農業の良いところ・わるいところ

2010.01.12(20:59)

 さて私的には農業はほとんど悪いとこばっかりですが、そんなこと言ってると新規就農が一人もこなさそうなので、良いところから。

①農業の良いところ
 やっぱりなんといっても、自分で全部できる!コレに限るでしょ!上司もいないし部下もいない、怒る人もいないしね。働けば働いた分は利益が出るし(経営の仕方にもよるが)、その逆にサボった分はモロにきます(これもやり方次第)。休みが好きに取れる。冬は作物が育たないので、あんまりやることがない→そのかわり冬は収入激減。夏はその逆で鼻血がでるぐらい忙しい→収入超UP。暗くなったら大体仕事終わり。飯、風呂がサラリーマン時代より美味さ、気持ちよさ倍増。税金が自己申告なので、まず払わなくていい。生活のほとんどが経費なので、税金を引かれる理由がない。そういう意味ではサラリーマンは不利だな。ちなみに参之助は、国民健康保険が月々2000円です。農地も固定資産税はタダみたいなモノなのでOK。食べるものには困らない。なにせ売れ残りは全部自分で処理しなくてはならないから。米も回りが死ぬほど作っているので、格安で買える。30キロで8000円ぐらい。あとは細々ありますが、まあ大体こんなカンジで。

次は悪いところです。ありすぎて書ききれるかなあ。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/3-cc9c261d