地方は再生しない②

2014.11.06(16:16)

破綻寸前の富津市の住民が怒って、「何故こうなるまで放っておいたんだ」と行政に詰め寄る記事が最近載っていました。そりゃあ怒りますわな。自分たちの血税の大半を人件費に回して、破綻まで追い込みましたからね。自治体が破綻して地方公務員や議員が無職になるのはメシウマなんですが、ソコに住んでいる人達はたまったモンじゃありません。地方自治体が破綻すると言うことは、あらゆる行政サービスがヤバイ事になるし、自治体の借金を少しでも返すために増税ラッシュになります。インフラも今より悪くなることは確実です。学校や病院の運営もマズくなりすし、企業誘致とかも白紙になるでしょう。わざわざ破綻しているところに来るおマヌケ企業はいないでしょうから。これで我が千葉県は富津、銚子、八千代市に続く破綻まっしぐらの自治体が、ドンドン増えております。この流れは全国的なものです。ではこれを食い止める、つまり地方を再生甦らせるにはどうしたらいいか、私なりに考えてみました。  
地方を再生させるといっても面倒くさいことはあんまりありません。地方に住む人達一人一人が真面目に働くようになれば、ほとんどの問題は解決できます。では具体的に書いていきましょう。

①とにもかくにも人件費を削る。
どこの自治体もコレが財政難に対する最大最凶の問題で難関です。ココを解決しない限り地方の再生なんかはありえません。今や地方の主な産業、特産は公務員と揶揄されるぐらいです。コレを書くと公務員はそんなに高い給料を貰ってないだとか、そんなに羨ましいなら本人が公務員になればいいとかいう意見があるかもしれませんが、無い袖は振れません。どこの企業も経営が危なくなると人件費の削減を真っ先に行います。これを何故か国と地方自治体はやりません。増税でなんとかしようとします。アホですね。なんとかなるわけないじゃない。この人件費を何とかしないことには、地方は何やっても駄目でしょう。

②農業、林業、漁業、観光業をしっかりやる。
農林業の衰退は言うにおよばず、漁業の衰退も凄まじいです。後継者不足云々もありますが、漁師のほとんどが釣り船専門に転職して漁をやらなくなったのもあります。危ない漁に出るよりも、近海で済む釣り船の方が儲けも多いし、リスクは少ないです。極端な話釣れなくても、お客さえ乗っていれば収入は入るわけですから。農家が農業をやらないで、土地を貸したり、宅地にして不労所得をで食べようとし、補助金が出るからとソーラーパネルをバンバン作る。そんで収入の99.99%は農業以外の収入なのに堂々と兼業農家と胸を張り、農家を名乗る。漁師は漁業権を放棄したく無いために年に1、2度だけ船を出す。これによって河川は荒れるし、港は閉まるし、山林は荒廃します。景観が荒れるから、観光産業も衰退します。産業がことごとくダメになるので、人は仕事が無いので外に出て行きます。若い人がいないので子供も減り、年寄りだけになります。集落が無くなり、そうなると自治体が維持できなくなるわけです。

③企業誘致などをガンガンやる。
中国や海外に進出した企業が、文化の違いや人件費の高騰、政争などでかなり日本に帰って来ています。結局は高いリスクを侵すよりこの国で作った方が、色んな意味で得だということが分かってきました。そこで、渡りに舟ではないですが、地方自治体がどんどん企業誘致して、10年ぐらい税金免除するから、地元雇用を増やしてね、とか言えば結構来るハズです。若い人が集まれば、家族も出来るし子供も増えます。人口が増えれば商店街なども活気づきますし、税収もトータルでドカンと上がります。

 要は地方の人達が真面目に働けば、何とかなるということですね。私は大体毎日畑に出ますが、いつも回りに人がいません。農地は広大に広がるのに、作業をしている人はほぼいません。それでも農家は側に住んでいますし、暮らしています。しかし働いているようには全く見えません。それでも生活していけます。働いてないのになんで?それは農家全てとは言いませんが、農地を貸して、スーパーにしたり、ガソリンスタンドにしたり、ゴルフ場に貸したりと働かなくても暮らしていけるのです。ちょいと50~60年前までは、農家と言ったら朝は明るいうちから働いて、日が暮れるまで畑地にいる、そんな感じでした。それが日本が悪い方向で豊かになり、バブルが到来して、まともに働くより土地転がしをして稼ぐことを覚えます。戦後の農地解放でタダ同然に土地を小作人達が貰った土地が億として売れる。こんな感覚を覚えたらまともに働くはずがありませんわな。
 とにもかくにも上記三つが実行できれば、地方の再生は確実かもしれません。これで地方はあと100年戦える!!











以上が私の願望と妄想でした。絶対実現できないだろうと思い上記三条件を書きました。地方は確実に破綻します。道が途中で途切れているのに分かってて全速力で爆走する車のようなもんです。まさに映画のデッド・コースターですな。改革しようにも上記の①で完全に無理ゲーです。①が実行できないならどうあがいても地方は破綻するしか道はない。ということなので破綻待ったなしですな。②も無理でしょうね。一度楽を覚えた人間がわざわざ厳しい方に流れるとは考えられません。まあ、50年ぐらい経って人口が5000万ぐらいになって、地方の土地の価値が紙切れ当然になって、国力が落ちまくれば、また少しは地方が盛り返・・・・・・さないですな。
スポンサーサイト

コメント
縲御ク?莠コ荳?莠コ縺檎悄髱「逶ョ縺ォ蜒阪¥縲
縺サ繧薙→繧ウ繝ャ縺ァ縺励g縺???

莉紋ココ縺ォ萓晏ュ倥@縺ヲ逕溘″繧倶ココ髢薙′蠅励∴縺吶℃縺ァ縲∝処縺昴≧縺?≧莠コ髢薙?諢溯ャ昴?豌玲戟縺。繧よ戟縺」縺ヲ縺セ縺帙s縲
繧ィ繧オ繧偵d繧九→蠅励∴縺ヲ縺励∪縺??√◎縺ョ霎コ縺ョ驥手憶迪ォ縺ィ荳?邱偵〒縺吶?

縺阪?縺?舞縺ォ豕・譽偵′蜈・繧翫∪縺励◆縲
蜿守ゥォ繧偵?縺九∴縺溽ァ句?驥手除縺檎尢縺セ繧後※縲∵姶譎ゆクュ縺倥c縺ゅk縺セ縺?@谺イ縺励¢繧翫c雋キ縺医h?橸シ√→諤昴>縺セ縺吶?

莉翫?譎ゆサ」縲∵カ郁イサ蠅礼ィ弱d繧峨う繝ウ繝輔Ξ(驥題檮雉?肇遞?繧?i縺ァ縲∬ヲェ譁ケ譌・縺ョ荳ク縺悟?ゅ??→豕・譽偵☆繧九s縺ァ縺吶°繧峨?∫悄髱「逶ョ縺ォ蜒阪¥霄ォ縺ィ縺励※縺ッ鬆ュ縺檎李縺?〒縺吶?縲

逕滓エサ菫晁ュキ繧?シ灘捷陲ォ菫晞匱閠?宛蠎ヲ縺ィ縺?▲縺溯イ?諡?↑縺咲オヲ莉倥?蟒?ュ「縲∝ケエ驥代?謾ッ邨ヲ縺ッ70豁ウ縺九i縲
譛ャ莠コ縺ォ繧?k豌励′縺ゅl縺ー縲∝ョ峨¥縺ヲ繧ゆサ穂コ九?蜿励¢逧ソ縺ッ縺ゅk繧薙〒縺吶?
螟門嵜莠コ蜉エ蜒崎??r蜈・繧後★縺ォ蜉エ蜒榊鴨繧堤「コ菫昴〒縺阪※荳?遏ウ莠碁ウ・縺ァ縺吶?
谿オ髫守噪縺ォ陦後∴縺ー遉セ莨夂噪豺キ荵ア繧?拠邨カ蜿榊ソ懊b襍キ縺阪↑縺?〒縺励g縺??


蜿ゆケ倶サ九&繧薙?險倅コ九〒縲√◆縺セ縺ォ霎イ讌ュ縺ョ譫?繧定カ翫∴繧九?縺ィ縺九?√¢縺」縺薙≧螂ス縺阪〒縺?隨?
縺薙?繝悶Ο繧ー縺檎寢縲?匱螻輔@縺ヲ縺?°繧後k縺薙→繧呈・ス縺励∩縺ォ縺励※縺セ縺吶?
【2014/11/08 21:57】 | トラ甃L #- | [edit]
お久しぶりです。そしてお疲れさまです。
農薬の使い方をご指導頂けたらと思いまして、、、一応ガソリンで動く背負い式を買ったのですが、コマツナなど葉物はそれで足りないくらい虫が来てしまいまして、、、
自動噴霧器を買う予算がないので葉物野菜への農薬の使い方のコツとかあれば、ご教示いただけると嬉しいです。お忙しいところスミマセン。
【2014/11/09 22:06】 | 四の助 #- | [edit]
>四の助さん。
今年は特に虫が多いと回りの農家さんも言っていました。寒暖の差があんまりなく緩い気候だと虫が大暴れしやすいですね。農薬ですが私はほぼ完全無農薬栽培状態なので、あんまり的確なアドバイスは難しいかもしれません。

四の助さんが農薬を使用しているのに虫が来る。どういう種類の農薬をどのくらいの頻度で使用しているかが分かりませんが、とりあえず思いつくのは

①農薬をかける頻度が少ない
②展着剤を使用していない
③雨の前の日に撒いている
④使用している農薬の値段が安い
⑤農薬が市販されてから随分経っている
以上、これぐらいですかね。

原因はたぶん①かな?夏~秋作の葉物は想像を絶する量の虫が寄ってきます。じゃあお店で置いてある、葉物はなんで虫が食べてないのかというと。農薬をバンバンかけているからです。近隣のキャベツ農家は農薬の種類を変えつつ(使用回数が決まっているので)ピーク時には3日に1回はかけています。トータルだとかなりの回数になるんじゃないかな。なにせ日本は単位面積あたりの農薬使用量が世界一ですからね。中国もビックラこきますわ。

農薬の回数を減らしたいなら、防虫ネットかけつつ農薬も撒く、それかハウス内で育てるかですね。私はそこまで苦労してコストをかけて栽培するメリットが見あたらないので、キャベツや白菜は植え付けしていません。コマツナは種を撒いて一度綺麗に食べられますが、その後復活します。少々虫食いはありますが全然売れます。ホウレンソウとかも一緒ですね。農協に卸すわけではないので充分です。
【2014/11/11 16:40】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
お忙しいのに、ありがとうございました。スミマセンわざわざ。陰険極まりない性根の腐った業界ですが、爽やかに頑張ります!
【2014/11/13 21:43】 | 四の助 #- | [edit]
こんばんは

四の介さんへ 参考になるとよいのですが
まず 播種前に土壌に混和するタイプの農薬は使っていますか?
アルバリンやダイアジノンなど使用するとよいとおもいます
この時期は ヨトウ虫や カブラハバチの幼虫が多発しますので
幼虫類に効果のある農薬が欠かせません
アファームやカスケードです
しかし 複数の農薬を混ぜて同時に散布するのが普通です
頻度は コマツナなら 一週間に1度くらいでしょうか
あと 何の被害なのか確認していますか?
小松菜はナメクジやカタツムリも油断できません
これらは 害虫の農薬は効きませんので注意が必要です
【2014/11/14 19:48】 | 長崎の研修生 #- | [edit]
長崎の研修生さん、ありがとうございます。
もう一つ伺い忘れたのですが、落ち葉堆肥の作り方を教えていただきたいのですが、、、図々しくて申し訳ありません。
【2014/11/26 12:16】 | 四の助 #- | [edit]
>四の助さん。
私も農業を始めた当初はちょこっと落ち葉堆肥を作っていましたが、面倒なのと私の畑の広さに比べて、全然量が足りないので数年前から止めています。私は動物堆肥だけで別段困りません。もしも化学肥料を使わず、さらに動物堆肥も使わないとなると、作物に対して肥料分が全然足りません。よく見かける有機農家さんの作物は形が小さくて、味も微妙な人がいます。これを有機野菜だから~と言って堂々と販売してますが、どう見ても肥料不足の作物にしか見えません。過剰な肥料はもちろん駄目ですが、あからさまに足りないのもどうでしょうかね?

腐葉土の作り方は、厚めのベニヤかコンパネなんかで簡単な木枠を作ります。木枠は釘などを使わず、紐かなんかで適当に崩れないようにしたてといて下さい。そしたら、その木枠の中に落ち葉をてんこ盛りで入れます。次に自分も木枠の中に入り自分の体重で押し固めていきます。さらに発酵を促すため、踏み固めた落ち葉に水をじゃんじゃかかけます。木枠の底から水が染み出てきたら、水を止めます。そしたらあれば米糠、なければ鶏糞を踏み固めた落ち葉の上に、落ち葉が見えなくぐらい撒きます。これは発酵を促すためで、早く腐葉土にしたい場合に使います。コレをしなくても腐葉土はできます。そしたらまた落ち葉をてんこ盛りで、踏み固めます。また水掛→米糠→落ち葉→水掛とサンドイッチにするわけです。そんで木枠の中がもう踏み込めないぜ、と言う状態になったら最後に水掛して終わりです。12月から作れば早くて来年の4月くらいから使えます。途中で木枠をハズして切り返しをすれば更に早く発酵します。

しかしまあ、落ち葉は軽トラに満載しても大した量は積めません。もし大量に作るのなら、それこそ莫大な量の落ち葉をあつめなくてはなりません。普通に堆肥を撒きつつ作物を作っていけば、自然に畑は肥えますがね。
【2014/11/27 17:59】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/11/28 13:20】 | # | [edit]
ご丁寧にありがとうございます。動物堆肥で充分なのですね。実は落ち葉堆肥って大変だなと思ってましたので、手間が省けて他のことに手が回せそうです。ゲルグクのプラモとか(笑)。
【2014/11/28 18:46】 | 四の助 #- | [edit]
こんにちわ、たびたび質問失礼します。
参之介さんはいつかの記事で最近では播種機を使わないと書かれてましたが、具体的にどのような播種方法されてますか?
また小松菜等は防虫ネットされないのですか?

直播きが多いとのことですが直播きでこんなのも全然直播きでいけるよっていう作物があれば教えていただけないでしょうか、よろしくお願いします。
【2016/08/18 14:23】 | なすを #- | [edit]
>なすをさん。
基本、トマトとスイカ以外は、全て直播です。発芽率が当然アバウトになりますから、かなり多めに種を撒きます。それでも、作物は足りないより、余る方がまだマシですからね。撒き方は手で撒きます。

小松菜は今年から全く植えないので、アレですが。冬採りなので防虫ネットはしません。葉物は安すぎてダメですねえ。

直播お薦めは、オクラですね。マルチに穴あけて、2~3粒撒くのが楽ちんです。カボチャも直播の方が楽ですよ。
【2016/08/21 19:54】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
スイカの直播きは試されたことはありますか?来年直播きでやってみようと思っているのですが、直播きでは致命的に駄目だという理由があれば教えてください。
【2016/08/22 12:28】 | 長野のファーマー #- | [edit]
お返事ありがとうこざいます。直播きでほとんどマルチなしでよく雑草にきえないですね。
カボチャ来年から試してみます。(作ったことがなかったです)
もっと早くこのブログを読んでいればとよく思わされます。
台風の影響は大丈夫でしょうか。無事を祈ります。
【2016/08/23 20:33】 | なすを #- | [edit]
>長野のファーマーさん。
種代が結構するので、直播は怖くてやっていません。私も来年あたり試してみようとは思ってはいます。ただ芽が出た段階のある程度の防除は必要でしょうね。

【2016/08/24 13:15】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
>なすをさん。

いや、マルチングは張りまくりです。来年というか、今年から全ての作物にマルチングを張ります。ソラマメも、サツマイモもです。実はサツマイモの本数を猛烈に増やしたら、後半の方の芋畑が手が回らなくて、結構な雑草が生えてしまったので。やっぱり手で取るのは限度がありますねえ。
【2016/08/24 13:19】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
今年はポットで苗にしてから植えたのですが、肥料分が足りなかったせいか、苗が売っている物のように大きくなりませんでした。来年はマルチに深めの穴をあけた所に種を植え、加温とアブラ虫対策にベタがけをしてみようと思います。
【2016/08/25 02:25】 | 長野のファーマー #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/298-1bf01a58