新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

健康食品並みにある土壌改良材

農業にとって土は基本であり、生命線であり、最も大事な要因の一つでもあります。新規就農からベテラン農家まで土壌に関しては気を使いまくっているはずです。そのせいか、巷には土壌に関しての補助材や改良剤が溢れています。そう、ざながらドラッグストアに並ぶ健康食品の如く。まあ、両方共に、胡散臭いのは変わらないのですが・・・。
えっ?何が胡散臭いのかって?そりゃそうでしょう。ロクに臨床試験もしないし、実験データもないのに、結構な額で販売している、ただ土や作物に効く、かもしれないということでね。こういうのはスゲエ色々あります。米糠とか、籾殻、魚粉、最近だと竹チップとかね。こういうのはまあまだいいといしても、ホームセンターではかなり数多くの製品が売られています。家庭菜園農家にとっては、面白いかもしれませんが、私のようにそこそこの規模をもつ農家にとっては全て眉唾物です。なになに?この資材を入れれば、肥料も要らなくなり、連作障害も出ないし、作物の成長は勿論、いれれば入れるほどいいって?嘘っ臭せぇぇぇぇぇ!!!何その下手な霊感商法みたいなやり口。でもこういう商品が置いてあるということは、買う人がいるからなんでしょうね。しかもまたこういうのは値が張るんだ。原材料はほとんどタダみたいな商品が多いくせにね。
 私も行く先々で、色んな土壌改良材を薦められます。何か、~菌がいいとか、有名なHBー101とかね。こういうのはちょっとした宗教に近いもんがあるので、あんまり他人に薦めるのはどういうもんかな。これは効くと思ったら、、自分で使い続ければいいと思うのですが。でもまあそういうのを薦めたくなるのもヒトの性かな。どの農家もオラが畑は世界一ィィィィ!と思ってるでしょうから。私は聞かれたらこういう堆肥を使ってます。とは答えますが、ソレをいちいち押し付けたりましません。こういうのがあるよ~程度で、世間話感覚ですかね。
スポンサーサイト

1 Comments

おっさん  

農家始めた年から五年間、土壌改良資材や肥料は、これまでいろんなの使って試した結果、土が壊れました。

六年目からは使う肥料は自分で寄せ集めで作ってしてました。
結果は、そこそこ土の改善になってきました。

でも、それも3年続けてやめました。

まず結果としては、(自根)連作障害で枯れることはなくなりましたが収量の改善まではいたらなかったからです。

土壌は診断した結果、CECは上がり窒素以外は全て規定内かそれ以下になりました。
土壌中の虫もかなり増えました。

現在は、肥料の代わりに残渣と雑草を使ってます。あとはスーパーで売ってる食品を使って、土というか虫の餌もかねて栄養剤変わりに潅水してます。

来年からは今作ってる栄養剤に堆肥から作る液体肥料を混ぜて定植前に通路に潅水しておこうと思ってます。

肥料や土壌改良資材は買う必要ないと思ってます。

畑に行けば見える所に土壌改良資材や肥料になる物がタダで手に入れることができると思います。

それも、自分の畑に適合している土着菌がビッシリついてる物がいっぱいあります。
自分の畑に世界で一番適合する肥料や土壌改良資材なんじゃないでしょうか。

そう勝手に思ってます。

思うのもタダです…。

2012/08/21 (Tue) 17:39 | EDIT | REPLY |   

Post a comment