬間、借りる気が失せます。畑作で水はけが悪いと、作業効率が無茶苦茶落ちますから注意が必要です。水田の跡地とかだと最悪ですね。今年のような長雨続きだと、畑に入れないわ、作物は腐りだすわでいいとこなしです。

それは置いといて、もし私が借りたなら、1年目は堆肥をバンバカ入れて、マメ科を植えまくることですね。マメ科は地中から栄養は摂りますが、空気中の窒素を取り入れて、根に貯めることができます。それだけでなく、目に見えないレベルの根を土中に細かく張りますから、土を細かく砕いて、風通しを良くしてくれます。これはトラクターで砕くよりも、細かくしてくれます。水はけもかなり改善してくれます。これは土中の硬版層をマメ科の根が砕いてくれるからです。1年目からかなり効果があるという話もあります。土も肥えて、改善して、作物も採れる。これはマメ科しかないですね。

サツマイモもいいですよ。マメ科のように、土を良くしてくれるわけではないですが、飢饉作物なので、痩せた土地でもそこそこ育ちます。
【2016/09/30 16:27】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/329-8ac82e4b