新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

米農家のこれから③

色々あれこれ書いてきましたが、ようするに海外の量と安さに対抗できればいいわけです。米は農作物の中でもこれ以上機械化できるところがないだろうというぐらい、機械化が進んでいます。耕すのも、畦塗りも、植え付けるのも、農薬散布するのも、除草するのも、刈り取るのも、精米して、乾燥して出荷するのも全て機械化されています。後は人間をターミネーターみたいにロボット化するぐらいしか機械化にする所が残されていません。まあ、そういうのはホンダかトヨタに任せてと。つまりもうそれぐらい生産効率が上がりまくっているわけですな。品種改良されまくった完璧超人品種米と、効率化を進化の秘宝クラスに高めた機械。なにこの最強の矛と盾みたいな作物。こんだけ揃えば兼業でできるし、値段も下がりますわな。
上記でほとんど答えを書いてしまいましたが、そうです、日本でも値段を下げれば海外に対抗できます。もちろん安さで対抗するわけですから、かなりの作付け面積は必要となります。最低でも一個人農家で100ヘクタールは必要でしょう。普通の作物ならこんな広さは到底不可能ですが、米なら可能です。徹底した機械化で、100といわず200、300ヘクタールぐらい作付けし、そして値段を今の半分一俵あたり2000~3000円に持ってこれれば海外の激安米に充分過ぎるほど、対抗できます。国産ブランドと安さを揃えられれば、鬼に金棒です。この値段を見れば海外の米農家は言葉も少なく「おっふ」となるか「オウ、ホーリーシット!」と狼狽えること間違いなしです。国内の外食産業も飛びつきます。評判の悪い外国産米を安さのみで仕入れるより、安く安全な国産米の方が良いに決まってます。外国産米なら生産地表示を大きく出せませんが、国産米ならドヤァっと大きく宣伝できます。海外の引き合いも多くなるでしょう。しかし、そんな値段で出せるはず無い!と思われるかもしれませんが、作付け面積さえ整えば充分可能だと思います。下手に天日米だ、有機無農薬米だとかにこだわって、僅かな米を高く売る事に固執するより、そこそこの味で、安く、大量に作る方が現実的だと考えます。安くすると機械代が~という人もいらっしゃるかもしれません。機械代がかかるからこそ、大量に作らないと意味が無いでしょう。一年に一回しか作らない米。それなにのに過剰と言えるほどの機械設備。機械は使ってこその機械。置いて飾っておくために存在するわけではありません。
 現実的には私のプランは難しいかもしれません。ン百ヘクタールの農地なんて、そうは集積できませんしね。しかし売り先も不明な天日米とやらを、チビチビ作るよりも、私のプランの方なら確実に生き残れると思います。消費増税が決まろうが、TPPが可決されようが、一俵2000、3000円前後なら海外に勝てるし、農家自体も生き残れます。これで日本の米農家はあと10年は戦える。頼んだぞマリガン。









ちなみにこの売り方はあくまでの場合だけです。野菜や果樹では無理です。
スポンサーサイト

11 Comments

長崎の研修生  

NO TITLE

なるほど 確かに「耕地面積」だけが
海外に値段で勝てない理由であれば
そういうことかと思いますね 
しかし 人件費や資材の安い国にも国内生産で勝てますかね・・?

ちなみに私は国内のコメ生産が
スケールメリットを最大限に活かした場合 
コメの値段をどこまで下げられるのか・・は わかりませんが 
1俵 2~3千円 で経営が可能というのは 
ある程度 試算された数字ですか?
「それぐらい安ければ勝てるであろう」という予測ですか?

2014/04/07 (Mon) 22:50 | EDIT | REPLY |   

-  

NO TITLE

米農家はこれまでもこれからもサラリーマンとの兼業で1ヘクタール程度の耕作面積というモデルがベストです。それ以外はほぼ収支マイナスです。
1ヘクタール程度であれば作業時間は年間70~80時間(10日程度)
 さらに、サラリーマンでは絶対に計上できない必要経費が兼業することによって認められます(個人事業主扱い)。農機具の減価償却はもちろん、電気・水道・住宅・車(本体)ガソリン・車検・軽油・灯油・衣服・固定資産税、等々。
 サラリーマンの収入が多ければ多いほど効果は絶大で、課税所得がなくなることにより5万円だった住民税が5千円になったなどということもあります。
 規模が小さいので資材や燃料が高騰してもダメージはなく、1俵3000円なら農業収支のマイナスが多くなるので影響は少ない。
 これは、サラリーマン所得が充実していて田圃を持っているという前提があります。新規就農では無理、既存農家で規模拡大して米専業になることも無理、個人で50ヘクタール規模の方もいますがもともと金持ちでなければできません。
 1区画30a程度の田圃が多い日本で300枚以上耕作するのは非効率で実質不可能と思いますが。

2014/04/08 (Tue) 23:09 | EDIT | REPLY |   

大川  

NO TITLE

サラリーマンとの兼業がベスト~と言われてる方の話は、ただ単に現在の米兼業農家が様々な制度で優遇されているだけの話です。
「1区画30a程度の田圃が多い日本で300枚以上耕作するのは非効率で実質不可能」と言われてますが、それならば、米市場からは退場して頂くだけの話です、他の産業では当たり前の事です。
弱い会社は倒産します。それに伴い労働者も失業します。
弱い兼業農家も離農するのが当たり前の話でしょう。

2014/04/12 (Sat) 16:15 | EDIT | REPLY |   

長崎の研修生  

NO TITLE

わたしは スケールメリットを活かしたコメ作りよりも
ありきたりではありますが 「直売」が現実的か と思います
コメが儲からない本当の理由は 機械の減価償却費だと思いますので
もちろんある程度の規模での生産は必要ですが
私の地域の場合 農家さんが個人的に直売で玄米の状態で販売するコメは 30kgで8000円が相場です 
その場合 消費者にとっては 精米することで目減りするのが1kgとして 
精米にかかる費用が10kg当たり100円としたら 
10kgあたりのコメの値段は3000円程度となりますので 
スーパーと比較しても 割と安いといえます
農家としても 作ったコメが全て 30kg8000円で売れるならば
儲けは充分出るといえます 
つまり 逆に言えば 
農家は30kg7000円くらいまでなら安くすることも可能で
そうなれば 消費者ももっと安く買えるわけです 

結局 作ったコメがすべて直売ができるならばやっていけるのでは? 
とも思うのですがどうでしょうか?
もっとも 関税が廃止された場合 輸入米の値段が果たしてどれほど安いものか・・によるのですが それが 国産の半額ぐらいであるとするなら
対抗するのは不可能だと感じますね 
一部の金持ち向けに作られるブランド米以外の
ほとんどのコメ農家は廃業となるしかないでしょう  
最近流行りの「高級ブランド米で対抗する」というアイデアも 
浅知恵といいますか・・悪あがきのような気がしますしね 
売れないもの 儲からないもの を 必死に作る意味がありませんから 
園芸作物に切り替えればいいことです
コメにこだわる必要がないようなきがしますね
まぁ 米作りの為の機械も土地も何も持たない私は 
コメを作ろうとは思わないですけどね 笑

2014/04/12 (Sat) 22:29 | EDIT | REPLY |   

ももたろう  

NO TITLE

うちは何年前になるんでしょうか?米不足で騒いでいた年から毎年米農家さんから直接1年分買い入れています。値段的には長崎の研修生さんがおっしゃるくらいの値段です。
ですけども十分納得する物を分けていただいていると思うし何より作っている人の顔が見えます。信頼を買ってると思えば高いとも思いませんね。

2014/04/13 (Sun) 05:22 | EDIT | REPLY |   

マルコ  

コメには将来がない

いつも楽しくよませていただいています。
コメには将来はないと思います。
どんぶりでコメを食べている人はほとんどいないでしょう。
コメはいまや弁当でも一角を占めるだけの存在です。
消費者は安く買うことができても、もうコメには戻りません。
気の毒ですが、これが現実です。

2014/04/15 (Tue) 10:41 | EDIT | REPLY |   

dremu  

NO TITLE

日本の米は 守らないといけない
自分はコメ農家は 公務員にすればいいと思う
それぐらい日本人の命にかかわる問題
国は米を軽視しすぎる
これからの世界的気候変動で 作物が取れなくなり 輸入ができなくなることが世界的に起きる
その時に 米がなくなって 大変なことになるだろう
食べ物を軽視してきたつけは 米だけでなく野菜や 畜産にも及ぶ
これから5年間 覚悟するしかないかな
農家は自分が食べる分つくれるから 心配ない
最後は農家が笑うときが きっとくる

2014/04/22 (Tue) 21:08 | EDIT | REPLY |   

マルコ  

だからこそ貿易はある

コメだけは・・・の議論はもうやめたほうがよい。
これだけ世界は開かれているのだから。
コメは連作障害もないし、どこでも栽培できる
作物である。
コメを神聖視するな。単なるひとつのコモデテ
ィーにしかすぎなものである。
自民党は日本の田舎の水田を守ろのではなく、
票田としてきただけであり、そのシンボルとして
のコメ、であった。
需給関係を全く無視した米価つりあげで、消費者
にいままでどれだけの犠牲を強いてきたか。
コメは1キロで100円に落ち着いてくれればよい。
ブランド米など時代錯誤もいいところである。



2014/04/23 (Wed) 09:58 | EDIT | REPLY |   

マルコ  

NO TITLE

農家は税金をはらっていない。
きっちりと自営業者や農家の所得を捕捉
して税金を払わせれば、消費税を上げる
こともなかっただろう。
いまの自民党は医師会やJAなどの利権
団体にはとことん弱いのではないか。
サラリーマンを定年間際まで続けてきた
自分にはいまの税金の取り方はおかし
くてしかたがない。
裕福な農家・自営業者、これに対して
源泉徴収で100%捕捉されているサラ
リーマンの労苦をどう見るかである。
農家よきちんと税金を払え!

2014/04/23 (Wed) 10:13 | EDIT | REPLY |   

ぽーろ  

偏見

農家は税金を払ってない?そんなわけないでしょ。会計事務所に頼んでやってもらってるのも当たり前。消費税が上がるのを農家のせいにしないでよ。
こういうのが農家に対する偏見を呼ぶ・・・。

2014/04/23 (Wed) 12:56 | EDIT | REPLY |   

長崎の研修生  

NO TITLE

片手間で作れるコメは ほとんどの農家さんにとって
「補完作物」となっているのではないでしょうか
「田んぼを持っている」「機械をもっている」「片手間でつくれる」
この三拍子が揃ってはじめて
「コメをつくる意義」が生まれるのではないかとおもいます
「まったく儲からない」「赤字にしかならない」のだとすれば 
さすがに作ることはないでしょう。 
「どうやればコメで儲かる?」農家さんにとって
それは「愚問」なのかもしれません 
なぜなら そもそもコメは試行錯誤して
儲かる方法を探すほどの作物ではないからです 
コメは「基幹作物の合間に作る補完作物」でしかないのです
自分たちが食べるお米であっても買ったほうが安いなら 
農家さんは作らないでしょう
儲からない 儲からない 言いながらも 
それでも作っている農家さんは
案外「そこそこ儲かっている」のが現状だとは思います
「儲からなくなったら? やめりゃあいいじゃん!」
が多くの農家さんの本音のようなきがします   

2014/04/24 (Thu) 22:12 | EDIT | REPLY |   

Post a comment