新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

農業小話、色々。

最近高校生や、大学生とちょこちょこ話す機会がありまして、そこで農業の話はもちろんの事、これからの皆さんの将来をどう考えているのか尋ねました。するとまあ、皆さん高校生も大学生もみんな将来は公務員になりたいそうです。それも国家じゃなくて、地方公務員ですな。いやね、別に公務員を目指すのを頭から否定しているわけじゃあないですよ。公務員といっても立派な職業です。それに旧態依然としたサラリーマン神話が崩れたこの国では、公務員こそ勝ち組の職業として評価されています。公務員といったら年功序列、終身雇用、確実に支給される給料、きまった休日と、ブラック企業が蔓延する中では輝いて見えます。
でもね、会う人会う人、皆が公務員を目指すというのはどうなんでしょうかねぇ。別に、音楽家になりたいとか、絵描きになりたいとか夢見がちでもないし、自分探しとも違うんですがね。なんだろこの違和感。前途有望な若い人達がこぞって公務員を目指す。この国の未来はなかなかに暗いですなあ。大体公務員が安定するという保障はこれからの時代はどこにもありません。地方公務員は特にそうです。かの夕張市になりつつある破綻寸前の地方自治体はかなりの数です。今の首相が唱える「地方の再生」は全部の権限を地方に任せるから、健康保険からインフラの整備も全部自分たちでやってね。自分たちでやれるんだから、地方交付税はいらないよね。破綻してもがんばってね、ということです。破綻した自治体の公務員がどうなるか・・・。それは簡単に想像できるはずです。

小話と言えばもう一つ。ビニールハウスの業者さんとも話す機会がありました、私は豪雪の被害や台風の被害で、それこそハウス屋さんは休む暇もなく忙しいのではないですか?と尋ねたら、そんなことは全く無いそうです。逆に仕事が無くて無くてしょうがないそうです。確かに豪雪や台風で全国各地でハウスが被害を被りましたが、ハウスを直してまた始める農家さんはほとんどいないそうです。それこそ直すどころか、やっとハウス農業を辞められるといって、片づけるハウス農家さんが大半だとか。つまるところ先祖代々農業をやってきて、なんも理由無く自分の代で農業を辞めるわけにはいかない、というプライドがあったのですが、天候のせいじゃあしょうがない、回りにも親戚連中にも辞める言い訳がたつ、まあこんなところですかね。
 そして例え話で、私が今からハウスを始めるとしたら、どうでかすかね?と聞いたら、「絶対に止めたほうがいい!!」だそうです。理由はまあ私がいつも書いている通りです。ハウス業者さえ止めるビニールハウス農業に未来はあるのでしょうか・・・?
スポンサーサイト

14 Comments

長崎の研修生  

こんばんは

現在の燃料と金属の価格高騰 と 不景気の影響だともおもいますけ
ビニールハウスをこれから建てようなんてのは その通りだと思います こっちは九州なので ビニールハウスの利点も感じることは多いのですが それでも その必要性を疑問に思うこともおおいです
おっしゃるとおりに 一代で農業を始めたって方はほとんどいません
親の代から譲り受けている方がおおいですので
それを わざわざ壊して別のことをやるというのは 大変勇気がいることだろうとはおもいます そう言う意味では 私をふくめ新規就農しようという方は これから ですので 自分のしたいように挑戦できるのは すばらしいことだとおもいます が・・なぜだか そんな チャレンジをなかなか認めてくれないのが現実でもあります

若者が 公務員になりたがるのは 悲しいことですが なんかわかる気もします こんなご時世だから 無難に生きていける道を選択したいのでしょう
しかし わたしは 仕事には「安定」よりも「楽しさ」を求めますがね
「楽しいのは 趣味だけでいい」といわれれば 返す言葉もありません しかし 本当の楽しさってのは 「緊張感」があるところでしか味わえないのだ と 言いたいのです 笑 

2014/07/31 (Thu) 20:46 | EDIT | REPLY |   

ショーン  

取引先

参之介さんの今の取引先はイベントに出店して話が広まったものですか?営業等はしましたか?

2014/08/01 (Fri) 21:52 | EDIT | REPLY |   

タロウ  

日経新聞記事によると、今年の大雪の影響で群馬県内のビニールハウス一万棟が倒壊し、7月時点で再建されたのはその一割程度だそうです。他県でも似たようなものです。

再建が進まない理由はおいておくとして、ハウスがないから露地栽培で枝豆をつくる、という農家が関東圏で増えたため、供給過剰によりこの夏の枝豆の価格は3割ほど下落しているそうです。

溺れるものが藁をつかんでしまったパターンでしたね。御愁傷様です。

2014/08/02 (Sat) 22:02 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/04 (Mon) 15:39 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: 取引先

>ショーンさん
イベントでの営業はもちろんしますが、地元での営業もかかせません。スーパーなどは黒い噂が絶えないので除外してますが、病院や、老人介護ホームなどにも卸してます。これは私がそこそこの規模で無農薬無化学肥料でやっているのが口コミで広がり、卸すキッカケになりました。ウチのはまあまあ安く且つ、安全というイメージがあるみたいです。家庭菜園クラスで無農薬の方は多いですが、出荷規模の無農薬栽培農家はまずいません。というかいまだに会ったことありません。先日の大手ハンバーガー屋の問題などこれからの国産需要は凄まじいモノがあります。慣行栽培も認めてますが、これからは無農薬系にシフトしたほうが、高ブランドにもなりやすいですし、営業もしやすくなります。病院や学校は特に安全なのを欲しがりますからね。

2014/08/05 (Tue) 18:18 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: 実際にみてみたい

> みぃ~さん。
56歳で就農とは随分思い切りましたね。ゼロベース新規就農ですと最低5~10年近くは食べていくのにも苦労します。まあ、貯蓄があり何か農業での必勝な考えがあるのなら上手くいく可能性は、ちょっとありますかね。
私は40代の方でも新規就農は遅すぎると考えています。いくら才覚があっても農業は体力勝負な事がほとんどです。いくらやる気があっても老いには人間勝てません。家庭菜園なら定年退職後でも、充分大丈夫です。しかし、定年後農業を生業にするのは厳しすぎます。体力的にも能力的にもです。ですから、私はお薦めしません。

畑を見たいとのことですが、別段私の畑には変わったことは何もありません。どこにでもある普通の畑です。わざわざ来て頂いて見て貰うような畑ではないのです。それにまあ、このブログ上で場所を教えるというのはちょっと・・・。このご時世何があるのか分かりませんので。

私の拙いブログを読み込んでいただき、大変ありがたいです。何か分からないことや、聞きたいことがありましたらどんどん書き込んで下さい。私が答えられる範囲でしたら、答えさせていただきます。しかしながら、私の意見はあくまで参考に留めておいて下さい。何事も信用しすぎるのもアレですので。

2014/08/05 (Tue) 19:39 | EDIT | REPLY |   

長崎の研修生  

こんばんは

雨ばかりで作業も停滞気味です
台風の動向も心配です

無農薬無化成肥料・・ですか すばらしいですね
想像では なかなか難しいなと感じますが
たとえば 思想とか 販売価格を上げる という意味合いよりも
コストと労力の削減 という意味合いで行えたらよいのかもな
と考えています

素人的なことをいいますと 
例えば 1tの作物を収穫したなら
そこに 1tの堆肥を投入すれば物理的に合うのではないか?
と考えていますが・・どうなんでしょうね 笑

ただ 堆肥を入れるのと 化成肥料を入れるのでは
費用や労力が違ってきますので どっちがいい とは
一概にいえませんけどね・・

理想は 「安く、楽につくり 高く売る」これは 変わらないわけです

2014/08/05 (Tue) 20:11 | EDIT | REPLY |   

なな  

こんにちは。毎日暑いですね〜!
ハウス業者さんのお話、うわ〜って感じです。本当は彼にここを教えたいけど、まだ秘密です。
新しいハウス、来年建てちゃうのかな。まだ他人なので止める権利もなく、そしてこの先家族になる事を本気で躊躇してしまう今日この頃です。JAがにくい!JAといえばTVでJAと縁を切って従来の3倍の値段でお米を売っている農家さんを見ましたが、スカッとしました(笑)
あんな組織は解体してしまえばいいんだー!!!
JAのひどかった話などあったらまた教えて下さいね。
ではでは、熱中症に気をつけてお仕事頑張って下さいませ☆

2014/08/05 (Tue) 20:56 | EDIT | REPLY |   

みぃ~  

やはり無理でしょうか

56歳で新規就農というのは、やはり無理なのでしょう。
ただ、現在農業をしている方の年齢を考えると可能性はあるのかと楽観していました。子供もほぼ独立しましたので、夫婦二人で暮らしていく、女房は、11歳下なので働きに行き現金を稼ぐというような生活を考えていました。
60歳までやってみて、駄目だったらあきらめるというのは、考えがあまいですね。
ただ、就農のハードル(特に土地)を低くしないと本当に農業をやる人間がいなくなってしまいますね。私で出来たら、やれる人がもっといるのでは。

2014/08/06 (Wed) 10:50 | EDIT | REPLY |   

ショーン  

売れ残り

お返事ありがとうございます。
イベントで売れ残った野菜はどうしていますか?野菜に廃棄はつきものと思って処分しますか?直売では量がさばけませんね。

2014/08/06 (Wed) 21:03 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: こんばんは

>長崎の研修生さん。
化学肥料を使うのは確かに楽です。臭う堆肥をひたすら撒くより、労力は全然かかりません。ですが、土に対するダメージがハンパ無いし、化学肥料1種類のみだと生育が微妙になり、複数の肥料を使うことになります。そして健康食品並の胡散臭い、肥料に手を出したり、携帯電話のモデルチェンジばりの頻度で肥料の更新を迫られることにもなりやすいです。堆肥栽培はン十年も変化無く使えるのが強みです。しかも使えば年々土が肥えていくという、おまけつき。これはもう使うしかないでしょ。それに堆肥栽培は特別な農法でもなんでもありません。ちょいと50年前まではほとんどの農家は堆肥栽培でしたし。いつのまにか難しい奇特な農法になってしまいましたがね。

2014/08/07 (Thu) 18:27 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: タイトルなし

> ななさん。
ハウスが儲からないというのは、そりゃあ大きな声では言えません。ソーラーパネル業者が、太陽光発電を否定するようなモンですから。まあ太陽光もハウスと同レベルかそれ以上に詐欺臭い感じがバンバンしますが・・・。

JAの酷い話はありすぎて書き切れません。それこそ本が1冊出るくらいあります。例えばJAにちょっと意見したら、出荷場を使わせて貰えなかったり、自分の出荷した荷物だけ行方不明になったりとか、自分だけ無農薬栽培しようとしたら、裏切り者扱いされて出荷組合からありとあらゆる嫌がらせをされたりなど、JAが根強いところでは、それこそ王様です。そして親戚やなにやらがJAに勤めていることも多く、文句は絶対言えません。票関係で議員達も口出しできないですしね。

それでも今度の選挙(参院選?)で自民党が、集団的自衛権や、増税ラッシュをごまかすために、農業関係の公約を多数掲げるという話もあります。その中で農協解体も含まれているかも?う~んでもまあかなり難しいですよね。全国で農協職員は30万人、その関係者となると数百万はいますから、そう簡単にはいかないでしょう。

2014/08/07 (Thu) 18:39 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/11/07 (Fri) 20:47 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: タイトルなし

>キクラゲさん。
農協さんの影響力が結構ある地区だとそういうハウスマンセーになりやすい傾向があります。私の地区は新規でハウスをやろうとすると微妙な顔をされます。補助金もあんまし降りません。そのハウス万歳普及員へ逆に「ハウスがこのご時世にどうやって儲かるのか?」を小1時間問いつめてみたいですが、相手は農業経験も無いド素人以下の木っ端役人。目くじら立てて反論してもしょうがありません。正直にいちいち答えないで適当に相づちうっておきましょう。キクラゲさんが農業を目指すならこういう輩は吐いて捨てるほど、存在します。まともに付き合うとこっちが疲れるし、後々迷惑なので、ほっときましょう。むやみに敵を作らないのも世渡りの一つです。キクラゲさんが自分でしっかり農業経営はできれば他はどうでもいいです。

困ったことにハウス万歳論者さんほど、収入を純利で語ってくれません。総売上のみで、そこから経費をさっ引いた金額では語りません。未だに私のブログに書き込むハウス信者さんもいますが、やはり売り上げのみで、純利を書いてくれません。100億の収入があろうと経費が101億かかったら赤字です。ハウスがそんなに儲かるのならこんだけ離農は増えませんし、大手企業がガンガン参入してくるはずです。それなのにトヨタ、三菱なども参入する気配のケの字もありません。

まあ、農業は自営業そのものなので、自分がやりやすい道に進んで下さい。ハウスだろうが、露地だろうが暮らしていければそれでいいのですから。それでも私はハウスは薦めません。

2014/11/09 (Sun) 11:43 | EDIT | REPLY |   

Post a comment