新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

簡単!サトイモ育成法(低コスト)②

種芋の用意ができたら、早速植え付けに移ります。植え付け時期は4月下旬~5月くらいまで。と、その前に土の準備は相変わらず適度に肥やしといて下さい。連作はなるだけ避けて、日当たりがほどよく、半日陰でも大丈夫です。植え付け幅は土寄せと、雑草取りの作業性を良くするために、列幅は90センチ~100センチぐらいで。株間は30センチ~40センチぐらいですね。まず列に溝を掘っていきます。畑が狭い人は人力で結構ですが、ちょいと広めの人は機械を使うとグッと楽です。
溝の深さは10センチぐらい。種芋を置いて地面から顔を出さなければOKです。列に一直線溝が掘れましたら、種芋をホイホイと溝に置いてきます。いちいち30センチなんて細かい間隔を計りながらは植えてくのは、エライ面倒なんで、私の場合は自分の足を溝に入れて、足幅(靴幅?)で置いてきます。私の足のサイズが27半。靴(地下足袋ですが)の大きさ入れて約30センチ近く。なので靴幅よりちょいと気持ち広めに置いていけば、楽チンです。その後は、足で芋に土をかけて行くだけ。鍬もいらないし、中腰にならなくていいからすんごい楽。ちなみにこの方法はほかの作物にも応用できます。ジャガイモ、ショウガ、エダマメ、トウモロコシなどにどうぞ。みんな植え幅が靴のサイズと一緒!楽する所は、楽しないとね。
 土を被せたら芽が出るまですることはありません。6月には芽が出ますので、土寄せの前に肥料替わりの堆肥をいつものように芽の側に置いていきます。置き終わったら、軽くソソっと土寄せです。そんで気温もあがり恐怖の真夏前の7月上旬に強めの土寄せをして、収穫までほっときます。ほっとくと言っても雑草取りはマメにしましょう。まあ、土寄せが除草を兼ねてますが。
 収穫が早くて10月中旬ぐらいかな?ピークが11月からですね。収穫は掘り出さなきゃいけないので、ちと骨ですが、あとは水やりもマルチも、農薬もいりません。慣行農法に比べると、土から上に伸びてる葉っぱの部分がちょいと低めに感じますが、掘ってみると芋がモリっとついてきます。安心してください。里芋は葉っぱの大きさと、下の芋の大きさがあんま比例しないのが特徴ですな。ショウガとかはモロ比例しますが。その証拠に隣の畑の慣行農法里芋は葉っぱの高さが1mぐらいあり、真夏もエンジンポンプを使ってジャージャー水を撒いてました(ガソリン使いまくって)。んで、私の方とはいうと、葉の高さは40~50センチぐらい。慣行の半分いってません。ところがところが、いざ掘って比べてみると、収量はほとんど変わらなく、場所によっては私の方が収量は上でした。慣行農法の方は親イモが必要以上に大きくて、小芋が少ない感じでした。他に何軒も比べたわけではないですが、この結果は結構面白いと思います。私は水やり無し、土寄せも2回ぐらい、しかも軽く。相手は農薬撒いて、水まいて、追肥もやって、土寄せはスンゴイ高盛り。そんで収量は一緒。 なんで、そんなに手間をかけたがるのか分かりませんな。
 以上でサトイモ育成法は終わりになります。里芋もいざこうして育成法方を書いてみると、あんまし珍しいことをやってないので、こんな単純なことをドヤ顔で述べていいのか、かなり迷いました。他の作物も私の場合はそこまで稀有な事をしていません。ただ「最小限の労力で、最大限の効果」をモットーとしているので、現在の慣行農法がそれに反していることは確かです。なので、私には合いません。安いモノを作るのに、それ以上の費用をかける、そういう現農業は唾棄するものだと思っていますし、参考するに値しません。色々な技術はもの凄い勢いで進歩しているのに、農業技術は微妙に退化しているような気が・・・。
スポンサーサイト

2 Comments

ショーン  

今年のサトイモは、夏場の草に負けて収量はしょぼしょぼでした。。。夏場の草は脅威ですね。

契約取引をしている売り先はありますでしょうか?ある程度売り上げが計算できるとは思うのですが、失敗ができない緊張感がありますよね。

2012/12/20 (Thu) 21:40 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: タイトルなし

>ショーンさん
契約取引は、売れ残りなどが出にくく、現金化しやすいので、かなり魅力的です。私も契約~とまではいきませんが少々卸しているお店もあります。ただ、契約はあくまでも契約なので、ソレに猛烈に縛られる可能性もあります。つまり、契約で求められるある一定量の商品を毎回確実に要求されます。今回は不作だったから~というのは許されません。良くて違約金、悪くて契約破棄でしょう。とある農家さんは、生協と個人契約を交わしていました。が、毎週、毎月、毎年の生協からの過剰なノルマを果たさなくならなくて、ついには体を壊しました。確かに作った商品が全て売れるのは素晴らしいことですが、それが元で体を壊したら本末転倒です。
 一旦契約を交わしますと、それが絶対となりますので、よくよく気を付けましょう。

2012/12/24 (Mon) 18:23 | EDIT | REPLY |   

Post a comment