新規就農するにあたって

2013.05.27(21:02)

最近「新規就農したいのですが」という質問を、色んなところで聞かれます。私は就農については、若いお仲間が増えるので、大歓迎なのですが、皆さん就農するにあたっての基本的な情報を知らなすぎるのと、私が同じような質問に毎回答えるのが、シンドイので、私なりの「就農する前の心構え」を書きたいと思います。コレを読んでそれでも聞きたいことがある方は、書き込んで下さい。 ①一時の気の迷いで就農を考えない。今の仕事がキツイとか、都会生活に疲れたとか、10万円の田舎暮らしをしたいとか、人生の楽園のような生活を送りたいとかは就農に求めてはダメです。ああいういわゆるステマな情報に踊らされないようにしてください。農業は色んな意味でサラリーマンより辛いです。固定給が貰えるブラック企業のほうがまだマシかもしれません。人間関係もより一層複雑怪奇になります。農業に心の平安を求めてはいけません。

②年齢は若い方が良い。農業はどう取り繕っても、体力仕事です。体力だけでなく強靭な精神力を必要とされます。10年~20年続けていくならなおさら若い方がいいです。具体的な年齢は20~30代前半で就農したほうがいいかもしれません。あと万が一就農に失敗しても、若いウチならイロイロと戻れる事がありますが、年齢が過さむと、ソレがかなりキツくなります。若いと農業の補助金が受けやすいというのもありますが。

③結婚はしている方が良い。農業はめっちゃ孤独です。ただでさえ地方は過疎化が進み、高齢化が尋常じゃないのに、田畑はもっと人がいません。妻帯者じゃないと、1日誰とも話さなかったというのが、ザラにあります。寂しくて精神状態がアカン事になります。なるべく家族がいた方がいいでしょう。ストレスの溜まり具合も全然違います。

④資金はホドホドに。農業を始めるには、最低当座の生活費込みで300~500万は必要です。かといってあんまりあっても困りませんが、ありすぎると危機感が薄れて、成功しにくくなるかな。全く無いというのも困りますが。なにせ、農業は始めて5年間はほぼ無収入ですからね。そのくせ出て行く金額は半端ないというのもまた事実。

⑤農法にこだわりすぎない。巷にはあらゆる農法がありますが、あんまりこだわりすぎないのが、いいかもしれません。将来のためにこだわる姿勢というのは好ましいですが、ソレに囚われすぎると、本末転倒です。自分のやりやすい農法を見つけましょう。

⑥ビニールハウスは建てない。育苗ハウス程度なら構いませんが、ハウス専門は絶対止めましょう。これはこのブログで散々書いていますが、農業で失敗する王道といえば、ハウス農業ですから。

⑦田舎に期待をしない。地方は今までの社会常識が全く通用しない、修羅の国です。心を許すのはなるべく止めましょう。必ず痛い目に遭います。信じるのは自分の家族や近しい人だけにしましょう。自分が外様ということをしっかり理解しましょう。全て挨拶程度の付き合いに留めておきましょう。それが一番無難です。

⑧生産・流通、販売・消費まで考える。農業は生産してハイ終わりというわけにはいきません。農協全盛の頃ならまだしも、生産の後のことをしっかり考えましょう。いくら上手に作れても、ソレが売れなければ現金収入がないわけですから。販売戦略はしっかりと。


以上です。また気づいた点がありましたら、少しづつ書き足していきます。上記を読んでまだ新規就農をしたいというの方がいらっしゃったら、書き込んで下さい。
スポンサーサイト

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/29 00:53】 | # | [edit]
売れる野菜で検索をしてきました。

私は市場の仲卸です。
仲卸という立場から、生産者さんには「申し訳ない」と思うことが多い中、日々勉強中です。

先日、ある雑誌編集者さんから「売れる野菜」について、市場の仲卸という視点・野菜ソムリエという視点からの意見を求められ、文章をまとめているところです。

量販だけではなく、飲食店向け、直売所向け、ネット販売向けなどなど、まさに新規就農者さんまたは新しい作物を作ってみたいという生産者さん向けの内容をリクエストされております。

こちらのブログが大変勉強になりました。
ぜひ参考にさせてくださいm(__)m

また、生産者さんとお会いする機会も多いので
これからもいろいろと参考にさせていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
ご迷惑でなければ、私のブログにブログ紹介をさせていただいてもよろしいでしょうか?
【2013/06/08 14:57】 | ★kyoko★ #- | [edit]
>★kyoko★ さん。
わざわざご丁寧にどうも。
私のブログはリンクについて、何も規制していないので、文章をコピーしようが、リンクをバンバン貼ろうが、全く構いません。どんどん紹介してください。
【2013/06/09 18:24】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
今までROM専でしたが、初めてコメントします!

私(34♂独身)は生まれも育ちも東京で(もちろん非農家)、もともと東京でサラリーマンをやっていましたが、いろいろ考えた結果農業で生計を立てようという結論になり、今年の5月から茨城の個人農家にお世話になっています(社員登用前の試用期間中です)。

お世話になってまだ2ヶ月ちょっとながら、色々と感じることがあり、社員にならずに独立しようかと悩んでいます(というより、気持ちはほとんど独立に傾いています)。


そこで、参之介さんに教えていただきたいことがあります。

1. ブログを拝見する限り、参之介さんは就農前は農業未経験という理解なのですが、生産技術はどうやって勉強したのでしょうか?

2. どの時期に、どの作物を、どの品種で、どの程度の広さで作るかは、いつ決めているのでしょうか?

3. イベントに出店されているとのことですが、イベント情報をどうやって入手しているのか、また参之介さんがイベントに参加するかどうかを決める基準はどこにあるのでしょうか?


かなりへヴィな質問になってしまい、申し訳ありません。。。もし良ければご回答ください!


一時期の暑さは和らいだものの、本番はまだまだこれからですから、お体に気を付けて頑張ってください!
【2013/07/21 20:47】 | overmars #- | [edit]
>overmarsさん。
順に答えていきます。

1については、
ちょっとは人に学びましたが、99%は独学です。あらゆる農業系の書物(100冊以上?)を読んで、それが少しでも参考になるなら全て実践してみました。その中で使えて、自分に合うものを実用してます。まあ、10個試して、採用できるのが1個ぐらいでしょうか。何度も書きますが、農業は実践あるのみです。失敗しまくりましょう。それが一番身につくし、近道です。

2については、
いまいち質問の意図が分かりませんが、私は売れるモノだけを生産してます。それが例え自分が全く普段食べないモノでも、売れるのならガンガン生産します。作らないのはその逆ですね。後は試しに作ってみて売り上げがいい物は増産します。悪いのは減産します。4~5年、あらゆる作物を作ると大体把握しますよ。

3については、
私のブログで事前にイベントについて書いてますのでそれを参考にして下さい。
http://mame564.blog110.fc2.com/blog-category-9.html

これから農業は実にヤバイし面白い世界になります。新規就農の危険さは散々書いてきたので、それを読んでもココに書き込むというのはよほどの決心があると見受けられます。是非頑張って就農してください。応援してます。
【2013/07/23 20:18】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
レスありがとうございます!

現場でPDCAを繰り返すのが最善の方法だとは思いますが、なにぶん新規就農するので、頭でっかちにならない程度に、事前に勉強しようと思うので、もし良ければ、これはとても参考になった!という本があれば教えてください。

ご面倒だとは思いますが、よろしくお願いします!
【2013/08/01 23:38】 | overmars #- | [edit]
>overmarsさん。
そうですね。農業本はそれこそアホみたいな数がありますので、選ぶのも大変です。その中で私がお薦めするのは下記の二冊です。

①田舎暮らしに殺されない法 (朝日文庫) 丸山健二これは地方に移住しようかな~と考えている方や、農業を目指したいな~という方に、必読です。地方のヤバさ、危険さ、修羅っぷりが細かく筆者の経験と共に書いてあります。私の意見と筆者の主張がほぼ同じなのでお薦めです。値段も安いですし。

②有機農家に教わる もっとおいしい野菜のつくり方 林 重孝
こちらは農法や作物の作付時期のマニュアルとして重宝してます。オールカラーで、各野菜の栽培法を細かく説明していて、作付時期、オススメの種の品種などかなり細かく書いています。農法の裏技みたいなのもありますしね。全てこの本の通りにする必要はもちろんありません。それでも私が所有している、あらゆる農法本のなかで、1番利用価値が高いです。値段も1680円と、ちょい高めですが、これ1冊で他の本がいらないと考えれば、お得かな?

以上2冊は、アマゾンで普通に手に入りますので、どうぞ。
【2013/08/05 18:01】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
ご回答ありがとうございます!

早速ポチってきます。
【2013/08/08 18:28】 | overmars #- | [edit]
新規就農を模索しているサラリーマンです。
もー自分が欲しいなーと思っていた情報の数々を
どストライクに掲載していただき、本当にありがとうございました。
むちゃくちゃタメになりました。
ブログ楽しみにしています。

足跡まで。
【2013/09/01 22:39】 | 新規就農模索マン #- | [edit]
はじめまして、新規就農を考えている39歳、男です。
現在は会社員ですが、実家は稲作農家なので、農地、農業機械すべてあります。

10年前に新規就農にあたり、県の農業関係、農協に相談に行きましたが、
いずれも施設園芸を進められました。1千万単位の設備投資に、
施設の維持費用、天候による施設の倒壊を考えると、参之介さんのブログの
とうりだと思います。
その後、低コスト農業を模索し、趣味のバラを生かしてのバラ苗農家を考えました。
栽培方法は本と経験による独学です。栽培施設は育苗ハウスに加温は灯油ストーブです。現在の施設で330本バラを接木して70%の成功率です。バラ農家は一千万単位の施設で、数万本接木して80%の成功率とのことです。330本での経験なので比較できませんが、コストパフォーマンスは私のほうが良いと思います。その上、最低限の加温なので節間の詰った良い苗ができ、数十本の販売でしたが完売しました。販売は農協が取扱わないので、100%自力での販売となります。
専業ですと千本単位の販売力に京成バラ園を超える苗を生産しなければなりません(苗については京成バラ園を超える自信があります。)。県の農業関係、農協、バラ農家の意見は個人でバラ苗は売れない、前例が無いので無謀、考えが甘いとのことでした。
私の考えでは、プロ農家が数千万の設備で接木率80%なら、素人農家が数十万の設備で70%のほうが利益率が高いと思います。ハウスが倒壊しても自力で再建でき、病気で廃業しても借金がありません。話を聞いた農家の方は億の借金を20年で返済だそうです。失敗したら首吊りだそうです。
農業とは命を懸けるものでしょうか。
長くなりましたが、いつかはバラ園を開園したいです。またコメントできればと思います。では失礼します。










【2015/07/08 01:13】 | 猫好き #- | [edit]
> 猫好きさん。
バラとは面白いですね。私も専門外なので詳しいことは言えませんが、基本農協や県の職員の意見はスルーして結構です。農協は農の名前が付いてるのが不思議なくらいな金融屋ですし、県の職員は素人の中の素人です。何も経験したことないのに、偉そうにモノを言う。相手にしなくて全然大丈夫です。商売は人と同じ事をやったところで上手くいくとは限りません。やはり何か人と違うことをしないと、抜き出る事は出来ないでしょう。
 猫好きさんは営農計画がかなりしっかりしてますので、安心です。新規就農頑張って下さい。応援してます。
【2015/07/13 18:20】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/06/20 21:52】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/261-80381286