資材の無駄遣いが好き

2013.04.28(17:35)

ぼちぼち暖かくなってきました。やっと色々な夏野菜の種が蒔けるようになりました。もうちょっとすれば寒さの心配をする必要がなくなりバンバン露地で、種も、苗も植えつけられますね。それにしても、周りの畑を見渡して、つくづく思うのが、「皆資材を潤沢に使うのが好きだなあ」です。どの畑を見ても、マルチングして、更に上からビニールのカバーです。マルチングは私もこれからの恐怖の雑草フィーバーが始まるので、多用しますが、それでも上にビニールなどは一切かけません。というか、アレは意味あるのかなあ? ビニールということは主に保温が目的ということですよね?しかしあの程度の規模ですと、大した保温効果は無いような気がします。つまり無理に加温して早出しを目的にしてるわけですが、あれぐらいで加温しても普通の露地出しとの時間差は2週間ぐらいかな。その間に暑い日は開け閉め、強風に怯える日々が続くという大層面倒臭い無駄作業が続くんですね。いやいやいや、ビニールいらないでしょ。しかもその中に植えてるのが大体は、トウモロコシかカボチャなんですが。これらの作物はそこまで手間を掛けるような作物でしょうか?トウモロコシは昔は単なる飼料作物でしたが、今や甘味を追求しまくり、生でも食べると称して、立派なメジャー作物です。その代わり猛烈に肥料食いで、品種改良を繰り返したおかげか、病害虫が大繁盛するようになりました。特に甘味が必要以上に増したせいか、虫の被害がアホみたいに発生します。そのおかげで無農薬栽培はほぼ不可能になり、ハウス並みの農薬使用量作物になります。そんなのを「生で食べれます!キリッ」とか言われると、妙~な感じになります。生じゃマズイだろ。しかしまあトウモロコシは、病虫害、農薬、ビニール貼り、種代高けえ、鳥害、獣害と、マイナス要素がメガ盛りの割には、収穫期間が異常に短い、他の農家と被りやすい(九州から北海道までほぼ1年通して出荷される)、単価もそこまで高くない(1本100円前後)と、メリットもかなり少ないのですが、皆さん手間かけてよく作りますね。
 カボチャもわざわざビニール掛けてるし、本っ当、なんでそんな無駄資材を使いたいかなあ。資材はもちろんタダじゃないので、費用がかかります。手間もかかります。ちょいと作付をずらせばいいだけじゃん。何かそうさせない宗教みたいなモンでもあるのかしら?農業は自営業だから、無駄に働いても時間給は出ません。そしたらいつも私がしつこく書いてるように「最小限の労力で最大限の効果」これにつきます。私もかなりのオッサンレベルが高くなってきたので、色んな意味で無理ができません。でもまあ、色んな資材があると使いたくなっちゃうのかな。
スポンサーサイト

コメント
さつまいもについて教えてください。
こちらの冬の寒さではそんなに貯蔵できないと思うのですが、少し作ってみようかと考えています。
苗はやはり買っていますか?マルチはしますでしょうか?やせた土地でも出来るということですので肥料はいらないかと思うのですが。
【2013/05/01 18:09】 | ショーン #- | [edit]
ナスの仕立てや誘引剪定方法について教えてください。
プロはV字に支柱を立てて4本仕立てにし、真夏の更新がいらないよう1枝1本で常に枝を更新する方法が一般的かと思います。
私も去年挑戦してみたのですが、この方法だと結構手間がかかり慣れないとどこを切って良いのか判断が難しく、なかなか上手くいきませんでした。
参之介さんはどのようにナスの支柱を立てて、仕立て誘引剪定を行っていますでしょうか?
よろしければ教えてください。お願いいたします。
【2013/05/01 20:56】 | マッキー #mbwhQQ6o | [edit]
>ショーンさん
苗は近年自作です。去年収穫したスがはいりそうな残りを、全部土に並べて植えておくと、5月ぐらいから芽が出始め、6月ぐらいにワサワサ生え始めますので、ソレを切り取って植えてます。サツマイモの苗は5月の売り始めはド高いので、6月まで待ちます。6月中旬ぐらいになると1本10円以下になりますので、そこでごソっと買いましょう。
 マルチは要りません。さつまいもは雑草の抑制効果が強いので、必要ありません。植えた次の日か、せめて1週間以内に雨が降る日を見計らって、定植しましょう。梅雨時期なんかが最高です。雨が降っている最中に植えた事も何度もあります。
 痩せた土地でもできますが、いくらサツマイモと言えど限度がありますので、そこそこの畑に植えましょう。肥料は要りませんが、ちょいと堆肥を撒いておくといいかもしれません。


【2013/05/03 18:36】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
>マッキーさん
私はナスにはそんなに手間をかけません。それはナスがそこまで手を掛けるほどの、換金作物だと考えていないからです。ナスは家庭菜園からプロまであらゆる人が作付し、収穫時期も重なりやすいので。150~200本程度しか植えてません。
 マルチもしないで、剪定もしません。ほとんど放任です。それでも収穫量はかなりですし、11月中旬ぐらいまで収穫できます。病気も一切かかりません。農薬も使いません。
 一応の仕立て方は、タダで手に入る竹を支柱(苗1本に対して竹支柱1本。長さは1mくらい)にします。先にナスの植える間隔の竹を差し込むか、ハンマーで地面に打ち込んでおきます。その支柱の根元にナスを定植し、支柱とナスを縛っておきます。ナスが成長してきたら、わき芽だけ少し取ってやり、また支柱に縛ります。これで2段縛ったことになります。後は放って置きます。肥料は私のいつものやり方です。追肥もナシです。作物は手をかけようとすると、際限が無いので、自分のやりやすいように、手を抜きましょう。別にナス専業農家ではないのですから。
【2013/05/03 18:56】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/05 20:22】 | # | [edit]
参之介さんご丁寧にありがとうございました。
確かにこの方法ならあまり手間はかからないですね。追肥をしないとは驚きです。今年は参之介さんの方法を参考にさせて頂きチャレンジしてみます。また何かありましたときには教えてください。よろしくお願いいたします。
【2013/05/05 23:48】 | マッキー #mbwhQQ6o | [edit]
いつもご丁寧な回答ありがとうございます。
マルチを捨てるときはどうしていますか?農協に回収してもらうのが一般的だと思いますが。量が多いと値段も高くなりますよね?再利用できれば良いのでしょうが。
【2013/05/10 22:26】 | ショーン #- | [edit]
>舘 美文さん。
返事が遅くなりました。
どのような話をすればよろしいでしょうか?
【2013/05/12 20:38】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
>ショーンさん
そうですね。私も農協に回収してもらってます。こればっかりはしょうがありません。必要経費と割り切ってます。再利用は止めといたほうがいいでしょう。劣化が激しくて、使いにくく、肝心なところで破けてイライラします。それなら新品の方が全然マシです。
【2013/05/13 18:27】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/14 11:28】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/257-cc431414