自家椎茸が美味すぎる

2015.06.21(16:30)

去年の豪雪被害で私の地方では土砂崩れしまくりました。そんで猛烈な量の木々がなぎ倒れたので、これ幸いと椎茸の原木になりそうな椎の木をガッツリ貰ってきました。基本千葉の山々は戦後植林した、杉の木と自生しまくりの椎の木(ドングリのがなる木のこと)がほとんどです。ところがいざ椎茸を始めようと、マニュアル本やネット等で椎茸栽培方法を捜しましたが、どれもナラの木を使えよ、と。椎の木はあんまり向かないよと、書かれております。購入した菌の種に付属している説明書にも書かれていました。オイオイ、ナラの木なんて千葉にそうないよ。千葉の原木椎茸農家も震災以来福島からの原木が手に入らなくなって(福島産原木は全国原木シェアの約6~7割占めてた)、ほとんど廃業したのにどうすりゃあええっちゅうねん。こんなのわざわざ購入したらどんでもない金額になるのは確か。さて、どうするかね・・・。  とりあえず自家椎茸をかなり作っていて、山も持っている農家さんに話を聞きに行きました。そしたらここもナラの木じゃあないと、あんまし生えないよとのお答え。うおおーん、今更止めにはできないし、工具はドリルも菌打ちようの刃も購入したし、木はどんどん乾いちゃうし、しかし、だがしかし、まだ終わらんよ。元々椎茸というのは、椎の木から大量に生えてたからそのキノコに椎茸という名称が付いたのだから椎の木でいけるハズ!ええい、ままよ。んで、ドリルで穴を開けまくり、菌をシコシコ打ちまくり、マニュアルにはいちいち水をかけてシートを被せて、木をこう組み合わせてうんたら~、ああ面倒クセえ、そのまま山の日陰斜面に原木をポイスと。上手くやれば1年目から、通常だと菌を打ち込んでから2年目で収穫とのこと。こりゃあキノコが出るかわからんね。気長に待ってもし出ないのなら薪にすればいいか。
 そしてその年の冬。何気なく打ち込んだ原木を見たら、出てるの出まくってますよ。しかも椎茸のカリがごっついの。結局打ち込んだ木から全部採れて、結構売れる量採れたんですが、千葉は原木椎茸の放射能検査が厳しいので、自家用に全て回しました。近隣の農家さんが検査したら大丈夫だったので私の所も大丈夫でしょう。切った山はその農家さんの山から100m離れてないのでね。
 この自家椎茸、手前味噌ももろちんですが、凄まじくウメエ!!味は今まで食べた原木椎茸より遙かに美味かったです。食感も最高です。知り合いにも大好評でした。そういや、とある椎茸農家が言ってたな、「生産量ならナラの木だけど、味なら断然椎の木のほうが良い」って。かなり適当に栽培したんですがね、夏の水かけも全くしなかったし。まあたまたま上手くいったかもしれませんがね。見て貰った椎茸農家さんも色々うんちくを述べて、これじゃあ生えないかもしれないとまでいわれましたが。ところがどっこい、これが現実、現実です。
 そういうわけで小さくても大きくても山を持っている人は、椎茸をモリモリ作りましょう。椎の木は普通の山ならアホみたいに生えてますので、チェンソー片手に丸刈りにしましょう。太くて麓まで降ろすのが面倒なら、切り倒して1ヶ月ぐらいしてその場所の木にそのまま菌を打ち込みましょう。それで採れます。とにもかくにも自家椎茸は、美味すぎワロリンチョ、です。ぜひ試して下さい。











そういえば最近ソーラーパネルが増えてますなあ。元資材置き場、潰れたテナント、休耕田など様々ですが、アレって儲かるのかな?なんか儲かってるのは業者だけの気もしなくはないですがね。まあ、農地の宅地化も上手くいかないし、アパート、テナントもダメとなると、宅地農家は補助金も出るソーラーパネルに手を出したってことかな。しかし人口減もあるし、わが千葉県はかなり大規模な火力発電所の建設も決定したし、電力買い取り金額の下落はますます進みそうだし、あの固定価格買い取り制度も、今の政府がどこまで守るか怪しさ大爆発ですけどね。建てるのは道路際はどうしようもないけど、農地は止めてほしいですな。
スポンサーサイト

コメント
そのとき百姓参之助に電流走る…!!

ちょっとお聞きしたいのですが、参之助さんは地域の会合的なものには顔を出していますか?
田舎なら、結構な頻度で懇親会的なものが催されると聞きまして…。
将来の就農を目指している身としては、こういう会合は不可避なものなのか、それとも参加しなくてもどうにでもなるものなのか、大変気になりまして。

それプラス、地域の方の手を借りることって今までありましたか?
手を借りたら手を返さねばならず、それは絶対面倒とトラブルに繋がるように思えてしまい、できれば地域の人の手を借りたくないと考えていまして…。

「田舎暮らしに殺されない法」も読んだのですが、参之助さんの考えも知りたいと思いまして、コメントしました。

田舎のどうでもいい会合に引っ張りだされてる起農したブログ主たちをみてると、(´Д`)ハァ…ってなりますわ…
【2015/06/22 16:49】 | じーた #- | [edit]
>じーたさん。
 私の所は神社の氏子?みたいのにならないと、そういう会合は出さしてもらえません。というか地方はそこで産まれないと、地元の人間と永遠に認めてもらえないのでね。例え50年以上住んでいてもね。だからというわけでは無いですが、私は都会モンが何を農業なんてと言う目で、ず~と見られてます。それでも、米を作ってないので、面倒くさい水利組合とか入らなくていいし、JAにも加入してないので、スンゴイ身軽です。近所づきあいは薄皮より薄いペラペラの付き合いなので、モノをあげたり、貰ったりはほとんどしません。そりゃあ陰口どころのレベルでは無いですが、今のところこれといった嫌がらせもされないですし、どうせ10年もすれば、うるせえ爺さん、婆さんはほとんどいなくなります。だからもしそういう町会に入っても、地方では高齢化が尋常ではないので、すぐに組織の形骸化状態になります。というか入らなくて全然大丈夫ですがね。

 大体町会に入る意味は何でしょうね。ゴミの管理や、インフラの設備は行政の管轄です。それは税金を納めていれば完全に大丈夫です。では町会費はなんの為に使うんでしょうかね。私の知っている町会は年間5万以上取るところもあります。そこがまた会計が不明瞭どころの話じゃないんだよなあ。こういうのを嫌がってますます若い人が都会に逃げるんですがね。

 私は全て自分の手でやってますので、もし誰か手伝いたいといっても全部断ってます。人の手でも機械でも借りると地方はロクな事はありません。私は基本家族以外、全く信用しません。自営業するなら基本です。地元の人に挨拶されれば、挨拶しますし、話しかければ応えます。でも、それだけです。世の中詐欺が満ちあふれています。所詮人の性は悪なのですから。性善説なんてあるはずがありません。村八分でも私は平気ですが、それに心が折れてしまう人は、地方に住まない方がいいでしょう。農業も諦めた方がいいです。心臓に鉄の毛が生えるぐらいの気合いが必要です。まあ、それもあと10年です。地方は過疎のレベルがマキシマムになります。町会も集落もクソもありません。人がいないのですからね。
【2015/06/22 19:41】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/06/22 22:17】 | # | [edit]
はじめまして。
「兼業農家」「週末農業」からネットで検索し、こちらのブログにたどり着きました。
具体的な、というか、具体的すぎる営農アドバイスと辛口コメントが面白く、4時間かけて一気にブログを読破しました。

私は大阪から福島に嫁いだ外資系企業の営業で、二児の母(39)です。
主人の実家は祖母の代まで米農家、野菜は自家用や親戚や小作人にあげる為に作っていたようです。ただ、現在は田んぼは近所の農業法人にお任せし、畑は誰も手をつけず、私が嫁にくるまで親戚に数ヶ月に一度、トラクターでうなって雑草対策をしてもらっていたそうです。
私は嫁ぐまではマンション以外に住んだことはなかったのですが、旦那の実家に同居してから、家の前の放ったらかしの畑(3aくらい)の雑草がひどく、虫も大量発生。
仕方なく、うちにあった祖父の遺品(マメトラ)で畑を耕し、簡単そうな作物、ジャガイモ、サツマイモ、エダマメ、ネギ、タマネギを作ってみたところ、
結構出来てしまって…
平日はフルタイムで仕事なので、大きな作業は週末の朝2時間程度、水やりやちょっとした草取りはたまに平日の朝15〜30分ほどで、ちゃんと出来ちゃいました。農薬はほとんど使わず、除草剤はゼロ、化学肥料は気が向けば使う、堆肥は三軒隣の畜産農家さんからタダで分けてもらう…どころか、重機で畑の中にまで運んでもらえるので、タップリと。
色々農業について調べるうちに、この環境って、めちゃヨくね?利用しない手はないんじゃないかと。
畑も家の前の3aの他に、飼料用に貸しているのが1haと耕作放棄地も1haあるらしいし。
そんなこんなで、週末農業して、機材等を揃え、まずは近隣の直売所へ(隣県の避暑地にも近い為、そちらの直売所やイベントも候補です)経費は確定申告して節税(東北の平均年収の倍くらい本職でいただいてるので)、ゆくゆくは、長年の夢だったカフェ経営にも繋げたいと考えています。
専業農家さんからしたらアマアマだろうとは思いますが、参之助さんのブログを参考に、儲かる農業を目指していきたいと思っています。
長々と自分語りをすみませんでした。
【2015/06/23 14:01】 | ナホ吉 #uOT89e7. | [edit]
申し訳ありません、お名前を間違えていました。

申し訳ありませんついでに、質問させてください。
先ほどのコメントでほとんど農薬は使わないで、と記載しましたが、今のところ、唯一、ジャガイモだけは、テントウムシダマシの発生が防げず、2回ほど、オルトランの水溶液を噴霧しています。
なにか、オススメのテントウムシダマシ対策はありますか?
よろしくお願いいたします。
【2015/06/23 14:08】 | ナホ吉 #uOT89e7. | [edit]
>ショーンさん。。
すみません、販売ページ等は開設していません。
【2015/06/23 18:10】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
>ナホ吉さん。
ジャガイモに限らず化学肥料を多用すると、作物に害虫が増える傾向が見られるみたいです。そこまで堆肥が手にはいるのなら、いっそ無農薬栽培にチャレンジすると面白いかもしれません。お子さんがいらっしゃるみたいですし、販売や出店も考えているのなら付加価値を含めて、無農薬が良いかも。なにより化学肥料止めると、作物の味が数段美味くなります。試してみて下さい。

私はジャガイモというか、作物全てに育苗以外は農薬は全く使いません。安心安全云々もありますが、農薬の手間、費用がもったいないからです。それでも収穫率はかなりですし、全く問題ありません。自家用ならなおさら形を気にしなくていいので、無農薬でいけますね。
【2015/06/23 18:20】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
こんにちは参之助さん
いつも更新楽しみにしております
ついに耕作放棄地の課税強化が検討されるみたいですね
散々やらかした後にやっとといった感じですかね
農業活性化に繋がるか否かはこれからです
未来に繋がる結果になることを祈るばかりですね
【2015/06/23 20:54】 | 不毛の大地 #- | [edit]
土が肥えていて、季節が合っていて、正しく植わっていれば、害虫に負けないということでしょうか。
ありがとうございました。
【2015/06/23 21:54】 | ナホ吉 #uOT89e7. | [edit]
丁寧な返事、ありがとうございますん!

バリバリ働いて儲けてやる…!
【2015/06/25 22:23】 | じーた #- | [edit]
お久しぶりです。現状報告というかなんというか…。普及センター長にボロクソ言われながらも無事に農業大学校に入れた者です、覚えてくれているでしょうか。本音を言えば就農希望でしたが、自分の身体的な問題を考えた上で少しでも農家の方の手助けが出来たらと思い、普及員でも目指そうかなあと考えながら勉学に励んでおります。 ほぼ毎日農業の新しい知識に触れる事が出来て新鮮です。参乃介さんのブログに出会ってから農業に興味を持ち始め、ここまでたどり着いたのを考えるとなんだか不思議な気持ちです。私の将来も日本の農業の先もそんなに明るくないですが自分なりに頑張っていこうと思っています。
【2015/06/27 13:35】 | はこびっと #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/307-c00e2253