新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

トマトの種を選ぼう(ミニトマト編)

次はミニトマトの種です。ミニトマトは、大玉に比べて栽培も容易で、病気も出にくく、収量もなかなかに安定しています。それに消費者にとっても使用範囲が広く、生でも調理しても美味しいのが特色でしょうか。大玉と違い1個あたりの単価は結構安いですが、そこは数で押せば大玉に負けないぐらいの価格になります。まさに「戦いは数だよ!兄貴!」ってな感じですな。
ミニの種の条件は大玉と大差ありません。丈夫で、病気に強く、味もできたら良い。まあ、ミニはそこまで品種での味の差は大きくでませんが。美味いにこしたことはありません。ミニは何よりも収量が多い事。それが大事でしょうか。もったいぶってもしょうがないので、私がミニの種で使用しているのは「サカタの種・アイコ」です。大玉であんなに在来種をプッシュした私が、一転してF1品種を薦めるのは、この種は利点が多々あるからです。ちなみにこのアイコの種、お値段は1000粒で17000円、1粒で17円ほどします。私のトマトの経費はほとんどコレの種代が大きく占めます。それほど利用価値が高いのですが。このアイコどんな利点があるのかというと、上記に書いた必要条項はもちろんクリアーしてますし、味も一応メーカーが「ミニトマトの中では糖度最高」と謳っているのでまあまあですな。ではなぜ私が高い種代を払ってわざわざこの品種を購入しているのでしょうか?確かにアイコを使わなくても上記の条件をクリアーしている種は結構あります。それは、この「アイコ」というブランド名です。この名前は農業の「の」の字を知らない人で名前は聞いた事があるというかなりな知名度を誇ります。なので売る際には非常に売りやすいです。いちいちお客さんにあーだこーだ説明しなくても、名前を言うだけで「ああ、あのアイコね」と納得して購入していきます。これは猛烈な数の野菜の中で大変便利な特典と言えます。肉だったら松阪牛、魚だったら本マグロの大トロ、果物だったら夕張メロンとかの説明をしなくても、形や、味、値段が瞬時に想像できる種類という、このアイコはつまるところトマトの中でそういう存在というわけです。このくらいの種代はブランド代使用料と考えれば安いモンです。アイコ、超オススメです!コレの欠点はミニトマト全部に言えますが、収穫がとにかく面倒臭い。それだけでしょうか。


次は私なりのトマト栽培方法です。なんかもっと細かく栽培法を書いてくれという意見もありましたので、種まきから書こうと思います。
スポンサーサイト

6 Comments

とむ  

No title

こんばんは。栽培方法が気になっていました。更新楽しみにしています。

2012/09/18 (Tue) 19:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/22 (Sat) 13:31 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: はじめまして。

>KTさん
茨の道どころじゃありません、死の行軍なみに辛いです。この業界に踏み入れるなら、ワ○ミクラスの超絶ブラック企業に入社する覚悟で来て下さい。つまり、死ぬ可能性も充分あります(借金とか色々で)。脅しでなくてそんくらいディープな世界です。新規就農はマジで脳みそが擦り切れるぐらい悩んで、考え抜いて、知人、友人、親類に相談して、それでも農業がやりたいという状態になっても、もう一回悩んでください。そんくらいの覚悟は必要です。でも26歳という若さなら、農業に見切りつけても、なんとか30前に再就職できるから、一度経験するのもいいかもしれません。私はお薦めしないですが。
 私はこのような相談は結構頻繁に受けます。そん時はいつも答える内容は決まってます。「人間か関係が辛いとか、自然に触れ合いたいとか、スローライフがしたいとか考えて農業に就こうと考えているなら、止めたほうがいいよ」と。農業の世界は今述べた事と全て正反対だからです。親類縁戚に農家の方がいない場合は、農業は始めない方がいいです。サラリーマンを続けましょう。それか、国家資格クラスをとって再就職しましょう。農業を語る人は、成功例は自慢気に話しますが、失敗例はまず語りません。損だけ毎年離農者が続出しているか、なんで休耕田が増え続けるのか、高齢化だけではありません。日本の農業には致命的な欠陥があるので、ソレを直さない限り農業の再生は無いでしょう。

ブログにも書いてますので、チェックしてみてください。↓
http://mame564.blog110.fc2.com/blog-entry-205.html
http://mame564.blog110.fc2.com/blog-entry-204.html
http://mame564.blog110.fc2.com/blog-entry-162.html

それでも農業が始めたいんじゃあー!というぐらい気合が入ってるなら、もう一度連絡ください

2012/09/23 (Sun) 18:32 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

>とむさん。
ありがとうございます。ですが、あんまり期待されると「ケッ、こんな程度の内容かよ。期待して損したぜ」となりかねませんので、生温かい目で見てください。

2012/09/23 (Sun) 18:42 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/24 (Mon) 22:03 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

>kTさん
そうですか、元々地方在住なら、私が経験した暗黒面に触れてもかなりの耐性がありますね。それに地元ならよそ者扱いされないので農地を取得しやすいでしょう。後は、農業で何をやるかですね。畑作か、花卉、米、ハウス、果樹、または畜産か、色々ありますので、これもよく考えて決めて下さい。どれもヤバイぐらいの一長一短がありますので。それと技術習得も肝心ですが、それと、いや下手したらソレよりも大事なのが販売先です。ココをどうにかしないと、いくら農業技術が完璧でも、暮らしていけません。農業を始める方はどうしてもこの販売先という超問題を軽視しがちなので、ご注意下さい。生産できれば満足~、という方も多く、農業は作物を換金して始めて暮らしていけるのです。ココが日本の農業をここまで衰退させた大きな要因の一つでもあります。つまり「農業は食えない→金にならない=暮らしていけない→農業を続けられない→辞める」です。
 なるべくなら研修は1~2年程度にしておき、研修しつつ、農地取得や販売先を練るのがいいでしょう。農業補助金もガッツリ貰いましょう。あの年間150万貰える、新型補助金がいいかもしれません。借金は絶対止めましょう。しかし、貰えるモノは何でもムッチリ貰いましょう。
 これから農業を始めると色々な人たちと接触しますが、何事も疑って物事にかかりましょう。信用するのは近しい親族のみです!
 それでは農業頑張って下さい。応援しています。また何か疑問があったらどうぞお気軽に書き込んで下さい。

2012/09/28 (Fri) 18:30 | EDIT | REPLY |   

Post a comment