新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

有機野菜へのこだわり

 よくよくいろんな農家や新規就農の人から話は聞きますが、よくあるネタはこれ「化学肥料、農薬、動物堆肥は、一切つかいません」という有機農家さんがいますが、無農薬、無科学肥料は分かりますが、なんで動物堆肥はアカンの?理由を聞くと大体の人が「畜産の飼料に何使われてわからないから」とか「動物堆肥は蒔くと土壌に染み込み、地下水や河川を汚染する」とのこと。言いたいことは分かりますが、ちとこだわり過ぎてるような気はします。私は化学肥料は使いませんが農薬は少々使います。それこそ動物堆肥は山ほど使います。なぜなら、使わないとまともな
形と味の野菜が出来ないからです。それを有機農家が聞くと「それは土が出来てないからだよ」と誰からも言われます。その通りです。土が出来てないのでしょう。なぜなら私の畑は10年以上もほっとかれており、トラクターを草生やさないためにただ掛けてただけのスカスカ畑です。肥料分も土壌の微生物も有機分もなんもありません。そんなところで少しでもまともな野菜を作るには、腐葉土や米糠のようなモノだけではとてもじゃあないですが、まったくと言っていいほど肥料分が足りません。それを言ったら有機農家は「土が良くなるまで我慢」、それは何年ぐらい?「5年~10年ぐらい」・・・オィィィィィィィィィィィィ!!その間生活どうすんねん!ちょっとぉぉぉ、こっちは家庭菜園やボランティア、仙人みたいに暮らしてるのと違うぞ。霞を食って生きるわけにはいかないのだよ。こういう事言う人達はほとんど親からの畑でずーと先祖代々畑で作物を作り続けて来た家なんだよね。そういう完成された土だったらそりゃあ腐葉土だけでもいけるよ。そっちみたいに莫大な貯金があるのとないのと、一緒にしてほしくないです。
 ちょっと前にそういう動物堆肥を使わないで、腐葉土などだけで育てた野菜を食べましたが、苦くて食べられた代物ではありませんでした。こんだけ苦いのはいくらなんでも体に良くないのでは?他の野菜も食べましたが、何か寝ぼけた味でお世辞でも美味しいとは言えませんでした。作ってる本人は100%有機だから美味しい!と思ってるようですが、この味ではね・・・。たぶん硝酸が強すぎるのでは?あんまり硝酸が多いと人間の特に妊婦さんには最強に毒になるのですから、農薬どころの話ではありません。土中の有機物や肥料分が過剰や少なすぎると硝酸態窒素というのが野菜にたまりやすいそうです。ヨーロッパのほうではかなり問題視されています。あんまり有機野菜にこだわりすぎて他が見えないと本末転倒です。
 それにしてもそんなに動物堆肥がやばいのなら、化学肥料のない一昔前の農業なんかはそうとうやばかったのかな。そんな事は無いと思いますが、全てにおいて適量に使えば何も問題はないのでは?農薬も、化学肥料も絶対悪とするのではなく、上手く使って安心で美味しい野菜を作れば良いと思います。農薬だからダメ!と考えるのではなく、もっと柔軟に使えるモノは全部使わないと。別に山にこもって仙人みたいな暮らしをするわけではないのですから、何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。こだわりは大切ですが、あんまり凝り固まると最近騒ぎになっているシーシェパードやマグロ禁止みたいになってしまいます。おっとちと極端すぎるか。
 それでも野菜でも肉も酒も安心で美味しいのが一番なのですから。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment