ハウストマトを食べてみた結果

2014.07.10(17:58)

ひょんなことで色々なハウストマトを試食することが出来ました。皆さんどれも糖度やなんかにこだわってるらしく、見た目は大変美味しそうかな・・・?種類は大玉、ミニ、土壌栽培、水耕、半水耕とか5~6種類ぐらい。まあ、見た目や農法はぶっちゃけキリがないので、とにもかくにも味ですよね。野菜は味が1にも2にも味が全てです。3、4が無くて次に見た目かな。昨今どうしても市場出荷が多いので、野菜といったら見た目が全てですが、それじゃあ海外のとほとんど変わりないので、やっぱり味にこだわっていきたいと思います。ああ、味と言っても自称有機栽培のエライ苦い野菜とか、ただ単に不味いだけなのに泥臭いとか、野趣溢れる味とか、有機というだけで味なんかどうでもよくて、安全性だけをアピールするのも問題外ですね。話がずれましたが、肝心のハウストマトの味はどないやねん!?といいますと・・・、 どれもこれも水っぽくて、ハウストマト特有のジャリジャリ感が強くて、味、旨味がほとんどない、甘みも言うほど甘くありませんでした。ハウストマトの季節が終わりに近いというのもあるのでしょうが、これでよく売り物になるなあ。私が料理人だったら、まず購入しませんよ。それでもハウストマトだけでなく、露地トマトも近隣の方から貰いましたが、これも吹き出すぐらい不味い。なんだコレ。私の舌がおかしいのか、回りのトマトがおかしいのか。こんなトマトをスーパーで1個100円前後か。う~ん、全くもっていらないですな。結局、水耕だろうが、土耕だろうがすべからく平等に不味かったです。でもまあ、ミニトマトは甘みだけはあったかな。味はアレですけど。これだったら缶詰のトマトで充分すぎますね。
 それにしてもトマトの値段は安いですねえ。最安の時は1キロたった100円。ジャガイモがそん時は1キロ200円だったから、ジャガイモ以下ですな。あんだけコストを掛け、自然災害に怯え、手間暇をかけ、旅行や、趣味の時間も削り、晴れたら灼熱、片付けも超面倒、なにこのブラック作物。ちなみに今年私が爆産しているスイカの市場値段は、1キロ300円、1個で2000円前後、私はどれも1個500円で売りますがね。それでも利益幅は空豆に次ぎます。何の作物で勝負するか?それは農家の経営手腕が問われるところですな。








近くのハウス農家さんと話す機会がありました。そこの農家さんは私が就農した当初は鼻息がモノ凄く荒く、「露地なんてやめたほうがいいよ、ハウスをやれば1000万~2000万の収入なんてすぐだよ!!」と、キモイぐらいのドヤ顔で説教されました。ほんで現在はというと、顔色は悪く、痩せていて、「作物が全然(高値で)売れなくなっちゃった、どうしよう」とぼやいてました。詳しく聞くと、市場は安くて手数料は高いし、直売所は量が捌けない、業者に頼むと凄い安く買い叩かれる、だそうです。そしてなによりも昔よりトマトが売れなくなっているそうです。私が思うにはこの農家さんがウハったのは、日本がバブル前後の頃。ハウス部材も、油も安くて、多少高いトマトでも売れた頃ですね。まあ、あの頃は1曲かそこらしか入ってない音楽CDが1枚1000円してそれが100万枚とか売れたトンデモ時期なんで、そりゃあトマトも売れますわな。直売所ブームもあったしね。しかしそんだけ儲けたお金はどこにいったのかしら?1~2億持っててもおかしく無いと思うんですがね。それともハウス維持費でふっとんだかな?
スポンサーサイト

コメント
まずいトマトを食べるのはごめんです。
まずけりゃもらっても土に帰します。
【2014/07/10 20:08】 | Jimmy #- | [edit]
こんにちは^o^
台風やっと通り過ぎましたね!
質問なんですけど、台風とかでハウスが倒壊した場合、農協様から補助金とか出るんでしょうか?
または国や県から?
それとも自分で保険に入るしかないのかな??
今、彼とハウス話はしづらくて。
ちょっと反論?みたいな事を言うとイライラされます(泣)

ブラック作物、納得です!
なんかそんな感じです(^^;;
【2014/07/11 07:59】 | なな #- | [edit]
確か基本的にはでないんじゃなかったかな〜ヽ(´o`;よくわかりませんが、、、、、、
2月の大雪の時、多くのハウス倒壊し、そのまま辞める農家もいたとききました。
【2014/07/11 14:28】 | 831オーケー #- | [edit]
>ななさん
う~ん、補助金関係は地方や県で出る条件が変わりますので、一概に出る出ないは分かりません。でも確かウチの地区でも大雪でハウスの倒壊が相次ぎましたが、補助金が出たと言う話は聞きませんね。例え出たとしても、ハウスのみの補助金ですから、ハウスで全滅した中身の作物には出ません。なので壊れたほとんどの人はこれ幸いにと、ハウスを辞める人がほとんどです。先のコメントにも書かれてますように、皆さんかなりの高齢プラス、跡継ぎも皆無なので、惰性で続けていたハウスを辞めるいいきっかけにもなったようです。まあ、借金だけ残って、家屋田畑を売ったという話もありました。ハウスで借金、絶対止めましょう。


保険は条件次第で降りない可能性もあります。よくよく選びましょう。
【2014/07/11 18:24】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
早速のお返事ありがとうございます。そうですよね。補助金なんてそんなに簡単には出ませんよね。
これからもどんどん気候は厳しくなるのに、なんでハウスに執着するのか。。30代前半にしてガッツリ借金かもしれませんね。
前回のカモネギのお話にも震え上がりました。コワイ!
自分の将来も含めて一度じっくり考えてみます(^^;;

【2014/07/11 18:48】 | なな #- | [edit]
参之介さん流でスイカに挑戦しているのですが、あまり調子が良くない感じです。

ここのところの大雨によってマルチの上に若干水がたまったり、のっていた土がはねたのが原因だと思うのですが、株元から50cm位病気や葉が枯れたりして初期の生育が悪くなってしまった感じです。

畝を多少山形にして土や水がたまりにくくする工夫などがいるのでしょうか?
梅雨の雨がスイカの生長にいいと書かれていますが、参之介さんは雨や土はねで病気になったり葉が枯れたりしませんか?

それからスイカの元肥や追肥はどうされていますか?これも堆肥を置いていく感じで良いのでしょうか?
質問ばかりですみませんが教えてください。よろしくお願いします。
【2014/07/11 23:51】 | マッキー #X.Av9vec | [edit]
おひさしぶりです。
トマトの味の多くを占めるはアミノ酸につき、どれだけ土壌に有機微生物とミネラルがあるかなのです!
私は堆肥を3年かけて作りますし、魚粉をドカドカ使います。
勿論何ら科学的立証はないですが、私のトマトはキロ800円で直売しても全く足りません。

軽く一千万は売り上げますが、ハウスの燃料費が高いので雨避半路地栽培に移行中です。

路地はレッドオーレになりますが、かなり大玉になりそうです。

これか農家をやられる方は是非とも土壌の理解を深めて欲しいと思います。

土壌が良ければ何を作っても旨い野菜を作れます!

簡単に言えば土をなめてかすかな甘味がある土壌を作りましょうです。


【2014/07/12 00:33】 | ハウス農家 #- | [edit]
参之介さん、我が家の夏みかんとトマトが、とうとう猿に犯れました!

台風の翌朝、母が
「夏みかんとトマトが、猿に犯られた!」
と嘆いています!

実は台風の晩、母が猿が町内をうろついているのを見たんです!
で翌朝、庭を見ると…(涙&怒!)

母いわく、
「食べ方が人間と一緒だ」

人口が減っている私のまちは、もうすぐ、
「猿の惑星」
になるかもしれません…。
【2014/07/12 17:30】 | 夏みかん #- | [edit]
>マッキーさん
私の方では500本近くのスイカは順調すぎるというか、至って普通に実を付けて、着実に大きく育ってきています。500本もあるので中には病気になったり、虫にやられたのはありますが全体の5%ぐらいでしょうか。マッキーさんは苗も自分で種から育てているのでしょうか?購入した苗は非常に脆弱なので、成長が芳しくなかったり、病気にかかりやすいといった、多々のデメリットがあります。
 あとは原因というとですね・・・、ウチの方でも雨は多いし、マルチに水たまりは一杯できましたし、泥はねもしまくりましたし、マルチの間の雑草取りながら、スイカの蔓も間違えて切ったりと、色々やらかしましたが、、別にこれといった被害は出ていません。

肥料も苗の側に置くだけです。追肥はあげません。
【2014/07/12 19:39】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
お返事ありがとうございます。
苗は、秀山、夏武輝、虎太郎を種からポットで育てて定植しました。
虎太郎は比較的順調なんですが、秀山、夏武輝があまり良くない感じです。
参之介さんは泥はねして何ともないということは、もしかしたら土の肥え具合が悪いのかもしれません。

元肥のやり方と量についてもう少し詳しく教えて頂きたいのですが、マルチを張る前に苗の植えるところをだいたい予想しておき堆肥を置いてからマルチを張るんでしょうか?
それともマルチを張り苗を定植してすぐに苗のそばに置くのでしょうか?
後者の方法だと定植穴から雨水で肥料分が入るところとほとんど入らない所のムラができてしまうと思い、ちょっと手間でしたが今年は前者の方法でしてみましたがどうされていますか?

それから追肥はしないとのことですが、鶏糞を元肥にどのくらいの量置かれていますか?
【2014/07/12 22:52】 | マッキー #X.Av9vec | [edit]
野菜で大事なのは味だというのは全く同感です。ただ味だけでお客を増やすのは時間がかかる気がします。
参之介さんの農法なら無農薬に近い減農薬、無化学肥料栽培としてもアピールできると思うのですが、そういうことはしませんでしたか?こちらでは普通に打っても高値で売れませんので…味が伴っていないのもありますが…
【2014/07/12 22:57】 | ショーン #- | [edit]
>マッキーさん。
そうですね。マルチングを張ると上から置いた堆肥の養分が染みこみません。ですから、マルチを張って苗を植えた後、苗の側に穴を開けます。大きく開けるとマルチの意味がないので、自作した穴開け器を使います。これは廃材の木の板に釘を打っただけのモノです。イメージしにくいかもしれませんが、西遊記の沙悟浄が持っている武器?を思い出してくれると、分かりやすいかもしれません。その開けたところに堆肥をおけば雨で浸みますので、マルチの特性を活かしつつ、肥料が撒けるワケです。

堆肥の量は一つの苗に対して、小鍋1杯ぐらいです。
【2014/07/14 19:43】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
> ショーンさん。
私は99.9%無農薬栽培になりました。が、だからといって大幅な値上げはしていません。味で顧客を掴みつつ、更に値段もお得感を出して大量に売ります。確かに苦労して作っているのですから、高値で売りたいのは大いに分かります。ですが、この不景気で消費者もかなり苦しいです。そこで私は生産者も、消費者もお互い納得できる値段設定を考えています。両方winwinになるように、安心で安全で且つ、お得な値段。このような感じで決めています。
【2014/07/14 19:51】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
お返事ありがとうございます。
今年のジャガイモは肥料が足りなかったのかうまくできませんでした。
ですが、もし冬まで取っておくぐらい大量に作る場合保存はどうしていますか?冷暗所がいいとは思うのですが、いい場所がありません。畑においておくと草に埋もれてしまう気がします。
【2014/07/15 20:29】 | ショーン #- | [edit]
なるほど。そういった方法もあるんですね。今度試してみます。
そういえば、スイカの種を5月上旬に蒔いてしまったのと、ポット苗をハウスで育苗して定植したのが良くなかったのかもしれません。来年は注意してみたいと思います。
色々とありがとうございました。
【2014/07/15 22:46】 | マッキー #Qi8cNrCA | [edit]
>ショーンさん。
ジャガイモは、とにもかくにも紫外線を嫌がるので、どこか冷暗所は無くても日の当たらないまあまあ風通しのいいところに保存して下さい。軒下みたいな直接雨が当たらない所はありませんか?長期保存すると売り物には難しいですが、自家用なら充分使えます。私の家ではジャガイモを大量に消費するので、大量に作付ます。
【2014/07/19 17:58】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
研修真っ只中の私ですが
いやはや、参之助さんのおっしゃっていることが いかに事実に近いか・・ 身をもって感じています
もし誰かが 今私に「行政に支援を受けながら研修して新規就農しようと思う」と言ったら 私は間違いなくやめることをおすすめします
ならば 「どうやれば 農業ができるのか」
就農というのは 「農地を持っている」ということだけなのです
「農業に従事し専業である」「経営が成り立つ計画を持っている」というのは この「農地の確保に」必要な条件ですから
やはり つまるところ「農地」これをいかに手に入れるか・・に尽きるわけです しかし これは あくまで 正式に「農家」として認められるために・・ということです そんな 「農家としての認定」がどうしても必要だったのか? と 今は感じています
他に もっとよい 農業の始め方 があったのかもしれないですね

ところで 参之助さんは畑の「水」はどのようにして確保しておられますか? 露地ならばあまり潅水は必要ないでしょうが
播種後や定植あとはある程度必要だとおもいますが
タンクでしょうか? 

今年はミニトマトは植えられてますか? トマトはめんどうということですが ミニトマトは 以前「アイコ」を勧めされてますよね
わたしも 栽培候補にミニトマトをいれているのですが
いかがおもわれますか? あと 手がかからないといえば
オクラはかなり楽な気がしますが 参之介さんのリストにも入っていますが どのような感じか教えていただけたら・・と思います

連作障害について わたしも疑問を持っていました
まぁ 土中の何らかのバランスの変化が原因なのでしょうが・・
それらを完全にコントロールする術がないのならば
「起こる可能性」を重視すべきである といったところでしょうか
家庭菜園レベルでは気にすることはない でしょうが
全滅してもらっては困る農業をやっていれば 土壌の消毒など
ナーバスになるのもわかる気がします しかし そもそも
そんなことに神経をつかわなければいけないような農業が果たして 私のやりたかった農業か?と自問自答する日々です

参之助さんの農業は 私の理想とする農業のようです
うらやましくおもいながら いつも拝見させていただいています
【2014/07/28 00:47】 | 長崎の研修生 #- | [edit]
>長崎の研修生 さん。
最近暑くて更新が遅れがちです。
それはさておき今この国にあるあらゆる農業問題は、ほとんど農地問題が基幹になっています。ですから、農地問題を解決できれば日本の農業問題はかなり解決できると私は考えています。あなたのようなやる気のある新規就農者が簡単に農地を取得できないという、この国のダメダメっぷり。TPP?自給率?後継者?そんなのはの休耕田に宅地並課税してから考えてちょうだい!そうすれば少しは農地に流動性が出ますからね。

水は天水のみです。定植や、播種は天気予報とにらめっこしてやる日を決めています。雨が無いのは1年間で真夏の2週間~1ヶ月ぐらい。全然大丈夫です。去年も真夏2ヶ月雨がないという就農して、最長の雨無し期間でしたが、作物に影響はほとんどありませんでした。まあ、水を大量に必要とする作物を植えていないというのもありますが。

トマトは今年の上半期重役会議で、来年からほとんど作付を止めるという決定が出ました。とにかく手間と費用が掛かるので、止めにするという結果です。味はどのトマトにも負けない自信はあるんですが、実が柔いのも欠点ですね。そのかわりをスイカが担ってくれそうなので、いけそうです。今年はまだ成熟していないのに注文が数百個入っています。数が足りるかな?

オクラはいいですよー。楽で多収穫、種代も安い、マルチOKといいことづくしです。今年は特に売れていまして、来年増産決定しています。私のオクラの植え付け方はちょっとコツがあるので、また別の機会に書きます。

隣の大国が食品偽装をしまくっているおかげで、国内産はますます需要が高まります。それでは回りに流されないよう、頑張って下さい。
【2014/07/28 13:09】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
ハウスのミニトマト農家さんのお手伝いをしたことがありますが
たしかに手間がかかりそうでしたが・・
しかし 私が実験的に栽培した感じでは
誘引や脇芽の剪定などを気にしなければ
トマト自体は 寒さにも強く 病害虫も少なめだし
ミニなら ほっといてもじゃんじゃんなる気がするのですが
それでも ダメでしたか・・?

なんと水のない畑なのですね
雨だけでも露地ならいけるのですね
ハウスやポット育苗は
この時期 潅水の手間も相当なものです
やはり露地って素晴らしい気がします

わたしはイチゴの研修中ですが
もちろんハウスです 露地いちご とは 興味がありますね
害虫は大丈夫ですか?春採りでしょうからスリップスあたりが
問題になりませんか? 路地で苺を作るプロ農家さんって
ほとんどいないんじゃないでしょうか
そんなことをやってのける参之介さんは
やはり おもしろいですね

苺を夏や秋に出せたら 売れると思うんですけどね
ところで スイカなんですが 小玉はダメですかね?
そらまめは 地域がらか こっちでは需要が少ない気がします
誰に聞いても 塩ゆで以外の食べ方がよくわからない と言います笑 オクラの栽培法 楽しみにしています

わたしは もはや今の研修をやめるわけにもいかず
引き返せない状況です どうなってしまうのかわかりませんが
なんとか 自分なりの農業を できる範囲で確立したいと思っています
【2014/07/28 21:05】 | 長崎の研修生 #- | [edit]
>長崎の研修生 さん。
トマトは大した本数ではなければ、面倒が細かく見られるかもしれません。しかし露地は天候に左右されやすく、特に実が雨などでかなり割れます。2週間ぐらい雨が無くて、その後降るとそりゃあ盛大に割れます。去年なんて、長期間雨がなかったので、あまり割れなくすんだのですが、降った後は悲惨でした。カラカラのカラカラ状態で水を急激に吸い上げたから、エイリアンがお腹を食い破る感じで、中身が飛び出ました。割れるどころじゃあないですね。そんで全滅です。オクラやスイカはこんな事ないですからね。まあ、ちょっと試して見て下さい。

真夏の水やりだけで、半日潰す農家さんもいますが、無駄極まりないと思います。私はそこまでの労力はかけられません。そこまでの手間をかける必要がない作物を私だったら選びます。自分の労働力は有限ですからね。

イチゴについてはまだまだ試験中なので、実用に耐えられるかどうかまだ分かりません。露地だとどうしても酸味が強いので、難しいですね。加工用には最高なんですがね。害虫や病気は無いですね。ナメクジ対策ぐらいかな。鳥も来ないし。ん?つまり鳥も来ないぐらい酸っぱいということになるのかな?

スイカは小玉もいいですね。私は中間の中玉サイズを植えてますが、大きさ的に食べきりサイズなので好評です。この核家族時代は昔のような大玉はあんまり受けません。冷蔵庫に入らないということもありますし。

農業研修は私もハウスばっかりでしたよ。なので学んだことがほとんど使いものになりません。私の1年返せコラァ。なんか新規就農イコール、ハウス農業という図式が全国的にある感じがします。まあね、新規就農者に補助金でも借金でもハウスを建てさせちゃえば、逃げることは出来ないし、辞められないし、死ぬまで搾取できるから何かと都合がいいんでしょうね。今のソーラーパネル商売と一緒ですな。薦める業者自体が実際にはやってないという、なんちゃら詐欺ですな。そんなに儲かるならハウスでもソーラーでも自分で先にやればいいのに、儲かるならね。
【2014/07/30 12:44】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
ミニトマトも確かに裂果しますね  
しかし参之介さんが以前 裂果することを見込んで多めに植える と確か書かれていたと思います 
この発言は実に印象的で感銘をうけました

農業にロスはつきものです いわゆる歩留まりというやつですね
そこで 「いかにロスを減らすか」を普通は考えるわけです
参之介さんは 「全体量を増やす」という方法 つまり ロスを予め見込むことで収量をあげようと いうわけです 
ロスを減らすために必要なもの と 全体量をあげるために必要なもの これらを(例えば 費用や労力 耕作面積)を比較することで そのどちらを選択するかを決める これは 素晴らしい考え方だと思います 

まぁ そんな 参之介さんでもお手上げなのでしたら トマトはやっぱり厳しいのですかね・・まぁ 夏摂りのトマトはライバルも多いですからね・・農業新聞にも紹介されていましたが ミニトマトのソバージュ栽培 なるものがありますが まぁただの半放任栽培なんですけど 大変興味のあるところです。 実はミニトマトはほったらかしの方が収量はあがるのかもしれません

スイカは 小玉がいけるなら 試してみようかな・・とも思います
こちらはアライグマが問題になっていますが・・
しかし スイカの需要について書かれていますが なるほどそうかもしれませんね 例えば ミニトマトも ビニールの袋に入れて売るよりも パックに入れたほうが売れます これは ミニトマトは
お弁当やサラダの飾りとして使用されることが多いため
数個づつを何日かに分けて使用することが多いためではないかと思います 「買う人がどういう使い方をするのか」そういうことまで
考えていないと これから先 多くの農家の中で生き残っていくことは難しいと考えています

一年研修されたんですね お疲れ様でした 
わたしも地獄の研修中で研修が終わるまで生きていられるか心配です 笑 毎日 熱中症です 笑
私も 補助金という甘い誘いで危うくハウスを建てさせられそうになりましたが それはなんとか 免れられそうですが
ハウスを持っていないと 農家にさせてくれないので
借りる方向で進んでいます 
【2014/07/30 20:10】 | 長崎の研修生 #- | [edit]
ハウスに関してはコメントが多いとの事ですがそれは仕方がないと思います。見たくなければ見なければ良いと言うのもご最もな意見です。ただ私のように新規に何かを始めようとして(農業ではないが農地を使い利益をあげている人がいるもの)少しでも自分のものになる意見がないかと探す人もいるでしょう。
そうしているうちに辿りいてしまうのです。ご自身のブログであるので言葉づかいが気になりましたがそれも「わざと」している風ですので何か狙いがあるのかもしれません。
ただ、「ハウスの」トマトは食べたが不味かったというのは当然反発はあるでしょう?相手も一生懸命作っています。
ご自身で作ったトマトは確かに美味しいでしょう。でも他の人も自分で作ったトマトは他より美味しいと感じるのです。
また本当にそこらで売られているものより劣っていたでしょうか?
「ハウスで」作ったのに上回ってなかったというのであれば別にそれも普通の事です。

ハウスの利点は何と言っても通年や収穫時期を変更したりできるという所でしょう。
逆にいえばその利点を活かさずにただハウス栽培してるだけでは当然儲けはでないでしょう。
雨が記録的に続けば不作になるものでもハウスならば収穫できます。仕事とする以上雨が記録的に続き対処出来ない程になるとは思わなかったでは済まされません。まあ保険や補助で安泰なのかもしれませんが。
ハウスにしても全てが赤字ならどんなに美味しい餌で釣られても淘汰されなくなっていくはずです。
料理店等からすれば如何なる時も食材は必要であるのでハウスは全てなくなっても良いとは言えません。
加温や維持費をどうするかというのが問題でそれについても地熱、排熱、竹チップ、温泉、バイオマス利用等方法は様々です。
ここに挙げたものも結局導入コストが掛かるんだよ!と思うかもしれませんがそれだって工夫次第でしょう?
手入れされてない山や林がありその所有者に連絡を取り手入れする代わりに伐採したものを貰う、空気は冷えやすいが水に熱を貯めておく等いくらでもやり方は出てきます。

ノートパソコンはデスクよりも性能が劣るし良いものを買っても部品が代えられないから高コストで無駄というのと同じです。
ただしノートには持ち運べるというただその一点だけで「移動して使う人」には重要です。

新規就農に関して言えば妥協せずに農地を手に入れる事が出来るかで労力の殆どを費やすでしょう。ここは借りれるけど水のリスク(交通、農薬や汚染等)があるからさけたいけど他には無理そうだとか。シビアに行きたくてもコネを作る為に仲良くなってシビアにできないとか。

ネットで万人に見える以上否定的な意見は当然でますし「見て欲しい、主張したい、自分は凄いだろ」と言うのがあってブログをするのだと思います。否定的な意見との交流も成長に活かせるとは思いますが、癪に障るなら書き込めないようにしたらどうでしょうか。

【2014/08/19 05:09】 | とく #195Lvy4Y | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/291-43a55634