地方の衰退

2010.03.04(14:05)

 私は東京に市場調査も含めてちょくちょく帰るのですが、東京から帰ってくると地方の荒みかたが異常に感じられます。1000万都市の東京と比べるのがおかしいのかもしれませんが、それを差し引いてもやはり感じます。これからますます地方が衰退していくことは確かです。高齢化はガンガン進み、若者の都会流出は止める術がありません。なにせ仕事が全く無いのですから。今日もニュースで、「企業の新卒の採用は平均で50%以下」つまりほとんどの企業が新卒を採らないということなのです。都会でこうですから、地方は・・・。  まあ私も地方で生まれていたら、99%の確率で都会に出ていたと思います。地方が悪いとは言いませんが、今現在の風潮を考慮しますと、若い人達が都会を目指すのも致し方ないかな、と。なにせ刺激はないわ、世間はせまいわ、人の噂が(悪い噂)ばっかりだわ、いまだに暴走族がいるわ、出てく理由は数え切れないほどです。しかし地方の若い人を見ると超激不安になります。これから日本が沈みまくるのに、生き残るには、よほど高い学歴を付けるか、強力な資格を取るかです。中途半端な学歴はケツを拭く紙にもなりません。ですから下手に高校なんか行くよりも、手に職を付けて暮らしていく方がよっぽど安泰だと思うのですが・・・。もちろんそれは農業に限った事ではないです。
 しかし若い人の就職希望ナンバー1が公務員とは・・・。10代の頃からもう守りとは。なんだかな。確かに公務員は安定してますが、それ以上のことはなんもありません。つまり入ったら、定年まで人生が見えてしまうのです。面白いかあ?そんな人生。1度しか無い人生、色々やってみたいと思わないのかなあ。まあ今に始まった事じゃないですが。農業に就く若い人がいないというのは、こういうとこもあるんじゃあないかな。つまり「農業は先が見えない→不安、公務員→安定」のような。
 これから都会には異常なぐらい人が集まります。住宅事情も多少緩和されてるようですし。逆に地方はますます衰退し、人口が激減していくでしょう。人口がいないと言うことは税金が集まりません、金が無いのは首がないのと一緒ですので、無い袖は振れなくなりついには・・・・。日本人はいつもどん底に落ちないと分からない民族なので、その時まで待ちましょう。なに、どん底はすぐ近くまできてますから。もうちょい。
スポンサーサイト

コメント
確かに、今正社員の道は難しいかも。
ただ、看護士や保育士などの特定の職業は今は必要とされているよね。
なかなか、国がしっかりしてないから、どうしようもないのかも。
選挙の投票に行っても、政治家が期待通りの仕事をしないと本当に経済はわるくなってしまうばかりだよね。
【2010/03/04 22:21】 | kakuta #- | [edit]
> 確かに、今正社員の道は難しいかも。
> ただ、看護士や保育士などの特定の職業は今は必要とされているよね。
> なかなか、国がしっかりしてないから、どうしようもないのかも。
> 選挙の投票に行っても、政治家が期待通りの仕事をしないと本当に経済はわるくなってしまうばかりだよね。

それでもこの国で生きるのなら、現状を良しとしなくても歯を食いしばって生きなくてはならない。何か変えよう、始めようとするのなら、まず行動しないと。考えることも大事だけど、動いてナンボじゃないかな。結果は後から考えればいい。若い頃から保守に走ってはいけないと思うが。
【2010/03/05 20:12】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/22-cf6f1e25