新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

俺のそら豆がこんなに豊作なハズが無い

やっとこさ、空豆の収穫ピークが終わりまして、色んな作業が一段落し始めましたが、今度は草の伸びがMAXになるのであんまりゆっくりはできませんな。それにしても今年はそら豆を作付してきた中でも、最大の採れ年でして。一番手を抜いて育てた年なのに、何故か収穫量が最強という、この理不尽?さ。なにせ種は去年のを種取りしたヤツ。しかも畑に直播き、雑草取り無し、土寄せなし、剪定、摘心無し。それでも大粒なのががっしり、上から下まで着きました。ウチだけ豊作なハズはないと思い、近隣の農家さんに話を聞いたら、なんとビックリで、近年稀に見るほどの大不作だそうです。
そういや、いつもだったらスーパーのチラシにそら豆が投げ売りしているはずなのに、そんな内容は1ミリも書いていない!載ってるのは、キャベツが1個50円とか、キュウリが5~6本で100円とか、トマトが1箱20数個入りで600円とかの、ハウス泣かせ野菜ばっかりじゃないか。それではということで、実際スーパーや直売所に見に行きましたが、確かにありません。あっても500gで600円という、私が東京で売っているより遥かに高い金額で出品されていました。地元のスーパーでこの価格。今年は本当に不作なんですなあ。まあそのおかげというか、私のそら豆は売れに、売れました。もうそれこそ収穫がおっつかないぐらい。もうアレかな空豆専業農家になろうかしら。
 年々そら豆はの生産量は全国的に落ちに落ちています。そして、生産農家の減少もソレに拍車をかけています。そら豆は慣行農法で育成しても、上手くいきにくく、無農薬でやってもアブラムシが大発生して、成功しにくいらしいです。特に今年は寒さが厳しかったらしく、大事な時期に空豆の花が寒さに当たり、花が枯れてしまったのが原因ではないかと、近隣の農家さんが偉そうに語っていました。農家は失敗するとすぐに天候の責任にする。震災クラスとかの天変地異なら分かりますが、寒さでダメって・・・。じゃあその畑から50mも離れていない、ウチの畑ではなんでこんなに大豊作なのかしら?そんなピンポイント爆撃な大寒波があったとでも?確かにウチの畑でもアブラムシは湧きますが、そんな幹を覆うぐらいに大発生はしません。1500本のうち5%ぐらいかな。アブラムシが湧くのは。湧いたトコには、ソレを狙ってか、てんとう虫も大量にいますが。
 しかしながらこんなに楽(収穫以外は)で、費用が全くかからない大換金作物は素晴らしいですな。収益率が90%以上という詐欺クラスの作物。皆さんもモリモリ作って、ガッツリ儲けましょう。そら豆はマジで超お薦めです。いや本当にそら豆様はこの貧乏農業を救って下さります。


※そら豆はトウモロコシのように全国で作れません。南は九州から関東の埼玉、茨木の南部ぐらいまでです。それ以外の北の方はよほど工夫しないと難しいと、思います。
スポンサーサイト

10 Comments

博多っ子純情  

将来について

はじめまして。
いつもブログを楽しみに拝見しています。
参考にさせていただくことも多く、ありがとうございます。

大阪から36歳で福岡に4年前に就農しました。
60aの畑で果菜とミニトマト、かぼちゃ、豆類などをつくっている零細農家です。
福岡を選んだ理由は、消費地に近いこととJAの支配がそれほどでもないことからです。

ハウスは使わなくなったのを解体して、時間はかかりましたが50mを3棟建てました。春~夏ハウスですし、維持費もほとんどかかりません。建てたときのビニール・ネット代と潅水設備くらいです。ハウスは賛成でも反対でもありません。何となく建ててみたかったからです。

本題に入りますが、まだまだ一人前とは言えませんが、妻と2人で今の広さをやるのが精一杯というか、壁にぶち当たっているというか、今後の展望についてなかなか見えてこないところを悩んでいます。

昨年は何とか所得が400万に届くとこまできましたが、(サラリーマンなら夫婦共稼ぎで1人手取り16万ですよネ)経営的にはいろいろなやり方があろうかと思います。

参之助さんは5年後の姿をどの様にえがいておられるでしょうか?

市場とスーパーを中心に販売しています。九州はトマト農家も多く、近県の直売所などは驚く価格で1年中トマトがてんこ盛りです。とてもとても・・・・

参之助さんのご意見を伺えればと思います。

これからもよろしくお願いします。
応援しています。

2013/06/05 (Wed) 11:41 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: 将来について

>博多っ子純情さん。
5年後ですか。まあ、まずは結婚ですね。色んな意味で。博多っ子純情さんはその点で私よりかなりリードしています。
 そして今年度中にNPOの立ち上げですね。商売する上で、何か肩書きがあると非常に便利なので。ああ、胡散臭いヤツではないですよ。そこから何か新規就農の助けになればと。HPも作り、そこで種や、苗を販売したいですね。在来種の種などがかなりあるので。
 あとは耕作面積増やして、販路を拡大してとかですかね。そこまで綿密でに考えていませんね。売れるものはどんどん導入して、売れないものはその逆で。当り前っちゃあ、当たり前ですね。

博多っ子純情さんは所得が400万(スゴイ!!こっちの農家は1家族で働いて所得が200万とかザラです。)もあるならば、地方在住なら暮らすのに不自由しないとおもいますが。ハウスについては、私の意見は既に散々ブログで書いてきたのであえて書きません。あとは、買い叩かれる市場や、微妙な直売所は販路としてそこそこにして、独自の販路を持つべきでは無いでしょうか。つまり個人経営者への直接販売とかですな。それには一定レベル以上の品質と、量を求められますが、ほぼ全量買取なので、販路としては有望です。
農業はサラリーマンと違い、先が不透明で私も心配です。ですがここまで来たからには前に進むしかないでしょう。これからこの国の農業はあらゆる意味で、面白くなりそうですし。

2013/06/06 (Thu) 18:50 | EDIT | REPLY |   

博多っ子純情  

参之助さん。
ご丁寧な返信をいただきました。

参之助さんのご意見を伺っていると、変な意味じゃなく前向きな心の余裕みたいなものを感じました。
わたしにはその心の余裕がなかったと思います。
レベルアップと独自の販路を開拓していきたいと考えます。
ここまで来たからには前に進むしかないですネ。

(近くの規模の大きい農家の自慢話を聞く度に、あーこんな農家に
なりたくないなーと思います。)

またコメントするかもしれません(今度は楽しい話で)
ありがとうございました。

2013/06/07 (Fri) 12:00 | EDIT | REPLY |   

ショーン  

人参

人参は発芽が難しいと思います。雨の前後に播種するのが基本だと思いますが、それでも夏はなかなか発芽しません。
どのようにされているか、教えていただけますか?

2013/06/07 (Fri) 19:04 | EDIT | REPLY |   

マッキー  

スイカの植え幅について

参之助さん。 先日は枝豆についてご回答ありがとうございました。
6月に入り種を蒔いたところ無事発芽しました。やはり参之介さんの言うとおり気温が低く発芽しなかったようです。

スイカの植え付けにあたり1つ伺いたいことがあります。
列間はマルチの幅、株間は70cmくらいとありますが、これは、135cmのマルチに2条植えということでしょうか?
また通路の幅はどのくらいとられていますか?

スイカの栽培にしては幅が狭いかなと思い不安になったので質問させて頂きました。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

2013/06/09 (Sun) 03:02 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: 人参

>ショーンさん
そうですね、人参は発芽さえしてしまえば、80%成功と言われるほど発芽させることがキモになります。なので、発芽に大量の水気が必要となります。露地蒔きなら、潅水設備が整ってる場所に蒔くか、それとも梅雨明けギリギリに狙って蒔くかです。種は従来の種を使うより、値段は少々高めですが、ペレット種子を使用することをお薦めします。ペレット種子はただ値段が高いだけでなく、ソレ用に従来の種子よりも発芽率が高いのを種苗会社が選んでいます。気温が整っていて、水気がそこそこあれば、ほとんど発芽すると思います。お試し下さい。

2013/06/09 (Sun) 18:08 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: スイカの植え幅について

>マッキーさん。
スイカはマルチ一条植えです。マルチの真ん中一直線に植えてきます。マニュアルにはよく列幅5mは開けろという無茶解説もありますが。通路の幅はほぼなくて大丈夫です。但しスイカの直隣に何か植わっているなら、2~3mは話したほうがいいかもしれません。

2013/06/09 (Sun) 18:14 | EDIT | REPLY |   

daojia  

そら豆について

そら豆についてお伺いしたいと思います。

参之介さんのおすすめどおり、今年はそら豆をちょっと多めに作りました。
確かに管理の必要がほとんどなく、楽ですね。
当方、東北地方のため、春播きのハウス育苗で4月に定植し、6月下旬から今くらいまでの収穫になります。
品種は4種類くらい試しましたが、サカタの駒栄が当方の土地と時期に合っているようです。
種まきや品種を変えても収穫が20日間にも満たなく、やはりずらすのが難しいんだと実感しています。
他に、ほとんどつくっている人がいないため、ほぼ独占販売になるのですが、その分、食べる習慣がなく、売れ行きもイマイチで…。
来年も挑戦しますが、そのあたりが課題です。

参之介さんのそら豆は3粒莢の割合はどのくらいになるのでしょうか?また、1粒・2粒莢はどのように販売されているのですか?
内容量や相場などをお教え願えますでしょうか?
ちなみに、わたくしは今年は400gで250円~300円ほどで販売しました

ご返答いただけましたら幸いです。

2013/07/09 (Tue) 23:03 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: そら豆について

>daojiaさん。
私は一粒とか、三粒入りとか関係なく、キロ売りしています。いや袋入れとかがすんごい面倒くさいので、ザルでの計り売りです。なので何粒入り~というのは関係ありません。値段はキロ600円で2キロで1000円にしています。そら豆はかなり簡単で大量に作れるのですが収穫期間が短いのがタマに傷なので、一気呵成に売るようにしてます。そうするとこっちも楽ですし、買う側も安く大量に買えるので、お得です。なので私の顧客は個人も多いですが、飲食関係から、仕入れ屋さんもたくさんいます。個人だけだと限度がありますしね。多い人は100キロ単位で買っていきますので、こちらも願ったりです。

2013/07/12 (Fri) 20:22 | EDIT | REPLY |   

daojia  

返答ありがとうございます。
100キロとはすごいですね!!
ざるでの量り売りということは、直売のみで産直とかには出していないのですね。それだけの量を直売でさばけるのはすばらしいですね。

来年はもっと増産してみようと思います。
ありがとうございました。

2013/07/12 (Fri) 22:25 | EDIT | REPLY |   

Post a comment