慣行栽培か、無農薬でいくか。

2014.12.04(17:45)

農業を始めてそこそこ経ちますが。未だに回りの兼業農家さんからは「農薬を使え「除草剤を使え」としつこく言われます。特に私が手で除草をしているとそれこそお経のように言われます。まあ確かに草を手で処理しているのを見れば、除草剤を撒けば簡単なのにと思いますし、言いたくなるのも分からんでもないです。この際農薬が身体にいいとか悪いとかは置いといて、農業としてはどっちで続けて行く方が得であり、これから生き残っていけるのでしょうか? 結果から言えば農家当人達がそれぞれ自分の思う農法を、実践し経営していけばそれでいいんですがね。それだと話がこれで終了してしまいますので、もうちょい続けます。こんな事を何故今さら書くのかというと、近頃無農薬栽培叩きというか、無農薬の方が体に悪いとか、不味いとか、逆に無農薬側からの熱い慣行栽培叩きが色んな所で見受けられます。私は無農薬栽培ですがその持論をを他人に押しつけるような事は言いませんし、聞かれたら私に分かる範囲なら答えます。その意見やブログ上の事を参考にするのも、小馬鹿にするのもそれはその人次第です。
 商品の販売もそうです。選ぶのはお客さんですから、無農薬であろうと、慣行栽培であろうと好きなのを購入して、食べるべきです。値段が高い、安いもあるでしょう。物流も発達しましたし、様々な通販もあります。情報媒体も一昔前は新聞とテレビが全てでした。しかしインターネットが普及しまくり、情報がどれを選んでいいくらい氾濫するようになりました。農家自身も農協一本槍から様々な商法や栽培法が確立されています。つまるところ農家側も、消費者側も色々と選べる時代になってきたということです。
 じゃあ無農薬、慣行と、どっちがいいのか!簡単に分けるなら、農地が10ヘクタール以上なら慣行減農薬、それ以下(5ヘクタールぐらい)ならほぼ無農薬でいいのではないでしょうかね。広くなれば広くなるほど、人力じゃあ無理があるのである程度の機械化、ちょいとの農薬使用。狭いなら機械、農薬コストが無駄なのである一定は手作業でどうでしょうかね。これは私の一理論でしかないので、実際の人達はお好きな農法をどうぞご自由に発揮して下さい。でも、これからの時代はやっぱり無農薬側に軍配が上がるかな?先日ホームセンターで農薬の値段を見ましたがスンゴイ上がってますね。私が農業を始めた頃より、2~3倍近いかも。なんか農薬の法律が少々変わったようで、農薬会社の農薬申請料とか、更新料が大幅に上がったのなんだのと、色々あったみたいです。新しい農薬だと缶コーヒーサイズで5000円ぐらいするのもありました。すげえ値段・・・。こんなの1種類じゃあすぐ規定回数に到達するから、複数種類撒いたら、売り上げ吹っ飛びますな。いくら原油が下がっても、他の様々な費用が上がったら、経営が続けられませんよ。身体に良い悪いじゃなくて、いや、財布に悪いな。ということでやっぱり私は無農薬栽培をお薦めします。最初の1~3年は慣れないのでキツイですがね、身体も売り上げも。慣れてきて土も、作物も鍛えられたこっちのもんです。これから薄利多売商法はキツイ時期なので、1品1品こだわって少し高めで売ってたほうが埋没しなくていいかな。






もうすぐ面倒くせえ無駄解散総選挙ですが、票を入れたい人物も、入れたい党がどこにもない・・・。だってどこの党も公約なんて1ミリも守らねえから、全く信用できん。民主、自民と2連チャンフィーバーで騙され続けたのでね。公約を何年以内に実行できない場合は議員を辞職するぐらいの法律ができないと、ホンッマ信用できん。結局今回の消費増税分も公務員の給料アップに使われただけだしなあ。あと、あの選挙広報車はなんとかならんかね。明治時代じゃあないんだから、車で候補者の名前を連呼するだけでなんか意味あるのかなあ?うるさいだけだと思うけど。あれで票を決める人はいるのかな。それよりもネットやテレビで討論会をバンバンやってくれたほうがまだいいよね。記録も残るし。大体議員なんて選挙の時以外、家に寄りつきもしないから何で存在してるのかわからんよ本当。
スポンサーサイト

コメント
こんばんは
毎日 寒いですね

慣行栽培か無農薬栽培か ‥
実に興味深い話です

私は 慣行栽培 を選択しようかと思います
理由は 無農薬でやったことがないので 怖いですね 笑
薬をかけそこなえば あっという間に虫にやられたこともありますし
直売所であっても 穴だらけでは やはり売れない気もします

天敵防除などには興味もあります
うまくやれば 薬剤の農薬よりも効果的な可能性も感じます
しかし値段は相当にお高いですね笑

私は 基本的な考え方として「人と同じことをしていたら儲からない」を理念としていますが
農薬 にかんしては できる限り効率的な減農薬と農薬選びぐらいが限界かと 想像しています
それに 無農薬は 堂々と 宣伝文句として謳えない という難点もありますので
無農薬というのは 販売利点よりも 栽培面での有益性 (土壌への負担や労力の軽減) あとは 自己満足しかないようにも感じますね
農業経営は 様々な要素がありますので
そのどこに どのような手段を用いて 差別化を図るか ‥
その一つとして 農薬を使うか無農薬か というのも考えてもいいとおもいますし
それにしたって やり方は一つではない とおもいます

例えば 最近 ジビエと呼ばれる 野性動物の料理がありますが
まぁ ただの 害獣だったりしますから 仕入れにかかる費用はゼロにちかい
それを 売り方で 高級に変える
まぁ そういった手法もありだな とおもうのです 笑

選挙は 投票率が下がると政治家が国民を舐めてかかるようになるかも
と思うのと
一強政治は良くないでしょうからバランスとるために
野党をもうちょっと強くしたいな とか
そんな感じで 投票します 笑

風邪などひかないよう
体調に気をつけて頑張ってください
体あっての農業ですから 笑
【2014/12/13 19:32】 | 長崎の研修生 #- | [edit]
先日は大荒れで2月並みの寒さでしたが千葉はどうでしたか?
【2014/12/19 10:12】 | ショーン #- | [edit]
>長崎の研修生さん
確かにドカンと儲けたいなら慣行栽培が適しているかもしれません。農薬で病害虫を抑制し、化学肥料で栽培を安定させ、機械化して労力の減少を図る。大手の農家さんはこんなカンジですね。そのかわり儲けがデカイ分リスクも増えますし、かなりの経営手腕が求められます。そこら辺を上手くクリアーできれば、農業として成功するかも。
 無農薬派が肩身が妙に狭いのは、無農薬というとどうも宗教クサくなるのが原因の一つじゃないかな。種は自家採取じゃなきゃダメ!肥料も動物堆肥はダメ!除草も、マルチもダメ!こういう原理主義みたいなイメージが強い感じはありますね。こういう事唱える人達って、精製砂糖とか、インスタント食品を目の敵にしてて、服も手編みで化繊はアウト。なんでそんなに余裕がないんでしょうかね。
 結局、農業として暮らしていけるなら、私はどちらでもいいと思います。
【2014/12/20 08:35】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
>ショーン さん
こっちも激・極冷えました。雪はなんとか降りませんでしたがね。それでも、地面は霜でバリバリ。収穫以外作業はなんもできませんでした。まあ、この時期はいつもこんな感じで、2月一杯はまともな作業はほとんどできません。私が農業を始めて雪が降らなかった年はありませんしね。マスコミが騒ぐほどの異常気象はではないですね。例年こんなもんです。
【2014/12/20 08:41】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
はじめまして、少し前に茨城で農業をはじめたものです。
古い記事への質問ですみませんが、10haなら無農薬でいける、というのは
今のわたしからすると草取りがすごく、すっごく無理!そうなのですが(2,3年放棄地を使っている)。それは長年使いこまれた、手入れのいき届いた畑だからでしょうか。
【2015/01/16 05:41】 | yaffa #51YTCmHQ | [edit]
>yaffaさん。(←なんて読むのでしょうか?)
無農薬で10ヘクタールは無理無理ですね。すみません書き方が悪かったです。無農薬ならせいぜい2~3ヘクタール慣れても5ぐらいかな?私が2ヘクタールぐらいなので。
【2015/01/22 18:17】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/299-7fab15b3