農地の選び方

2013.11.05(18:32)

新規就農の方も、新たに農地を拡大したい現業農家の方も、まずは経営の基盤中の基盤の農地が無いことにはなんも始まりません。畑地あってこその農業ですので。しかし、農地と言っても色々な農地があります。日当たり、土質、近隣情報、などそれこそ普通の不動産情報並みに多種多様です。ポッと出の新規就農の方など農地がなかなか借りられないので、胡散臭い、大外れの農地に手を出してしまう事も、多々あります。というか私が思いっきりそうでしたしね・・・。いやあ、あんまりにも農地を借りられないから、貸してくれるというだけで、嬉しくて飛びついちゃうんですよね、これが。 んで、いざ耕してみたら、日当たり悪いわ、産廃の瓦礫は入ってるわ、土地の相続はめちゃくちゃだわの、地雷農地どころか、地獄農地でしたね。そこの地主もなかなかに脳に何か飼っているだろうという、剛の方。合わせて数え役満じゃん。そういう経験がありすぎましたから、今は新たな農地の斡旋や、探す時にはほぼ失敗が無くなってきました。
 さあどこかのツテか、なんかで、農地を借りられそう、購入できそうになりました。そこで前述した通りすぐに飛びついてはいけません。まずは確かめることがいっぱいあります。

①農地の場所
自分の家から近いのが一番ですが、最低車でも15~30分程度の場所にしましょう。それ以上だと車のガソリン代もバカになりませんし、なにより遠すぎて通うだけで凄い面倒臭いです。

②農地の条件
日当たり、土質をしっかり見ましょう。特に日当たりは作物を作るうえで、絶対必要条件です。回りが林や山で囲われている場合は、要注意です。そん時必要になるのが方位磁石です。これがあれば日の出の向きが分かります。腐る物では無いので、そこそこ重宝しますから安いのを1個買っておきましょう。土質は砂地とか粘土質とか色々ありますが、とりあえず変な瓦礫が入っていない通常の畑を選びましょう。元宅地とかうんこ級にダメダメです。スコップを1本持っていくとOKです。雨の日も見に行きましょう。ちょっと強い雨が降るだけで、水が大量に溜まるのは、水捌けが悪い証拠です。川の側も止めましょう。氾濫したら作物も、ハウスも自分の命もパーです。崖下も同様です。山や林が近いと、野生の動物の餌場になります。猪や、熊クラスは何をしても止められません(大山倍達でも)。要注意です。竹林が隣にあるところも最悪です。竹は敷地関係なく侵入してきます。作物との相性も最悪なので、これまた要注意です。

③車や、農機具が入りやすいかどうか
畑の状態がまともでも、そこの場所に入る方法が徒歩のみとか、車を乗り入れるスペースがあるかどうか、農道が舗装されているかどうかです。もし舗装されていないと、雨の日とかかなりキッツイです。車が普通うにスタックしたりします。農道が狭かったりすると、何かにつけて不便です。

④回りの状態
回りに宅地があると、ちょっと野焼きをしたり、農薬を使ったり、草刈機を動かすだけでクレームの的になります。借りる前に、ちょこっと聞き込みをしておくと、いいかもしれません。妙なモンスター近隣住民がいるかもしれませんし。回りにあんまりにも酷い休耕田が多いと、そこの農地は微妙かもしれません。回りがそんだけ放棄するのは何か致命的な、問題があるかもしれませんので。逆に農地を増やしやすいというメリットもありますが。産廃業者の産廃置き場の近場も止めましょう。自分の畑に産廃汁が流れ込んできて、畑がオシャカになる可能性があります。文句を言おうにも、その業者は既にトンズラしていて、泣き寝入りの場合もあります。

⑤農地の相続状態
農地の状態が最高でも、相続してなかったり、抵当に入ってたりすると、農業委員会に通せないどころか、追い出される原因にもなります。農業委員会に通さないと、闇小作に該当し、補助金や、税金面で結構不利になりますから、なるべく通しましょう。畑の地番さえ分かれば、法務局で登記簿謄本が取れますので、できたら確認しましょう。騙されないように。もしも農業委員会に通さなくても、最低個人契約はしましょう。口約束は絶対ダメです。


 農地の選び方はこんなもんでしょうか。新規就農の方は、コレを読んで少しでもまともな農地で、農業が始められるようにぜひ参考にして下さい。とにかく良い農地は農家は貸したがりません。良い場所は、宅地にしやすいし、なんか惜しい気がするからです。それでも下手な所に手を出して、痛い目を見るより、入念に選んでそのまま5年、10年と農業が安心してできたほうが、一番無駄が無いです。私たちのような、右も左も分からない新規就農者は農家にとってネギカモです。分からないことをいい事に、あの手この手で騙そうと手ぐすね引いて待ち構えています。騙されない精神力と明確な意思をしっかり持ちましょう。まあ、こういう農地斡旋とかは、本当は行政がやらなければならないんですがね。
 次は目当ての農地が見つかってから何をするかです。

 





スポンサーサイト

コメント
はじめまして。
いつも興味深く拝見させて頂いております。

以前から仄かに農業をやりたい熱を持っていまして
4,5年前に借用農地について調べましたらハードルが高そうだったので諦めたのですが
先日こちらのブログに辿り着いたことをきっかけに
農地を借りることが出来るか役所に相談に行ってきました。

貸せる単位が五反からと新規にはデカすぎるのでJAに行けといわれ、
行った先で後日JAと振興センターの人に囲まれ
若い(30前です)、ハウスがないとムリ、10,20aの土地にトラクターを買わないなどありえないなど
何故かハウス、トラクター諸々で二千万位借金する前提で話が進み
就農相談の前からネガティブなことばかりを言われ、
まるでこのブログで書かれた内容をなぞるような展開にイラっとしましたw

最初から露地専門と言ってるのに、ハウスハウスと呪文のように言われるので、
「ここの地域では露地農家はいないのか?」という質問したところ
「皆ハウスで露地なんかじゃ生活出来ない、ハウスなら早だしで儲かる」という答え。
てっぺんから爪先まで絶対ハウス主義でハウス以外は希望が持てないよプププと一点張りで
最後には農業をやめたほうがよいと言われました。
これでまたイラッとしましたw

研修しようにも露地で、まして有機など近場に経営者がいない始末でして困ったなと・・
補助金も新規開始型なのに地域の中心となれるような作物づくり、
未経験お断りな事業計画と正直身内に農家でもいないとムリだろうと思いました。
たとえ一年研修した後に建てる計画など綿密に書いたところで
まず計画通りいくわけないと思うんですが・・実地で一年経営したあとならともかく。大いなる疑問です。

あとこちらの地域では研修は無給だそうでJAの方曰く、
教える方には邪魔にしかならないからだと、こういうことでした。

仕方ないので未経験でも補助金を活用するため、最初の一年を自力で経営し
そのあとの四年間は計画書を出し補助金を受け取ろうと考えています。
トラック、耕耘機で100万は飛ぶので今はその資金を貯めの最中です。
なるべくお金と手間をかけない参之助さんの経営スタイルは私の目指す処です。
以前オススメされていた本も買いました。なかなか良い本で、もっと色んなことが
知りたくなりました。オススメありましたらまた教えてください。

今回の記事もとても参考になりました。
これから始めようとする自分には知りようもないことばかりなので
いつも勉強させて貰っています。

これからもブログ応援しております。
【2013/11/07 19:55】 | 不毛の大地 #- | [edit]
参之介さん、農地選びは私も苦労しました。
付けくわえるなら、水の確保ですかねぇ。
水利権や地下水を掘っていいか等、、、。
周りが田んぼだと水の管理がややこしかったり、こっちは田んぼはしていないのに。。。

私はハウスでイチゴ栽培です。
参之介さんはえらい嫌っているようですが、
地方によってはハウスが向いている所もあります。まぁ、お互い儲かって楽して楽しんでいるという事で無駄な論議は避けたいですね
(笑)。でもハウス万歳論者?とかって頭ごなしにはやっていない人に言われたくないかなぁ。

蛇足ながら不毛の大地さんへ

<<トラック、耕耘機で100万は飛ぶので今はその資金を貯めの最中です。

4、5年前から農業に興味を少なくとも持って100万の資金も無い時点で止めといた
方が良いです。ここのブログの管理人が、
パッと始めていきなり金と手間を掛けていない分けが無いでしょう。色々な試行錯誤をされての事だと思います。
補助金?も給付金の事を言っているかも知れませんが、勉強が足りなさすぎかと。

あとは、貴方が何県で就農するつもりか知りませんが、露地に適しているのかどうかを、
見極めないと。有機と書いてありますが、
周りに農家がいれば嫌われて出来ないと思っておいて間違いないです。基本害虫だらけ
ですから。
JAが言うように計画書を自分のやりたいような計画書として一度自分用に作ってみれば良いかと思います。
露地でやるとして、何人でするのかいくら利益があれば自分の生活スタイルが確保出来るのか、その為に何を作り、どれだけの面積がいるのか。またその作物がその土地に合っているのか。販路は?せめてその位の計画が無いとJAや振興局もせっかく時間を取ってくれているのに、結局貴方は、その時点で見限られわざと貴方が嫌がる事をJAの担当者は
言ったのだと思います。要は農業は甘くないから門前払いという事です。
まぁ、ハウスで借金(JAから)して言う事聞いてJA部会に入り指導してもらってやっていくなら、一番近道かもしれませんよ。
私はお勧めしませんが。。。
関係無い私が偉そうに申し訳ありません。

参之介さん、長文申し訳有りませんでした。
こずかい稼ぎに空いたスペースで露地野菜
作っているもので、ちょっと拝見してました。
コメントされた方に関係の無い私がごちゃごちゃと本当に失礼致しました。

【2013/11/07 22:26】 | 農 #- | [edit]
>>農さん

そうですね。言われるとおりだと思われます。
儲かるなら悪いと思いませんし、JAの方が言われたように
私のことを思って言ってくれてるような節もありましたので
その人自身をなんら悪くは思っていません。
気分を害されたのならすみません。
農地を借りることができるか確認しにいっただけなのですが
いろいろ親身に話を聞いていただけました。
資金は今から貯めるので、すぐには始められません。

いちごを作っておられるのですか。
おいしい作物を作られる方を私は尊敬しています。
偉そうだなんてとんでもありません!
大変貴重なアドバイスありがとうございました。
今知識だけでもと思い色々読んではいるのですが、
何分実践がないもので不勉強を恥ずかしく思います。

以前計画は自分で立ててみたのですが、過去のデータの全国平均でして
自分の地域がありませんでしたので、あまり参考にならなかったのです。
JAの方に何を作りたいかは言いました。販路のことも言われました。
うちの県は有機を推進しているのに、自分たちはそういった努力をしてないことを
目の前で言われたので、きっと有機をやりたい自分は異物として認識されたのも
あるのかもしれません。色々ありがとうございました。

管理人様、またしても長文申し訳ありませんでした。
もし私のコメントが荒れる原因になるようでしたら削除お願いいたします。
【2013/11/08 23:14】 | 不毛の大地 #- | [edit]
これから就農される方々に…

農地&農機具(トラクター、田植機、コンバイン、管理機、動噴、エンジン付便利カー等)をセットで貸してくれる元農家さんも中にはいます。(しかも全て無償で)
日本の農業者は高齢化が深刻で、今後10年でバケツの底が抜けたように担い手が少なくなると言われていますが、それは農地も農機具もこれから余ってくるって事です。(中古品が東南アジアに流れてるみたいですが、全体的にはまだ一部のことかと)

ただ、待っててもそんな美味しい情報は転がり込んで来ませんから、先ずは行動を起こした方が良いでしょう。
具体的にはハローワーク等で農業生産法人の求人を探してみるとか…(これなら勉強しながら給料が貰えます)
とにかく、農業の現場に入らないと生の情報は入ってきません。

自分は原発事故がキッカケで農業を始めた元サラリーマンです。
今は1町3反ほど(全て露地)を借りてやってます。農業委員会を通してる土地や通してない土地、中にはとんでも農地もありますw。
初期投資は出来る限り抑えていますが、それでも生産原価として肥料代、苗代、農薬代などが1反につき10万は確実に必要になってくるので、お金は貯めておいた方が良いでしょうね。

いろんな反対意見もあると思いますが、基本的に農の世界はウェルカムです。(※実感としてあります!)
しかし、農業は職人技でありノウハウの無い素人では絶対に失敗します。反対意見はそういう理由で、やはり新規の方を思ってのことでは?。

僕個人としては、あまり考えすぎず「なるようになるや~♪」と日々の管理作業を楽しんでいます。

コメントに対するコメントになってしまいましたが、参之介さんのブログいつも楽しみにしています。
【2013/11/09 23:08】 | トラ男 #- | [edit]
はじめまして、滋賀県人 34歳の工場労者です。
参之介さんのブログを1年ほど前に知り、拝見させていただいてます。

初めてのコメントで、厚かましい事とは存じますが、新規就農をめざす方にも読んでもらえたら良いなと思いコメントさせて頂きますます。

過去に認定農業者になり挫折したけど、今は大規模家庭菜園で直売所出荷を行い、サラリーマンをしている僕の経験を語らせて下さい。

農地を確保する前に、プランターや自宅の庭で、野菜や花を育てましょう(家庭菜園とも言う)
ただ、栽培管理記録、肥料、農薬の効果の確認を行いましょう。(同じ野菜を同時に栽培し、無農薬区、地域の慣行栽培区に分ける)

そうすると、成長する野菜たちを見てさらにやる気や妄想が膨らんできます。

しかし、桜の花が散る頃には、野菜たちの無残な姿と、薬品の必要性について葛藤の日々が始まるでしょう。

そこで自分が栽培している物は何か?自家用の食料なのか?商品(製品)なのか?
よく考えて、栽培方針を固めてしまうことをお勧めします。

このような事をやりながら、仕事や家族サービスの隙間で(休む間は無い)、家庭菜園をされている方や、直売所に出荷している生産者で気の合いそうな方を見つけたら、何回か会話を交わしてから(不審者から知り合いレベルにUP)、畑の様子や野菜を褒めて、自分の夢を語り、手伝い(修行)させて頂きましょう(できるだけ、いろんな作業を1年ぐらい)。

信用してもらえる(夢が本気なのか)ようになったら、畑の片隅を借りられたりします。

ここまでできたら、会社勤めをしながらプチ農業を行い、子供が独立するか自分が定年になったら、本格的にはじめたら良いと思います。

長々と書かせていただきましたが、どんな仕事でも信用が一番だとおもいます。
【2013/11/10 00:00】 | 田舎の長男 #- | [edit]
>不毛の大地さん
なんか私のいない間に色々書き込みがあったみたいで、喜ばしい事です。このブログは閲覧数が大したことが無いので荒れる心配はたぶんありません。

私的な意見ですが、とにかく借金は絶対ダメです。ハウスかなんかで借金をしたら、JA奴隷の出来上がりです。気をつけましょう。研修もぶっちゃけ必要ありません。よほどまともな研修所に行かない限り、ひたすら草刈、雑草取りしかやらされません。ていのいい人足扱いです。失敗しまくりながら専門書片手にやったほうがかなり近道なハズです。苦労するなら自分のためだけにしましょう。
 補助金関係は貰えるもんはガッツリ貰いましょう。地方公務員の給料に比べたら、私たちが貰える補助金など屁みたいなもんです。計画書は綿密に書く必要は1ミリもありません。やっていく状況や環境で、そういうのはガラガラ変わるもんなので、振興センターとかに聞いて、ウケのいい計画書を書きましょう。計画書を書いてもその通りに進む必要は全くありません。あくまで、計画書にしか過ぎません。
 全ての意見を鵜呑みしないで、疑って掛かりましょう。新規就農者は地方の人から見たら、鴨がネギ担いで、土鍋とカセットコンロ持って近づいて来るようなもんなので、要注意です。
【2013/11/13 16:49】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
トマトの残骸なんかは燃やすようですが、病気が残らないようにですか?それとも冬を越しても枯れ木が残るからでしょうか?
トラクターがあれば耕してしまって問題ないでしょうか?教えてください。
【2013/11/13 17:25】 | ショーン #- | [edit]
>ショーンさん
燃やすのは単純に邪魔だからです。真冬になるとカラッカラになるので、その時に燃やします。すんごい燃えるので、燃やし尽くすのに10分とかかりません。
トラクターで鋤込めるぐらいなら、鋤こんでいいのかな?あんまり青々してる状態だと、病気以前に土に良くないでしょうけど。
【2013/11/17 18:17】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/274-ecf89a85