新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

トマトの栽培法③

定植する苗は事前に水をたっぷりかけておきましょう。定植する日は雨でも、全然大丈夫ですが、というかむしろ雨が降っている時の方が活着が早いです。そのワケは以前書いたブログを参照にしてください。しかし、大風が吹く日は止めましょう。トマトだけでなくあらゆる作物は大風が嫌いです。ロクに根が張っていないのに風で振られると、メッチャ苗が痛みます。なるたけ避けましょう。
苗を植え終わったら、1本1本支柱に縛って固定していきます。市販の結束機(テープナー?)を使ってもいいですが、アレはあくまでハウス用なので、風も雨もムッチリある路地だといかんせん弱々しいので、何か強力なのがいいでしょう。固定して、苗が順調に活着し、成長しだしたら、列の支柱と支柱にビニール紐を張っていきます。これは大玉の場合は必要ないですが、ミニには必須です。ミニは露地だと樹が暴れやすく、本数が少ないなら丁寧に誘引できますが、ちょっと本数が多いと、手が回らなくなり、暴れだした枝が通路や内側に倒れだし、せっかく実が付きだしているのに、地面に落っこちたり、虫に食害されやすくなります。それを防ぐために、支柱に紐を通すわけです。張り方は、地面から30~40センチに1本、さらにそこから同じような間隔で1本、もっと伸びそうだったらもう1本張ってもいいでしょう。これで風にも多少強くなります。少なくとも通路側に倒れる事はなくなります。ちなみにビニール紐は、農業用のにしてください。市販の安いやつだと劣化が早く、すぐにちぎれます。
 大玉に関しては定植後の管理はハウスと大差ありません。脇芽を取って・・・、あとなんかありましたっけ?ウチではある程度誘引したら放任しまくりです。トマトトーンとかも使いません。虫受粉の自然受粉です。いや別に自然志向云々じゃなくて、使わくていいならそのほうがいいです。トマトトーンは2度がけダメだとか、雨が降る日は止めてとか、水で~倍薄めてとかエライ面倒臭いんで、薄めてるのはオレの頭だけで充分なんで。余計なことはするなと。まあ私のヘッドの事は置いといて、自然受粉でも実は1段目からドッシリ付きます。個体差はありますが、ほとんど大丈夫です。後はお好きなタイミングで収穫してください。
スポンサーサイト

9 Comments

hiraya100  

新規就農について

新規就農予定の30代男です。新規就農時の作目の選び方ですが、複数やるのとひとつに絞ってやるのとどちらがお薦めですか?アスパラやトマト、花で悩んでます。

2012/10/19 (Fri) 13:01 | EDIT | REPLY |   

とむ  

No title

こんにちは。細かい質問ですみません。
トマトが通路側に倒れてこないように紐を通すとなると、紐は通路側から見て手前になるように張ることになりますか?
となると、通路側から見て、トマトの苗は支柱の横に植えるのでしょうか?
風にも強くなるとなると、紐はぴんと張りますよね。

hiraya100さんの質問に便乗になりますが、秋冬野菜の作付けはどのような様子でしょうか?
うちの地域は冬はまずほうれん草ですが、
所属している出荷グループ内に3人作る人がいると売り場はもう一杯です。
かといってファーマーズマーケットだとそれ以上の競争で
ピーク時には80円くらいで値付けする人もいるので
出荷する気にならないんですよね。

2012/10/19 (Fri) 13:30 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: 新規就農について

>hiraya100さん
「アスパラやトマト、花で悩んでます」ということはハウス栽培農家を目指す、ということでしょうか?新規就農でハウス栽培はリスクが半端ないので、お薦めしないというのは以前私のブログで書きました。が、どうしてもハウスで生計を立てたいというのなら、トマトでしょうかね。しかも、加温しない春~夏トマトがいいです。アスパラはハウスでやる場合は地面の病気が尋常じゃなく発生しますので、その対策に大わらわになります。1~2年は土がサラなので、そんなにでませんが、ハウスはどうしても連作になりやすいので土の病気対策がすげえ面倒くさく、気を使います。花は景気の変動をモロに被る品目なので、これもお薦めしません。人は生きてくためにはどうしても食べ物は必要ですが、花はそう言う意味で必要ありません。これからの日本はどう見ても景気は向上しそうにないので、花卉は難しいかな。ファッキン消費増税もありますし。
 ハウスの場合は複数よりも、単品で。ハウスは一つの作物にヤバスなくらい手間をかけるので。露地なら複数でしょうか。浅く広くといった感じで。

2012/10/19 (Fri) 18:15 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

>とむさん
え~と、文章だと説明しづらいですが・・・、紐は通路に沿うというか、進行方向と並列というか、私の支柱は合掌で立てているのですけども、とむさんはどういう支柱の立て方をなさってますか?ようするに花を栽培するときに、風で擦れないようにするヒモ張りと同じです。

> トマトが通路側に倒れてこないように紐を通すとなると、紐は通路側から見て手前になるように張ることになりますか?そうです。ヒモがタレないように支柱に5~7本ぐらいの間隔でヒモを支柱に回していきます。

> となると、通路側から見て、トマトの苗は支柱の横に植えるのでしょうか?まあ、支柱に誘引できるぐらいの間隔で植えていきます。

> 風にも強くなるとなると、紐はぴんと張りますよね。>
そうですね。なるべくピンと張りますが、そこまでギチギチではなくても結構です。

> hiraya100さんの質問に便乗になりますが、秋冬野菜の作付けはどのような様子でしょうか?
秋冬野菜は、私の従来のスタンス通り「手間がかかって売れない野菜は作らない」で、キャベツ、ハクサイは一切やりません。時間と種代の無駄です。やるのは主に、ホウレンソウ、大根、カブ、菜花、ブロッコローです。トムさんが言うように、ほうれん草や大根は過当競争になりがちです。ですから、私が販売する時期は早くても12月中旬くらいからです。その頃だと今挙げた作物の出荷量と値段が落ち着き、正月シーズンが到来するので、消費も増えます。じゃあ、秋は何売ってるのかというと、まだ夏野菜を売ってます。枝豆が実にいい収入になります。あと里芋、生姜、カボチャ、ミョウガ、ネギ、ジャガイモ、サツマイモ、タマネギでしょうか。これらが11月上旬で終わり、12月まで売り物はほぼなくなります。その間に来年の準備です。ソラマメ、スナッフエンドウ、これらはウチの年間売上トップ1と4(2と3はトマトとスイカ)です。そら豆はいいですよー。年間消費量は増えてるのに、生産者がガンガン減ってるので、下手なハウスより儲かります。後はウチは露地オンリーなので、冬はまあまあ暇です。作物の成長も雑草の伸びもほぼ止まるので。このあたりに夏野菜の片付けをボチボチやります。なにせ全部枯れてるし根っこも寒さで溶けてるので、後片付けが超楽チンです。季節的にも乾燥してて残渣がよく燃えますしね。

2012/10/19 (Fri) 18:44 | EDIT | REPLY |   

とむ  

No title

参之介さん、回答ありがとうございます。
トマト支柱は合掌造りでしたか。近くのハウストマトや本で見かけたのが
垂直に1本ずつ支柱を立てていたので思い浮かびませんでした。
でもそういえば、自家用の大玉を垂直に伸ばしたら
重さに耐え切れずビニタイがちぎれて倒れましたので、
来年は傾斜をつけるか斜めに誘引しようかと思ったのを思い出しました。
次回の参考にさせていただきます。

出荷しない期間があるのですね。スーパーへのグループ出荷だと
あまり出荷を休めないのでうらやましい気もします。
(自分の受け持ちスペースを埋めなければならないので)
夏野菜の作付けも来年の参考にさせていただきます。
みょうがや生姜も作っていらっしゃるんですねー!
大量にさばけるイメージがないので意外でした。

9月蒔きのほうれん草と小松菜を収穫してみましたが
虫がすごいですね。選別に時間がかかりすぎです。
ソラマメは今年、母が少し種を買っていたので
期待をこめて作ってみます。
これができると、春の品薄の時期に出荷できていいんですよね。
うちは田んぼと重なるので大変ですが。

そういえば、さすがにナスと違ってほうれん草やエンドウその他は
袋詰めありますよね?(イモやタマネギはナス方式なのかもしれませんが)
葉物は水洗いするので冬場はきついし、
選別と袋詰めの作業はお一人だとしんどくないですか?
何か工夫されていらっしゃいますか?

2012/10/20 (Sat) 19:45 | EDIT | REPLY |   

hiraya100  

お返事ありがとうございます。

丁寧なお返事ありがとうございます。百姓参之介さんのブログはいつも具体的でとても参考になります。この間お話を伺った30代で地域をリードしているアスパラをつくってる方もすごく熱く、将来を見据えて行動されており、畑をでてとる情報収集の大事さを語っておられました。とにかく視野を狭くしないように。身近にはお年寄りが多いので意欲をもって取り組んでおられるかたも少ないようです。自分の足で情報をとり危機意識をもって試行錯誤しているところが参之介さんも共通していて刺激になります。これからもブログ拝見させていただきます。

2012/10/21 (Sun) 08:20 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

>とむさん
あー、スーパーは出荷規定がなかなかにうるさいんですよねー。売り場を空けられないのは、微妙にキツいですな。

みょうがも生姜も確かに大量には捌けませんが、コツコツ捌けますし、いい品揃えになります。やっぱり常備野菜(人参、タマネギ、ジャガイモ等)はいいですよ。常に売れます。特に玉ねぎは、「目にしみないタマネギ」と称して売ると猛烈に売れます。いや、サギじゃなく本当にウチの玉ねぎは目にシミません。これはちゃんと理由があるのですが、結構長くなるのでまたの機会に。

確かにほうれん草とか、小松菜はこの時期虫が来ますし、葉はズタボロにされますから、売り物としてはキツいです。しかし、そのほうれん草はちょいとほっとくと、葉の内側からまた新しい葉っぱがモリモリ伸びて復活します。そしてちょうど寒さに当たり、縮み、甘さが増します。俗にいう「寒締めほうれん草」ですな。これは、ノーマルのほうれん草よりも高く売れます。1袋250~300円ぐらいです。このほうれん草も何もかけませんし、雑草もとりません。農薬もです。いつものように、芽が出てそこそこに大きくなった所に堆肥を撒くだけです。これで3月下旬まで収穫できます。ようするに、作物自身の力を上手く使ってやれば、かなりいいものができます。私の栽培コンセプトでもあります。楽できますね。

袋詰めはします。葉物は詰めないと速攻でしおれますから、こればっかりはしょうがありません。大根もです。カブも袋詰めします。冬場はかなり寒さがキツイですが、毎日毎日、日がな一日袋詰めをしているわけではないので(週に1度、多くて2度)、我慢します。
袋詰めはそんな特殊な工夫はしてません。いらない肥料袋みたいな厚手のビニール袋のハジを切って、広げてそこに葉物を並べて、クリッと巻いてそのまま野菜袋に入れて、肥料袋を抜けばキレイに入ります。まあ、これはどこの農家さんもやってるかな?








> トマト支柱は合掌造りでしたか。近くのハウストマトや本で見かけたのが
> 垂直に1本ずつ支柱を立てていたので思い浮かびませんでした。
> でもそういえば、自家用の大玉を垂直に伸ばしたら
> 重さに耐え切れずビニタイがちぎれて倒れましたので、
> 来年は傾斜をつけるか斜めに誘引しようかと思ったのを思い出しました。
> 次回の参考にさせていただきます。
>
> 出荷しない期間があるのですね。スーパーへのグループ出荷だと
> あまり出荷を休めないのでうらやましい気もします。
> (自分の受け持ちスペースを埋めなければならないので)
> 夏野菜の作付けも来年の参考にさせていただきます。
> みょうがや生姜も作っていらっしゃるんですねー!
> 大量にさばけるイメージがないので意外でした。
>
> 9月蒔きのほうれん草と小松菜を収穫してみましたが
> 虫がすごいですね。選別に時間がかかりすぎです。
> ソラマメは今年、母が少し種を買っていたので
> 期待をこめて作ってみます。
> これができると、春の品薄の時期に出荷できていいんですよね。
> うちは田んぼと重なるので大変ですが。
>
> そういえば、さすがにナスと違ってほうれん草やエンドウその他は
> 袋詰めありますよね?(イモやタマネギはナス方式なのかもしれませんが)
> 葉物は水洗いするので冬場はきついし、
> 選別と袋詰めの作業はお一人だとしんどくないですか?
> 何か工夫されていらっしゃいますか?

2012/10/22 (Mon) 18:47 | EDIT | REPLY |   

とむ  

No title

こんばんは。
週に1、2回の袋詰めということは、少なくとも葉物は週に1、2回しか
収穫しないということですよね。
ある程度の量をまとめて一気に収穫しているということですよね。
参之介さんは確か、毎日出荷ではなかったですよね。

スーパーへの毎日出荷だと、一日で大量にさばけないのと
葉物は育ちすぎるのが心配で、いつも
各種一定量まんべんなく収穫して毎晩袋詰めしています。
あと、品薄の時期でも毎日出荷するとなると
何か出荷しなくちゃという心理から、必要以上に若取りして
早期出荷してしまうこともあります。

で、長期間、少しずつ収穫できる物が好まれて
一気に大量に収穫するタイプの作付けを避けてしまいがちでした。
イモ類とかね。保存さえしっかりできれば…と思うんですが。
でも台風の影響が少ないので、保険の意味でも
地面の下に作る物があるといいんですよねえ。
次のシーズンはトライしてみます。

スーパーは他の出荷者だけでなく常時スーパーの商品との競合があるので
おいしいほうれん草でもあまり値段は上げられないのがつらいところ。
でも「目にしみないタマネギ」はアピールポイントが明確で良いですね!
記事楽しみにしています。

ほうれん草は、ずらし蒔きじゃなくて、一度に蒔いて
回復させながら3月まで徐々に収穫するということでしょうか?
(秋冬野菜は今のところ袋詰めと販売しか経験してないので
おかしな質問でしたらすみません)

2012/10/23 (Tue) 20:39 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

>とむさん。
そうです。ほうれん草は1回しか撒きません。ずらし撒きもしません。冬になれば成長もほとんど止まるので、トウ立ちも遅くなり、4月上旬までいけます。ほうれん草は種代1000円ぐらいで、儲けが数十万単位なのでかなりいろんな意味で美味しいです。が、寒いし、水仕事が恐怖です。

2012/10/25 (Thu) 18:29 | EDIT | REPLY |   

Post a comment