新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

夏トマトを始める前に

では夏トマトをはじめる前にいくつか準備する事があります。一つは土の用意、もう一つは品種の選択です。土の準備は他の作物とたいして変わりません。要するに色んな意味で肥えてる土ですね。化学肥料を多用する方は撒く量に気を付けて下さい。あんまり撒きすぎると枝の方に栄養が行きやすく、実が着きにくくなりやすいです。堆肥栽培の方はいつもの通りで。
トマトはミニも大玉も、トマトであることには変わりませんので、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。細かいことを言えばホント、キリがないです。トマトは畑作の代表作物ですから、そりゃあもう色々どころか、農家一人ひとりの農法があります。例えば農薬撒くなら、朝がいいとか、昼がいいとか、夜もいいとかね。どれやねん!ってな感じですが、まだあります。トマトはカルシウム不足になりやすいので、葉面散布したほうがいいとか、様子を見るなら朝一とか、水やりもあ~だこーだあります。まあ、ほとんどはハウス栽培のテクニックなんですがネ。なんでトマトってこんな面倒臭い作物になっちゃったんでしょ?確かに高単価作物の最先端ですが、ちと過保護過ぎのような気がします。でもまあハウス栽培はこんくらいに神経質にやらないと、ダメなのかもしれません。私的には「最小限の労力で最大限の効果」がモットーなんで、やはり露地トマトを選択します。露地トマトでのコレっていう農法に関してはあんましないかなあ。というか、トマト自体が元々丈夫なんで、結構適当でムリムリ育ちます。
 あえて言うなら、マルチングは必ず轢きましょう。なにせ夏なのでうんこが漏れそうなくらい雑草が生えます。これ一枚引いとけばその雑草取りから解放されますので、ケチらないでバンバン使いましょう。通路にもマルチしましょう。通路だからいいやー、とか思ってると歩けないぐらい雑草が生えますので要注意です。通路に引くと、収穫もしやすいですしね。

次回はもう少し詳しく栽培法を書きます。
スポンサーサイト

9 Comments

とむ  

No title

おお!続きがあるんですね。
雨よけなしの露地栽培で、水の管理はどうしてるのか
気になっていたところでした。
うちなんか梅雨ごろまでハウスで作っていたトマト、
ハウスの外からしみこんできた雨水でワレワレでしたよ…。
まあ自家消費用だったからいいんですけど。

トマトは木や葉や実には水がかかってもいいのでしたっけ。
トマトでのマルチは水分コントロールはどんな感じですか?
それと、通路にマルチは、トマト以外でもやっていますか?
更新楽しみにしています。

2012/09/05 (Wed) 20:23 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

>とむさん。
露地なので水管理は天水任せです。それでも甘味はきちんと乗りますし、日照りが続いても枯れることはありません。一昨年の1ヶ月半雨が降らない最強の干ばつがありましたが、逆に割れも少なく、味が引き締まりました。とむさんの言う通り露地なのでトマト自体は雨が降ると結構割れますが、そこは植えてる数でカバーしてます。ということなでマルチをひいたぐらいじゃあ、水分コントロールはできません。それを差し引いても、夏トマトは美味いです。

通路マルチはトマト以外にはやりません。ちなみに私がマルチするのは、トマト、オクラ、スイカ、カボチャぐらいですね。ナスもキュウリも、サトイモ、ショウガ、枝豆などはマルチは張りません。シコシコ手で雑草取ってます。

2012/09/06 (Thu) 18:21 | EDIT | REPLY |   

とむ  

No title

お返事ありがとうございます。
通路にまでマルチしても水分抑制にはならないのですねえ。
降水量によっては植え穴だけでも結構水が入りますものね。

うちはオクラは種蒔き機を使うのでマルチしていませんが、
畝よりも通路の草のほうがひどいですよね。
草取りしたあとワラを敷きましたが
もっと早くやっておけば…と後悔しきりでした。

マルチの両側は土をかけていますか?器具を使っているのでしょうか?
トマト通路のマルチは何でとめていますか?
野菜によってマルチをするしないは何が理由で決めていますか?
重ねての質問ですみませんがよかったら教えてください。

2012/09/06 (Thu) 20:13 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

>とむさん(2)
オクラを種まき機で蒔くとは、かなりの量のオクラを作付してるのですね(1反ぐらい?)。私は苗を育てるのと、苗を植え替えるのが面倒くさいので、マルチを通路狭目に引いて、直播きしてます。通路の草は5月頃から6月の梅雨時期までそこそこ雑草取りをします。後は収穫時に目立つ草を取る程度でしょうか。これでオクラは順調に10月下旬まで安定して採れます。

>マルチの両側は土をかけていますか?器具を使っているのでしょうか?
土をかけて固定しています。器具はありません。全て人力です。ちょいとコツがありますが、一人でも充分マルチは引けます。ウチで機械と呼べるのは、手押しの耕運機のみです。

>トマト通路のマルチは何でとめていますか?
コレはよく聞かれるのですが、私も苦労しました。トマトを植えるマルチは土があるので引けますが、隙間があると、そこから雑草はムリッと生えてきますし。なるべく重ねたい。そうすると通路は寄せる土がありません。それで熟考したのですが・・・、文章だと猛烈に説明しずらいです。一目見てくれればすぐに理解できるのですけど。これについてはブログでトマトの補足として、書きたいと思います。すみません少々お待ちを。

>野菜によってマルチをするしないは何が理由で決めていますか?
マルチを引かなければ収穫に成長に支障が出るか、マルチを引いても利益がたっぷり出るかです。まあほとんどは雑草対策のためですが。なので、秋冬春作物には一切使いません。雑草がほとんど生えない季節にはマルチはもったいないです。使用するマルチも黒マルチ(穴無し)オンリーです。透明とか、ただ保温する為のマルチなど必要ありません。季節に合わせて作付すれば、無茶な資材は使わなくて済みます。

2012/09/08 (Sat) 18:41 | EDIT | REPLY |   

とむ  

No title

回答ありがとうございます!
オクラは4アールくらいだと思います。
今がピークで収穫に4時間かかります。

数年前にくらべてオクラはありふれた野菜になりましたね。
ファーマーズマーケットにあふれかえってしまい、
うちを含め、大量に余らせる出荷者も多いです。
うちは出荷量が減るまではファーマーズは避けています。
ファーマーズはこの時期は、夏野菜、特になすキュウリは山盛りですね。
5本も入って100円、気の毒で見てられません。

今年はナスの苗は80株植えました。
去年までは、ただ収穫していて木の管理は放任でしたが、
今年は収穫方法をちゃんと調べたので、秀品率は格段に上がりました。
でもなかなか慣れず、一日40株の収穫に2時間もかかっています。

知人の60代女性は、一人でピーマンもなすも各400株植えたとのこと。
他にもいろいろな夏野菜をたくさん作っています。
袋詰めも自分で、出荷も自分で車を出して2ヶ所回っています。
家事は家族がやってくれるそうなんですが…。

その人に比べると、自分はいかにも手間取っています。
いったい、ひと一人でこなせる作付けってどのくらいなんでしょう?
参之介さんはどの作物をどの程度の規模で作っているのか、
また機会があれば話題にしてくれると嬉しいです。
お忙しいと思いますが、トマトの記事も楽しみにしています。

2012/09/09 (Sun) 22:09 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

> とむさん(3)
そうですか山積みですか・・・。ちなみにファーマーズマーケットというのは、地元の即売会みたいなモノですか?それとも直売所かな?そんだけ安いと作る気無くしますね。そんなにキレイに作って、袋詰めして100円ですか。私だったらやりませんね。なにせ、ナスもキュウリも袋詰めなんかしません。収穫したのを箱に入れてそのままお客さんに売ります。すごい楽チンです。

私もオクラは3アールぐらいですかね。ナスは300本ぐらいで放任してます。真夏の水やりをちょいとやるぐらいですね。基本的に私は単価の安い作物には手間をかけません。それか作付しません。労力がもったいないです。農家さんのほとんどが自分の人件費は無料だと思い込んでいる方が多いですが、そんな奴隷根性は止めましょう。利にならないならやらないほうがマシです。農業はボランティアではありませんので。

人一人がやれる面積は、その農家さんの作付によって変わると思います。畑作だったら3~5反ぐらい。これもキャベツオンリーの1作型と、トマトのようにハウスだと、またかなり違います。まあようするに、自分で体を壊さず、食べていけるのが許容面積じゃあないでしょうか?

私の作付面積は1haぐらいです。ですが常時全面積に何か植えているわけではないので、大体5反ぐらいです。

2012/09/10 (Mon) 18:32 | EDIT | REPLY |   

とむ  

No title

こんばんは。お返事ありがとうございます。
ファーマーズマーケットはうちの地域だと農協が管理している
毎日営業の直売所です。

野菜ごとに出荷の数日前に使用農薬を申告しなければならないので、
急にたくさん取れて出荷したくなっても出せません。
売れ残りは時間内に引き取らないと手数料が取られるので、
売れ残りを出したくない出荷者の心理から、値下げ圧力がかかります。
個人的には、夏の夕方の少し涼しい時間帯に、
売れ残りの引取りのために時間を取られるのも厳しいところです。
最近は暗くなるのが早いのでいいですが…。

数年前にオープンしたばかりのころは、スーパーよりも高く売れたし、
売れ残りのルールもなかったのですが、
参入者が増えたらとたんにダメですねぇ。
冬にはほうれん草、夏には夏野菜が山盛りです。
しかし、お店の売上は年々上がってはいるようです。

私はいつもはスーパーに置かせてもらっています。
出荷のライバルが限られるのでありがたいです。
袋詰めは避けられませんが。
他に小さな直売所一つと、週2回の朝市に出すことがありますが、
いまや我が家にとってファーマーズが最も売れない場所になってしまいました。

参之介さんはナスは300本作っていらっしゃるんですね。
やはり私はたいした量でもないのに手間取ってるんですねぇ。
オクラは時期柄、虫の害も多く、品質チェックしつつ袋詰めするのも
かなり時間がかかります。
もうちょっと効率を考えないといけませんね。

別の知人からは夫婦で10aのトマトを作った話を聞いてびっくりしたな…。
(無加温ハウスです)

2012/09/10 (Mon) 22:26 | EDIT | REPLY |   

ハウス農家  

こんにちは

はじめまして、貴殿の文章は現代農家の問題を端的に突いており共感致します。
私は都内近郊という商圏があり、トマト早出しで手売りで市価の倍でも売れる利点はありますが、昨今の灯油価格の上昇と俗に言うプチセレブな顧客は離れませんが、所得は減っているのか(私ごときの推測で失礼ながら)普通の家族層の顧客は確実に減っているのはひしひしと感じてはおります。
ただ実際の経営者たる父親は相変わらずガンガンボイラーを焚いて雪の降る2月にトマトを販売していて頭が痛いですが…。
これからは利益率は低いながら他の農園と差別化でき早期に顧客を固定化できるハウス栽培は父親に任せ、五月以降から夏場に販売する為雨避け露地栽培を本格化しようと思い意図的に酸味のある品種を栽培しております。ただ父親からの教えから牛糞堆肥を農業何とかの御指導書の三倍は投入している為か酸味より甘味があり昔風な味が出ないのが問題といえば問題です。
実の割れは完熟直前に採取するのがチェックしたりするのが面倒ですが、商品ロスが個人的に大嫌いなので仕方なくやってます。
新規農家は絶対に増えません!けど跡継ぎ農家の意識向上は可能性がまだかすかにあります。実子でなくても孫でも普通の感覚がある方の参入は期待したいです。
設備は新規農家より絶対にありますからね。
はっきり言えば商圏のある主要都市半径30キロ圏で五反畑があり二反以上田んぼがあり多少にかかわらずアパート経営でもしているのが親族にいれば、絶対に農家継いだ方が良いです。

2012/09/14 (Fri) 23:01 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: こんにちは

>ハウス農家さん。
自分の親父が、目の上のたんこぶになってる農家さんはかなりいるらしいですね。私も親ではありませんが、回りの農家や、イベントでの自称成功老害農家がかなりウザイです。

>新規農家は絶対に増えません!
この意見は農業を始めようとする、夢見がちな人に講習会を開いてほしいぐらいですね。そのとおりだと思います。

2012/09/23 (Sun) 18:39 | EDIT | REPLY |   

Post a comment