ここがヘンだよ農業委員

2016.05.23(17:56)

 農業委員会のことはあんまり書かないようにと考えていたんですが、先日あんまりにもアホらしい事が起きたので、やっぱり委員の事をモリモリ書いていこうと思います。ちなみにあくまで私の地域での農業委員の話なので、他の全国の委員はどうかは分かりません。けど・・・、似たり寄ったりだとは思います。それでは順序良く、私が実際に農業員会に出席してオカシイと思ったことを書いていきます。


①農業委員なのに何故か会議はスーツで行う。

 私も任命された書類にスーツで来いや、と書いていたので、初回の任命式はしょーがないとは思いましたが、それ以降も何故かスーツで登庁させられますw。ナニコレ?農業委員なので、議案に出された農地や畑、山林、などの現場を視察しに行きます。当然足場は悪いし、雨の日もあります。それなのにスーツに革靴。アホ丸出しです。一体どこの誰にアピールしているんですかねえ。作業服でもいいと思いますがね。さすがにこの事を行政側に質問したら「慣例ですので、従ってもらわないと」だそうです。はい、出ましたね、これからお経のごとく繰り返される、慣例です。大体こちらがおかしいと思って問いただすと、決まってコレが帰ってきます。どっかの都知事みたい。

 農業委員がスーツって、八百屋のおっちゃん、居酒屋の店主とか、土木作業員がスーツ着ているよりも違和感がありますね。農業委員の爺さんたちはソレで仕事しているつもりだし、兼業農家のおっちゃんたちはこんな時ぐらいしかスーツを着る機会がないのでね、一種のアイデンティティなんでしょう。まあ、実にくだらないこだわりですね。よそから見られたら逆にかなり滑稽に見られるでしょうね。


②委員会後、毎回毎回なにかしらの飲み会がある(強制で)

 これが私に農業委員の事を書くことを決めさせた問題でもあります。事の発端はこうです。委員会初登庁後、前任の農業委員含めての歓送迎会あると聞かされました。私もそれくらいは出席しようと考えましたが、会費がなんと1万円!一体何処のスペサル料亭で開くのかと思ったら、開催場所は地元の小せえ寿司屋。私はピンときましたら、そら来たコンパニオンだ。胸を半分開いた、ミニスカのお姉ちゃん?という年でもない女性達がわんこそばみたいに委員の皆にビールを注いでいくのね。私はスナックとかキャバクラとか1ミリどころか明日の晩御飯より興味が無いので、既に拷問状態。料理の内容も、定食屋レベル。これで1万円かよ。なんとかこの拷問を乗り切って、二度と出席しないと心に誓ったら、次は2次会だから5千円よこせ、だと。さすがにこれ以上付き合えるかボケェと考え、一応委員の皆に断って2次会は欠席しましたら、はいここからが本題です。今までのは序章です。

 後日、同じ委員であり、コワモテ()で通ってる、農業委員に委員会後別室に呼び出しをくらいました。内容はもちろん「2次会を何故出なかったのか。和?をみだされちゃあ困る。こういう事を続けるのなら委員を辞退してもらわないと!委員になりたいヤツはいくらでもいるんだからな!!」と凄まれました。普通のボンボン跡継ぎ農家や、若い人だったら、コレでビビッて、子犬のように尻尾を丸めて、素直に引き下がるのでしょうが、私はそんなにチョロクありません。言われて10秒ぐらい頭の中で考えまして、ここで正論かましても、コイツにはバカの壁でなんにも耳に入らないな・・・。よし、ちょうど委員長も同席してるしているので、第三者がいるので内容証明になる。そんでこの内容をそのまま次の委員会で暴露しよう。その方が効果的やね。ここはもう少し色々な言動を引き出しておくか・・・。ということで10~20分ぐらいニッコリ適当に合わせて、考慮しますの一点張りで、その場は収めました。まあもし委員長がしらばっくれたら、この話自体無かったことになるのだからね。なかなか上手くいきそう。

 しかし、アレですな、呼び出し食らうなんてここン十年覚えが無いなあ。それをこんな片田舎でくらうとはね。色んな意味で小さいなあこの地区は。呼び出した人も中学生みたいだね。飲み会以外に何か考えることはないのかなあ?私が委員会中に何か妙な事を起こしたら、呼びつけるのも5万歩譲ってしょうがないかと思いますがね、内容が2次会出なかった事について・・・。ナニソレ?私はお前の部下じゃねえ。そこらのしょぼくれ会社と一緒にスンナや。私はねこの地区の農業に少しでも貢献しようと思って、農業委員会に応募しました。別に狭い狭っまい、付き合いの飲み会に出るために応募したわけではありません。そんなに飲みたいのなら、自分ちでシコシコ寂しく飲んでて下さい。他人に強制するな。こんな些末な問題で辞退するしない考えるのなら、自分から辞退してちょうだいな。その方が上手くいくでしょ。実にくだらないよ。アレ?上記の脅し文句って、パワハラにならないのかな・・・。

 

 

 

 農業委員会の問題点はとしては、これは序の口です。まだまだすんごいあります。徐々に書いていきますので、お付き合い下さい。それにしてもやっぱり日本の農業の未来は暗いなあ。出る杭を打つとかそういうレベルじゃあないな。これで若い人が移住してこないとか、新規就農が来ないとか、全て欺瞞に聞こえますね。こういう体験をした後ではね。そんで農業委員会がこの体たらく。これでどう地方再生や、攻めの農業とやらをするつもりなんでしょうね。

スポンサーサイト

コメント
いまだにそんな体質なんですね。
近所の40代の方が農業委員になった(させられた)んですが、60代70代の委員ばかりでやりにくいと言ってました。
本来、農業委員なんて現役世代がするべきなんですがねえ。
【2016/05/25 09:08】 | 通りすがりです #mQop/nM. | [edit]
農業委員でスーツ?それは嘘すぎるでしょ?農業委員の仕事の主な事は農地転用許可の現地確認でしょ。それをスーツなんて聞いた事がないです。全国的にもほぼ無いと思います。みなさん仕事の合間にしてるのに。ちょっと本当とは思えません。どこの地区ですか?確認し問題提議できる方を紹介できます。また飲み会の会費??ありえません。領収書はもらわれましたか?
飲み会の為の会費なんてちょっと考えられません。それこそごまかせないし
これは嘘なんじゃないかとしか言いようがありません。本当は違うのではないですか?田舎との事ですが東京方面にも出荷されているとの事なので東京近郊でしょう?ありえないとしか言えません。
【2016/05/25 13:10】 | 農業委員 #- | [edit]
↑参之助さんが嘘ついてどうすんのと思いますが・・うちのほうも農業委員が会議かなんかで市役所きてたり会いもしましたが男性はスーツ、女性もきれいに着飾ってましたよ?
うちも千葉県です。
【2016/05/25 19:16】 | ももたろう #- | [edit]
新潟です。コチラも似たような状態です。先日委員のご老体集団が雨の中スーツで田んぼにタムロしてました。特区がどーとか。委員会も青年部も(40代後半)消防団も強制参加飲み会ばっかりです。年間いくらぶっ飛ぶかわかったもんじゃありません。
【2016/05/25 22:46】 | 兼業農家ダイ #- | [edit]
そもそも農業委員には現在女性の登用も必ずと言っていいほど(田舎も含めて)されています。女性も活用せよという国からのお達しです。田舎程すぐに登用し地方の市役所なんかは能力無くても女性の方が出世しやすくなっています。そんな中コンパニオン??一昔前としか思えません。まぁ消防団なら今もしてるでしょうが。
それにしてもそういう事するのに会費は絶対にありえないです。グレーな予算から必ず出ます。そしてみんなただ酒を飲むからこそ結束が生まれ告発したり改善しようとする種を摘むのです。なのでやっぱり嘘としか言いようが無いですね。
自腹切ってまで嫌がる人を黙らすのは無理だしまして女性の委員はどうすんのって話しです。ちょっとムリがありますな。
【2016/05/26 22:53】 | 農業委員 #- | [edit]
>農業委員さん。

嘘だったら、スンゴイ気が楽なんですけどねぇ。まあ、個人名や、地区名はネット上だと色々不安なので、明かせません。まぁ、信じてもらうしかないですね。というか、それほどウチの地区は八つ墓村なみに閉鎖的なんでしょうね。
【2016/05/27 17:37】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
そうなのですね。しかし閉鎖的な地区で農地利用最適化推進委員になってしまっても確か総会には出る権利があっても議決権(1票)が無い分けですので現地調査(耕作放棄地の現況調査など)をさせられて終了、、、が見えてますね。あなたがするなんてそんな情熱があったんですね?
【2016/05/29 20:05】 | 農業委員 #- | [edit]
農業委員会にもキチガイが多そうですね…。地元の青年部にも農業しか知らないキチガイが数名います。本当困っちゃいますね!

むかしは、スーツなんかも強制的に買わされたらしいです。
【2016/05/30 01:44】 | 福岡のみかん農家 #jW37.mGA | [edit]
 参之介さんお久しぶりです。バラ農家の猫好きです。
今年1月に会社を退職し、新規就農しました。実家は農家なので、新規就農とも言えませんが、おまけに私は不動産が結構あるので、バラ農家は道楽みたいなものです。
現役バラ農家および営農指導員はバラは個人では売れないと言われましたが、126本納品して104本売れました。売り上げは28万ぐらいです。販売手数料を含んだ生産原価は約38%です。市場に卸すよりも自分で売れば利益は大きいです。しかし、バラを自分で売るのは激烈に困難です。販売店を確保するのにも飛び込み営業で頭を下げまくりました。下げる頭と、かく恥を厭うようだとバラは1本も売れません。
30本の需要に100本生産しているのがバラ農家の現状です。上位30%に入れなければ売れないのです。でも、お客さんのニーズに合ったコストパフォーマンスが高いバラですとかなり売れるようです。バラ農家には生産技術は勿論、営業力にマーケティングリサーチが必要だと痛感しました。それに、なにがなんでも売るという熱意もです。熱意があって販売店の人も真剣に売ってくれます。
まだまだ先は長いので、焦らずノンベンダラリト行きたいです(汗)また、機会があればコメントしたいです。では、失礼します。
【2016/05/30 22:41】 | 猫好き #- | [edit]
いつも楽しみに読んでいます。農業委員の脳年齢は小学生ですね。言っても理解できないのです。私も師匠や地元のじいさんには、ふんふんとわかったような受け答えをしていましたが、そうすると、世話してやったから何でもいうことを聞くと勝手に勘違いする頭の弱い人ばかりです。ここ数年は、何かあるとすぐさま反論する、怒鳴る、でかい声で言うなど実践しています。後では遅くなめられてしまうからです。農業委員というお立場なので、そうもいかないと思いますが、こうゆう人たちは、面と向かって大きな声で反論される、大勢の前で正論で反論されるのをもっとも嫌がるように思いますので、上手くいくよう期待しています。陰ながら応援します。
【2016/06/03 20:43】 | ゆきおちゃん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/324-f11399b4