新規就農のススメ

新規就農をして、感じたこと、思ったことを、趣味や愚痴とともに好き勝手に書いていくブログです。これを見て、農業を始める人に、少しでも参考になればと考えています。

カボチャ、イモ類は露地野菜農家を救う?

今年度もあと僅かになりましたが、今年はカボチャとイモ類が売れに売れています。今挙げた作物は農家の間では売れない野菜の代名詞みたいなモンです。が、私の場合では主力品目に追いつきそうなぐらいによく売れます。特にカボチャは真夏から真冬~年明け3月ぐらいまでコンスタントに売れます。真夏は普通のほっこりカボチャ、冬にかけては皮が白い伯爵カボチャです。4分の1カットで250円、つまり1個1000円になります。

桜らいん

1000円で売れるということは、下手なスイカ、メロンよりも遥かに高値です。しかもスイカよりも栽培は超絶容易。マルチして直播きするだけ。鳥避けも、剪定、摘果もなんもいらない。ただ蒔くだけ。種代も激安。う~ん、この作物はたまらんですな。今年は10aぐらい植え付けたけど、来年は倍でもいいかな。それでもカボチャは真夏ならともかくこの季節は、お店にほとんど並びません。あったとしても、ニュージーランド産とか、メキシコ産、最近だとトンガ産とかいうどこソレ?の産地のもありました。つーか、カボチャぐらい自国のを使おうよ。そんなに生産量が足らんのかしら。国産のだとそこまで卸価格も悪くないんですがね。外食産業は偽装問題もあったので、国産のをすんごい欲しがってますがね。なんとかの一つ覚えの、ハウスや、米よりも全然楽だし、儲かると思うんですが、どうでしょう。
 次にはイモです。イモと言ったら、イモ全般です。ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、大和芋。まあ、大和芋は作っていませんが、あとはすべからくよく売れます。ジャガイモもサツマイモも来年は作付2倍~3倍ですね。イモ類は種代も要らないし、基本蒔きっぱなしで、ちょいと土寄せをしてやれば、収穫時期まで放置です。ジャガイモは肥料を適量に、里芋も同じぐらい、サツマイモは土寄せも、肥料もなし。植え付けてる品種はジャガイモはアンデスレッド、デジマ、男爵。里芋は・・・、良く分かりません。サツマイモは紅あずま、金時、安納芋ですかね。卸価格は、ジャガイモが400gで300円、サツマイモが750gで300円、里芋が500gで400円ぐらいかな。どれもよく売れます。イモ類は家庭にとって、常備野菜なので、常に欲しがられます。特にジャガイモは2毛作できるので、収量もドカンと倍、にはなりません。秋作は収量が結構落ちますし、植えられる品種も限られますので。それでも、年に2回植えつけられるのは、かなりの強みですな。保存がきくのもいいですね。唯一の欠点は掘るのがすんごい面倒臭いことかな。これがなけれ完璧超人なんですが。
 ということで、カボチャ、イモ類は露地農家にとってはたまらない存在になります。皆さんもぜひ増産を検討してください。いや、ホントお薦めです。水田からの転作も容易だし、来年TPPと、減反廃止ということもあるので、ぜひお試しください!
スポンサーサイト

コメント

いい値段で販売されてますね!参考になります。

今年育ててみたのですが雑草との勝負に負けました・・・(涙)
蔓もめっちゃくちゃで狭いところでは話にならないと感じました。

そんなに多くの量がそれもそんな高い価格で売れるか?と思って
ブログ読んでいたら千葉県だね。
都市近郊だとあり得る価格だけど田舎だとまずその価格無理です。
田舎だとスーパーでその半額で売られています。
道の駅の直売所なら少しはいい値だけど普通の直売所だと
確実にスーパーの価格より安いです。
ブログ主さんは直売所で商売の成り立ちやすい雪も少ない
恵まれた場所で農業されているんだなって思いました。

Re: タイトルなし

>こんさん。
いや、直売所で私は販売していないんですが・・・。
どういう所で恵まれているかどうかは分かりませんが、どこの場所で農業やるかはその人次第です。場所が恵まれてるから農業が成り立つ。そんな簡単なモンじゃあ無いと思いますがね。

⑧番外編・参之介が薦める直売所で売れる野菜をみてそう答えただけですよw
それ嘘なの?

まぁーそんなのはどうでもいいが成り立つかどうかではなくて
やはり大量消費される都市の近郊、そして雪が少ないというのは
かなり恵まれていますよ。
市場だって近くにあるでしょ。
田舎だと市場まで行くのに片道一時間っていう事もざらにあるのです。
つまりその分物流コストもかかるそのわりに都市部と比べて安いし、、、
だからといって近くで売るとしても客がいないw
直売所の客も多くが兼業や家庭菜園で物物交換している人達w

だから田舎の農家は少しでも高く売れるようにJAのいいなりで産地野菜
作る事になるんだと思うけどね。
まぁーそんな場所放り出して都市近郊で農業すればいいんだけどそれは
それでいろいろデメリットもあるしね。
近所からのクレームとか多そうだけどね。(ウチでも多いからもっと多そう)
だからそんな簡単なわけないのはわかっていますよ。
ただ、市場の相場も都市近郊の方が高めだって事を分かった方がいいと思います。
はっきり言って関東方面の市場の相場見ればかなりうらやましいですよ。
だから野菜が高いっていう報道で関東のスーパーの価格見ると驚くしね。
まぁー人件費や地代の差だとは思いますけどね。

ちなみに一昨年はご近所のかぼちゃとスイカ専業農家、
かぼちゃの卸価格暴落でかなり金策に苦しんでおられました。
かぼちゃが川に大量に捨てられた話もニュースになってましたしね。
去年は価格は良かったんだけど台風で駄目になって売れる物が
少ないって言っておられました。
だからカボチャはいいというのも市場に頼っているようでは
断定出来ませんね。
やっぱり農産物は博打ですね。

ただ、無い物ねだっても仕方がないので地域にあった農業するだけでしょうね。

かぼちゃ 面白そうですね

たいへん参考になります

それに共感できます
わたしは 主さんの姿勢が素晴らしいと思うのです
地域や環境が違えば 結果も違ってくるのはあたりまえですが
(私の地域では 露地栽培の芋類は イノシシという強敵がいますから困難ですが・・笑) 
試してみる価値はあるかも と思いました 
作物が 農業をする者にとって「おいしい」といえるのは 「値段」だけではありません 「経費」や 栽培や出荷にかかる「手間」や「収量(収穫期間)」「需要」等の バランスだとおもうのです そういった観点を持った品目選びというのが 大事だと 
私も思っています

ジャガイモが400gで300円とかどこの高級飲食店に卸してるの?
栽培してる品種も別に付加価値のある品種ではないし、いくら近郊農業でもありえなくないか?

ジャガイモとサツマイモが逆なんじゃね?
それでも十分高級だけど

高知でもサツマイモ、サトイモは無いか?と聞かれますね。
うちではちょうどお米とお茶がひと段落つくかつかないかの収穫になるので秋から冬にかけての主な収入源です。
サツマイモなんかは芋餡にしたいという事で直接卸すようになりました。見た目に気を遣わなくていい加工品はありがたいです。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ