新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

1㎏あたり160円

 今年も田植えの季節が近づいてきて、私の地域では早くも水田に水を張りまくっています。つうか水張るのが年々早くなってきています。んまあ、年金兼業趣味農家は他にやることが無いので、とにかく人より早く米を作付するのがアイデンティティなんでしょうねえ。ということで、私の地区の農協米買い取り値段が確定したみたいです。今年度、つまり去年の米の買い取り値段は、一俵1万円ポッキリ。ということは一俵60キロだから、10000÷60=166 1キロ約160~170円ぐらいか。これは高いのか安いのかで言いますと、安すぎますね。
米1キロ160円はどのくらい安いのか。それは米農家だったら生活どころか、生きるのが苦しいレベルですね。だってね、米は機械代だけでも尋常じゃないのよ。トラクター、コンバイン、田植え機、乾燥機、籾摺り器、育苗用のハウス、種まき器、米用の倉庫、機械を収納する倉庫、あと何かあったかな・・・?これだけでも全部揃えたら、機械だけで2000~3000万、倉庫、ハウス入れたら、ちょっと計算できないぐらい費用がかかります。それらを取り返すのに、どのくらいの広さの米が必要なのか、そして取り返すのに何年かかるのか。しかも機械や付帯設備は使うたびに摩耗していきます。それらの更新費用も凄まじい金額になるでしょう。
 それでも私の地区は良い畑は全て水田です。日当たりが良くて、平地でまとまっている、拓けた畑は、必ず水田です。私の地域は中山間地なので、拓けた農地は多くはありません。それなのに、安くて、費用が猛烈で、年間4か月しか使わない、米作のために、そのまともな農地は全て水田なのです。
 米は安い。この話を色んな農家や、人に話しますが、決まって返ってくる答えは「米作は趣味だから採算度外視でいいんだ」とのこと。こんな莫大に費用が重む、借金製造マシーンな趣味があるかい!その証拠に誰も継がないし、企業も参入してこない。私の地区の米生産量は北海道に比べたら、砂浜の砂一粒にも満たない、極少生産量です。味も食味コンテストランク外の味、というかノミネートしてるのか?本当になんで作るのか、分からない不思議な作物です。でもまあ、※脊髄反射農家にとっては最も楽な作物ですもんね。いくら赤字が毎年300万近くかかろうが、趣味のためだったら、痛くもかゆくもないわけですな。私には到底真似できないというか、できようがないな。よく飼料米に切り替えると良いなんて、話は耳にしますが、あれは政府が補助金出しているからであって、その補助金の梯子を外されたら、ヤバイと思いますがね。
 しかし1キロ160円かー。あんなに機械代かけて、そういう意味では手間暇かけてその値段か・・・。私が手押しの耕運機のみで作った肥料農薬代ゼロの、サツマイモ1本とほぼ同価格か。さすが攻めの農業()








※脊髄反射農家とは、毎年毎年何も考えずに惰性そのままで作付を行う農家の事。脊髄反射と同じで、脳ミソを通さないことから、私が勝手に命名しました。
スポンサーサイト

9 Comments

二度目の通りすがりです。  

NO TITLE

本当に「脊髄反射農家」の無策さにはあきれますが、
まあ勝手にやってくださいとしか言いようがないですよね。
確かに長年の経験など参考にしたい話はありますが、あくまで参考程度にしかできませんね。
話のとおりマネをすれば結局「脊髄反射農家」の仲間入りですから。

2016/03/22 (Tue) 09:08 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: NO TITLE

>二度目の通りすがりです さん。
1番困るのが現行農家の大半が若手を含めて、脊髄反射農法を採用していることです。特に跡継ぎ農家が多いですね。親の言うことに何にも疑いを持たないで惰性で農業を続けるので、なかなか農業改革が進みません。

2016/03/26 (Sat) 07:41 | EDIT | REPLY |   

新規就農者  

露地野菜の品目について

いつも拝見しています
2町程の畑地を借りれる目処がつき、今後は作付け品目の選択をしていくのですが、何を基準に決定していますか?(労力、販売単価)
直売や庭先販売を行っていくつもりです

2016/03/30 (Wed) 22:59 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: 露地野菜の品目について

>新規就農者さん。
2町ということは2ヘクタール。畑作なら充分以上に広いですね。

私が何を作付するための決め手は、高単価で、低労力、よく売れる、経費がかからないものですね。野菜は基本的に安くしてしまえば、なんでも売れます。ですがそれだと暮らしていけません。それらを考慮して、何を作付するか決めています。まあ、米は論外ですし、葉物は安くてせわしないし、キャベツや、白菜もなあ。種代や手間の割には、全然儲からないしねぇ。それでも良い売り先が開拓できれば、上記の品目でも儲かるかもしれません。そこらへんは販売してみないことには分かりませんね。

とにかく、安くて、売れない、手間がかかる、栽培コストも高い、いわゆる米作みたいな作物ははなるべく回避しましょう。

2016/04/01 (Fri) 14:06 | EDIT | REPLY |   

豊田年男  

稲作貧乏

稲作をやってる方は、夏に田んぼに草が生えないために惰性でやってるとしか思えません。
経費等を考えると、真っ赤っ赤の大赤字に間違いないです。
私は、この4月で就農10年目に入りますが、稲作をやろうとは一度も考えたことはありません。
耕作面積が少ないので、まずどうすれば生活出来るか、また現状の自分の強みと弱みを考え、地域性や立地条件を考慮して他の人がやってない隙間の作物をやることにしました。
就農4年目ぐらいから、ある程度の目途がたつようになって来ました。
現在、販売先から「もっと栽培面積を増やして出荷量を多くして欲しい。」と要望を受けてますが、この先設備等に投資して回収出来るか不安のため、お断りしてます。

2016/04/06 (Wed) 04:17 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: 稲作貧乏

>豊田年男さん。
仰る通り稲作惰性補助金農業は、全国的に問題になりつつあります。ほとんどの年金自称米農家は、後継ぎもいませんし、水田を借りる人もいません。現在の70~80歳代がいなくなれば、水田の休耕田割合はやばすぎる面積になることは間違いないです。それなのに国は何も手を打ちません。相変わらずの空念仏で、「大規模化」「攻めの農業」「飼料米への転作」ばかり唱えています。確実にさよなら日本の農業コースです。飼料米への転作も、いつまた、太陽光発電のように補助金梯子を外されるのかで、容易に転作できません。
 

規模拡大も怖いですよねえ。私も常々生産量を増やせと言われますが、その買い取り先がポシャったら、どうすんでしょうねえ。なのでなるべく、あらゆる意味で手の届く範囲しかできませんね。

2016/04/07 (Thu) 11:00 | EDIT | REPLY |   

濱田基久  

NO TITLE

ご存知かもしれませんが自然農薬という物があるそうです。

http://www.asterisk-web.com/ritz/garden/culture/chemical/chem1.html

2016/04/11 (Mon) 14:58 | EDIT | REPLY |   

新規就農者  

サツマイモを水田転換畑で栽培しようと計画中ですが、コツは何かありますか?やはりつるボケしないように無肥料でいくべきでしょうか?

2016/04/17 (Sun) 18:16 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: タイトルなし

>新規就農者さん。
私も以前、元水田の所で、サツマイモを植えましたが、普通に採れました。よほど沼地みたいな水田ではない限り転作は可能だと思います。肥料はツルボケの心配がありますので、堆肥程度に留めておくとよいかもしれません。

基本サツマイモは強靭なので、日照りにも多少の水浸しでも平気ですが、ず~と水に浸かりっぱなしはさすがにまずいかもしれません。まあ、飢饉作物ですから弱くてはお話になりませんからね。

2016/04/18 (Mon) 18:06 | EDIT | REPLY |   

Post a comment