トマトの栽培法④

2012.10.24(18:22)

大玉は基本的には慣行農法でいけますが、ミニは2種類のやり方があります。一つは植えてちょっと誘引したらあとはほっとくやり方です。ミニはほとんどの品種は生命力旺盛なので、放任してもムリムリ育ちます。実の収量もかなりいきます。この方法は本数を莫大に植える人向けですかね。この方法のデメリットは枝があっちこっちに伸びて収拾がつかなくなるのと、トマトの樹がジャングル状態になるので、収穫に手間がかかる量が増えることですかね。でも収穫期間はこの放任栽培のほうがながい気もします。 続いて二つ目。こちらは大玉のようにキチンと剪定し誘引してあげる方法です。つまり一本仕立てで上に伸ばしてあげるわけです。これをするとミニトマトとは思えないぐらい、一つ一つの実がデカくなります。そう、ちょっとした中玉ぐらいになります。収量もでかくなる分、増えますし、ちゃんと剪定して誘引するので収穫作業も容易になります。ですが、こちらの方法は収穫期間が少々短く感じられます。1段1段に集中させるからバテるのが早いのかな・・・?
 以上でトマトの栽培方法の説明はほぼ全て終わりました。後は細々としたことがボチボチありますが、書き出したらキリがないので、皆さんで栽培してみて、試して、実践してください。農業は実践あるのみです。そして何か良い方法を自分なりに見つけて下さい。私がいい方法と思っていても、実際に試してみたら、合わないというのはよくよくあることです。

最後に栽培方法とは話が違いますが、露地でトマトを栽培する場合のメリットは、収穫が終わり片付ける段階になった時にも発生します。ハウスだと、どうしても入口が狭くなりがちで、大量のトマトの残渣を片付けるのに四苦八苦します。大体のハウス農家が水を切って、カラカラにして(乾かして軽くするため)から運び出します。そん時ちょうど季節が初夏に差し掛かるので、ハウス内は超絶に暑いし、乾いているからホコリは凄いし、かといって、早く片付けないと次の作物が植えられないし。まあハウス作業の一番キツイ仕事と言っても過言ではないでしょう。毎年この作業で、熱中症患者が出まくってますしねえ。地獄の黙示録みたいな作業ですな。
 それに比べ露地は楽チン!畑に余裕があれば、勝手に枯れるまでほっておいて、根っこも溶ける冬まで待ってゆっくり片付ければOKです。残渣を引き抜く背中が辛い作業も、必要ありません。トマトの残渣もいちいち運び出さなくて、ちょいと隣の畑で燃やしちゃえばカラカラなので一時間もかからずキレイに燃えます。キチンとマルチを敷いていれば、雑草も生えていないはずなので、マルチはがしも簡単。何より季節が寒い時期なので、体も楽ですし、ホコリも篭もりません。露地は植え付けも、片付けも、費用もかからないお薦め農法です。やっぱりトマトは露地だなあ。
スポンサーサイト

コメント
はじめまして(^^)
毎回ブログこっそり読まして頂いてます。
自分は新潟で田んぼを畑にして来年くらいから野菜を作ろうとたくらんでいます。

参之介さんの路地野菜のお話、非常に勉強になります\(゜ロ\)

田んぼを畑にと思っておるので
雨に強く、ウマイ野菜を探していて
ソラマメの話が出ていたので飛び付かせて頂きました(^^)

参之介さんのソラマメは何を使っているんですか?
企業秘密でしょうか(;^_^A




【2012/10/25 12:51】 | セイジュウロ #- | [edit]
>セイジュウロさん。
ソラマメに興味がおありですか!?こっちでは家庭用で植えてる人がほとんどで、販売目的で作付する方は、ほぼ皆無です。なのでブログで特集組んでも、あんまし皆興味ないかなあと思い、書いてませんでした。
 私のソラマメ栽培法は企業秘密とか一切無いですが、普通の育て方と結構違います。栽培法は書き出すとエライ長くなるので、またの機会に。使用している種は「凌西一寸」です。作付面積は、20aほどです。農薬は必要ないので、使用しません。半分ポット蒔きで、もう半分は直播きです。これも理由があります。基本一度植えたら収穫まで放任です。それなのに猛烈に収量があります。そんで儲かります。1キロ(大きさ問わず)700~1000円で売れます。マジでオススメです。ちょいと上手くやれば、ハウスより全然儲かります。なにせ経費が種代だけ!!農薬も、追肥も、マルチも、除草剤も、被覆資材も一切必要なしです。
 
【2012/10/25 18:43】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
こんばんは。
ソラマメ、私も興味ありますよ!
20アールというのにまたびっくりです。
収穫期間は一時に集中しませんか?
支柱たてと土寄せがあるんだっけな?

枝豆も興味あるんですが、昔作ったときに虫がすごかったといって
母は敬遠しています。
出荷グループの一人が枝豆作ってますが、確かに虫がすごいみたいで
袋の中によく混入してました…。

前の記事でほうれん草のこと教えていただいてありがとうございます。
まさかと思いましたが本当に一度きりの種まきなんですね、
なんという省力化!
というか、作付けの話はどれも目からうろこのお話ばかりです。
露地で作るという覚悟と効率化の追求と実践の結果ですね。
何作ろうか悩んでる身としてはとても勉強になるしモチベも上がります。

ミニトマトは失敗が少ないと聞いて、今度は大玉と平行して作るつもりですが、
本でちょっと調べてみたら大玉の3割増の手間がかかると確かに書いてあって笑いました。
うんでも、失敗が少ないというのは大きな魅力です。

プロは大玉を25段も取るとか話を聞いて
そこまでするものなのか、自分にはとてもムリと思いましたが
はじめから4段のつもりで割り切って作ればいいですよね。
これも目からうろこです。
【2012/10/25 20:27】 | とむ #- | [edit]
企業秘密ありがとうございますf(^ー^;
早速購入しました。

なんと!?種代のみですか!?
それでその売価はおいしいですね。

参之介さんの地域は雪は降らないのですかね、うちは新潟なのでバアちゃん達に作り方を聞いたら、

上にビニールで雪よけをしてやらんと凍ってしまうて(;´д`)

とのことでした(;^_^A
なんで資材も調達しなきゃです。

うちの地区でもソラマメ専門農家はいないです。
大半が自家消費用でバアちゃん達が植えてる程度です。

なので(  ̄▽ ̄)

ソラマメなんて金払って買うヤツなんているかや(;´д`)

って思ってる人が多いため
減反の田んぼに枝豆や大豆を作るのが鉄板になっているようです。

ってことは…豆は田んぼと相性がいい。
しっかりとウマイソラマメを作れば…
ライバルいないし…バカ売れか(/ロ゜)/
ちっと考え甘いかな(;^_^A

参之介さんのソラマメ栽培法!!
楽しみにしてます。


【2012/10/26 06:14】 | セイジュウロ #- | [edit]
何度もすみません、ほうれん草の種は何を使っていますか?
うちは種屋さんで1Lのを買ったとき3000円ちょっとだったと思います。
種類はビリーブだったかな。
背が伸びるタイプと横に株が太るタイプがあると説明されましたが
参之介はどちらですか?
【2012/10/26 10:42】 | とむ #- | [edit]
>とむさん。
ほうれん草は、別にこだわって種を選んで育ててません。私も種屋のおっちゃんに聞いて、選んだものがたまたま「サカタのソロモン」でした。そうですね、値段も1Lで3000円でした。去年はこれを3分の1、今年もその残りを同じくらいの量を蒔きました。なので種は余ってます。さすがに来年は発芽率が落ちるので廃棄かもしれません。というか、小袋で買ったほうがよかったかな?
横にや縦に伸びる品種なんてのもあるんですね。私が育てると、どのほうれん草でも縮みほうれん草みたいになるので、考えたこともありませんでした。今度はよく見てみます。あっ!よく考えたら横に低く伸びてました。寒いので地面から熱を取ろう、みたいに。ウチのほうれん草は根っこのあたりが濃いピンクで甘味も非常に強いです。なので労せず美味い野菜ができれば、それに越した事は無いですね。

トマトで25段はおそらくハウスですね。露地はとてもじゃないけどいいとこ4段~6段ぐらいです。まあ、ハウスは尋常じゃないぐらいコストをかけますので、それくらい収量上げないと、ペイしないんでしょう。それでも収益率は20~30%がいいほうですな。露地だと収量低くても、収益率は70~80%は固いですからね。農業は収量で、収益が決まりませんから、露地でもイケます。

豆科に虫が湧きまくるのは、多分土のバランスが崩れているのと、化学肥料を多量に使い続けるとそうなる傾向が強く見られます。豆家は自分で窒素を空気中から地面に蓄えるので、肥料はまず要りません。空豆とかは別ですが、私は枝豆に関しては元肥も、追肥も蒔いた事はありません。それでも年々収量は上がります。そうですね、枝豆も今度書こうかな。
【2012/10/26 18:46】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
参之介さん
前の書き込みでお名前を呼び捨てにしてしまいました。すみませんm(__)m

ほうれん草は、袋につめやすいかな?と思って背が伸びるほうを買ったのですが
それでも冬だとやっぱりちじみほうれん草みたいになりますね。

ほうれんそうは袋3分の1で何アールくらいでしょうか。
間引きはされてますか?最初から疎植?
種一粒だと発芽で土を押しのけるのにエネルギーを消費してしまうので
複数の種で力をあわせて発芽させて、後で間引きすると聞きますが、
うちはとても間引きやってられません。大きくなったものから収穫してます。
参之介さんは週に1~2回のまとめて収穫ということですが
どれも育っているでしょうから、端から順に収穫していくのでしょうか。
外側の葉はかなり捨てますか?

一度に質問すればいいのにばらばらとお尋ねしてすみません。

枝豆は肥料控えたほうがいいんですね。
父が牛糞入れまくって今は少しマシになったと思いますが
土のバランスは確かに崩れてたかもしれません。

枝豆もソラマメもそしてタマネギも、記事楽しみにしてます!
【2012/10/26 21:09】 | とむ #- | [edit]
はじめまして。来年から新規就農することになりました、
ショーンと申します。よろしくお願いいたします。
スイカに興味があるのですが、うちの師匠は一度中が白かったりするものを出してしまうと信用を失ってしまう、と言っていました。
そういったことは一度もないですか?
あとメロンも同じようにそれ程難しくなくできるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。
【2012/10/28 20:14】 | ショーン #- | [edit]
>とむさん。
ほうれん草は作付4~5アールぐらいです。種まき機でダーと蒔いてしまうので、列間は20センチ~30くらいかな?大して開けてません。間引きもしません。大きくなってきたのからガンガン収穫します。
外側の葉は袋詰めする時に、枯れてたりしたのを少し捨てます。ほうれん草も同じように、堆肥をほうれん草のそばに、サーと撒いていきます。それで肥料は終わりです。酸性度調整とか、苦土石灰とかは一切まきません。ちなみにウチの畑は海から100Mぐらいで、土質は砂地も砂地です。それでもしょうがだろうが、里芋だろうが、葉物もガッツリ育ちます。土を鍛えれば。病虫害も、連作障害もそんなにでません。余計な資材投入は避けましょう。土にも、財布にも良くないです。

堆肥も牛糞だけだと、肥料不足なので、手に入りやすい鶏糞も撒くと、さらにいいです。牛は、草食でしかも反芻するので、糞にほとんど肥料分がありません。牛糞はあくまで土壌改良材として、割り切ったほうがいいでしょう。
 そうですね、堆肥の使い方ももう一度、書き直します。なんか最近販売場所で、堆肥について、妙な質問を多くされるので(硝酸態窒素とか)。
【2012/10/29 08:08】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
>ショーンさん
確かにスイカは完熟の見極めは難しいです。そして熟れすぎていたり、その逆に熟れていなかった場合はお客さんの不評を買うことは少なからず、あります。ですが、スイカの完熟度は作っているうちに見極められるようになります。私は人工授粉はしないので、全て自然受粉です。つまり、いつ受粉したか分からないので、受粉計算ができません。ですから、多めにスイカを植えて、熟れてそうだな~と思ったら、1~2個収穫します。それで熟れてたら、OK。まだだったら、もうちょい待ちます。自然受粉の場合はいっぺんに、受粉する事が多いので、大きく個体差がでません。それでも出るハズレ率は10~20個で1個あるかないかです。
私の栽培法は販売先によって向き、不向きがあります。市場出荷、規約の多い直売所などは、向きません。私のは味もいいし、大量に収穫できます。が、見かけが少~し悪いので、そういう見栄え第一主義な所は難しいでしょうね。


はじめまして。来年から新規就農することになりました、
> ショーンと申します。よろしくお願いいたします。
> スイカに興味があるのですが、うちの師匠は一度中が白かったりするものを出してしまうと信用を失ってしまう、と言っていました。
> そういったことは一度もないですか?
> あとメロンも同じようにそれ程難しくなくできるのでしょうか?
> よろしくお願いいたします。
【2012/10/29 18:32】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/230-07f7ecb6