新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

極美味な、野菜を作る。

最近、消費増税も予想通り決まり、TPPもかなりヤバイところまで決まりそうで、日本の未来がなかなかにお先真っ暗になってきました。農業界も例外でなくというか、TPP云々の前に、既に崩壊してますが、それでも数少ない残存勢力の農家はあわてています。これから消費が確実に落ち、物価の上昇が避けられない今、農家として生き残るのはどうしたらいいか、ですな。一つの道としては政府の言うとおりに、規模拡大し、一つ一つの農家が大農家になり、海外の生産物に量と安さで対抗するか。それとも、そこそこの規模で作物単位の品質、主に味の方で勝負していくかですね。
まあ、もろちんで私は後者なんですが。いや、だって海外に比べて圧倒的に少ない耕作面積で値段と量で対抗するなんて、愚の骨頂ですからね。市場やJAに卸すなら今まで通り、形と量にこだわればそれでいいでしょう。しかし、私のような新規就農者は、ソレでは絶対に食えません。というか、生活できません。じゃあ、通販なら?という質問をよくされますが、それも苦しいでしょう。野菜直販は現在ちょこっと流行っていますが、売上は微妙です。ああいうのは集荷して卸しているだけの企業は儲かっているでしょうが、生産者はそうでもありません。逆に過剰な納品量を求められ、離脱している農家さんも少なくありません。個人直販も同様です。その面倒臭い通信販売から、止めている農家さんは結構います。
 そこで、これからは表題の通りに極美味な作物を作ることです。コメでも、果物でも、野菜でもです。そこらのパープータレントが「あま~い」とかほざくような作物でなく、一流の料理人や卸問屋が唸るような作物を栽培しなくてはダメです。それには、無農薬だから有機だから美味い、のではなく。純粋に単純に、そのモノを食べて美味いかどうかです。そこには慣行農法だろうが、有機だろうが関係ありません。とにもかくにも美味い作物です。糖度のみの単純な味ではダメです。複合的な味です。私も農家の端くれなので、あらゆる農家さんの作物を食べてきました。が、本当に美・味・ェと感じたのはほんの数件です。その中には有機農家さんもいましたが、あんまし美味しくありませんでした。最近自然農法とかが流行ってますが、どうなんでしょうかね?どうにも肥料分が足りない気がするんですがね。動物堆肥を使わないとなると、猛烈な量の腐葉土とかが必要になるけど、そこらへんどうしてるのかな。ちょいと前にその自然農法の作物を食べましたが、あんまし言いたくありせんが、不味かったですな。
 作物を極美味にするということは、そう単純なことではありません。農法はもちろんですが、品種や種にもこだわらなければいけません。私は在来種を少々使いますが、全てが在来種がいいわけでもありません。代表的なのがトウモロコシです。今年度種代が安く済むと思って、在来種のモロコシを作付したんですが、これが不味いのなんの。味は飼料用に近い感じですな。こりゃあダメだと思いました。大根も結構そうです。ダテに種苗会社が、品種改良を重ねてきたわけではない、というわけですな。
 味も、量も揃えば、農家としては免許皆伝クラスです。そこまでたどり着くには、最低10年必要でしょうが・・・。それには毎年のんべんだらりと惰性で作物を作付するのでなく、アンテナをビンビンに張って、何が売れるのか、どうしたらこの作物が美味くなるのか、毎季節ごとに熟考しましょう。これからのこの国の不景気レベル半端無いです。あのアメリカもデフォルトしそうですし、その余波ときたら・・・、想像したくありませんな。
スポンサーサイト

12 Comments

シン  

はじめまして。 

来年の春に十数年の間休耕地だった所で新規就農をするものですが、一年目からおいしくて売れる野菜を作りたいのです。

そこで、土作りのために来月から春までに堆肥を何回か撒こうと考えてますが・・・この方法が最善なのかわかりません。
よかったら今の時期からできるおススメな事を教えてください。 
宜しくお願いします。

2013/10/10 (Thu) 12:36 | EDIT | REPLY |   

ショーン  

とうもろこしは、最近の品種は甘すぎて虫にやられやすいと聞いたので在来種を考えたんですが、やめたほうがよさそうですね…無農薬で作れれば高く売れると思うのですが

2013/10/10 (Thu) 20:09 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: タイトルなし

>シンさん。
だらだら書くのは症に合わないので、ズバリいいますが。十数年休耕田だった田畑は1年目では、ほとんどろくな作物は作れません。土中のあらゆる微生物が不足していますので、化学肥料を使っても1年目では難しいでしょう。休耕田スタートだと最速で土を肥やすのに3年かかります。それでも完全な土には程遠いです。やはり5年近くかかるでしょう。その5年間の間に堆肥を撒き続け、作物を植え続けなくてはなりません。
 よく勘違いするのが、土を良くするために堆肥だけ撒いておけばいいと、考える人がいますが、ちゃんと作物を作付しましょう。堆肥を撒いて尚且つ、作物を植えることによって、土壌の微生物が活発化しやすくなります。なので、今からでも、堆肥をドカドカ撒いて作物を植え付けましょう。そうしないと、1年がもったいないです。

2013/10/11 (Fri) 18:15 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: タイトルなし

>ショーンさん
いやマジで止めといた方がいいです。なんでトウモロコシの在来種が廃れたのがよく分かります。まあ加工品とかにするならいいんでしょうがね。

2013/10/11 (Fri) 18:17 | EDIT | REPLY |   

Ryugon  

初めまして、家庭菜園の分際ですが参考になる記事が多くいつも更新楽しみにしています。
今年の枝豆は参之介さんに習い固定種を購入し作付けしたところ美味しい実が鈴生りに出来て家族やお裾分けした知人みんな大喜びでした。品種はちょっと黒豆のたんくろうという枝豆でした。そしてそら豆もこちらで勉強させて頂き今から播種時期が待ち遠しい限りです。トウモロコシの話ですが参之介さんはアワノメイガ対策等どうされてますか?
今まで作付けした中でトウモロコシだけは未だに上手く出来ないでいます。

2013/10/11 (Fri) 19:15 | EDIT | REPLY |   

シン  

返信ありがとうございました。

やっぱり畑の生態系が戻るにはそれなりに時間がかかるんですね・・・

参之助さんを参考にしながら頑張ります。
返信ありがとうございました。

2013/10/12 (Sat) 12:10 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: タイトルなし

>Ryugonさん
トウモロコシはキャベツなんかと一緒で、農薬前提に品種が開発されてます。なので、トウモロコシはどう対策しても虫が入ります。私も書物を読みあさり色んな対策を模索しましたが、どうやっても無農薬での害虫の完全防除は無理でした。私はトウモロコシは販売用に作付してません。自家用にちいちゃい小袋種、1袋しかやりません。基本撒きっぱなし、虫、獣にやられ放題です。それでもまあ、60~70%ぐらいは収穫できますから、自家用では充分です。

2013/10/15 (Tue) 18:19 | EDIT | REPLY |   

Ryugon  

なる程品種改良の仕方、目的に違いがある訳ですね!
来年無駄な努力と時間の浪費をしなくてすみそうです(^^)
ご回答ありがとうございました。

2013/10/18 (Fri) 16:31 | EDIT | REPLY |   

ショーン  

参之介さんの作付している作物でこれは美味い、といえるものはなにがありますか?

2013/10/18 (Fri) 18:34 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: タイトルなし

>ショーンさん。
不味いものは植え付けませんし、販売しません。試しで植えるものは何個かありますが、ソレをいきなり販売するということはしません。自分で味見して、回りの評判を聞いた上で、判断します。ということで、私が販売する物は全て美味いと、考えています。

2013/10/21 (Mon) 18:02 | EDIT | REPLY |   

ドンヌ  

はじめまして

はじめまして。ブログ楽しく拝見させていただきました。私は、実家が農業を営んでおり来年あたりから新規就農しようかと考えている者です。ですから、このブログ大変参考にさせて頂いております。

私は、著者のいつかの記事を拝見し同じ思いを描いておりました。

私の住まいは、九州にあり気候も良く農業にはもってこいの場所だと思っております。

作る作物は、切花(花卉)をメインにやろうと思います。ハウス栽培です。

今、実家では年商1,200万(税込)ほどあります。私が就農し、規模拡大・労働力の増強を行い年商2,000万を目標にやりたいと思っています。

新規就農補助金の方も、行政と協議しまして経営開始型として受給できそうです。

こんな私に、何かアドバイスがあれば御教授下さい。

2013/10/31 (Thu) 14:22 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: はじめまして

>ドンヌさん。
農家を継がれるのは喜ばしい事です。
そこまでしっかりした考えがあるならば、私からのアドバイスは何もありません。というか、私がアドバイスを貰った方がいいかもしれません。
頑張って下さい。応援してます。

2013/11/06 (Wed) 18:26 | EDIT | REPLY |   

Post a comment