新規就農者に会って

2010.02.23(13:22)

 先日新規就農者に会って少し話をしたのですが、すげえ違和感がありました。まず農業を営んでいるという、独特のニオイが全くしないのです。ニオイといっても体臭ではなく、雰囲気といいましょうか?ほら同業者ってなんとなく分かるじゃあないですか?そのニオイ全然無いのです。服装もオシャレに決めていて、身なりもキチンとしていました。これは私の服装がショボイとかアースカラーと称して単なる土方着だとか、若作りしてんじゃねーよとか、女の子にモテそうな服を選びやがってとかそのような嫉妬心は一切もちろんありません。服装がちゃんとしているのは喜ばしいのですが、これもかなりの違和感です。普通農業をしていると、日々の作業と販売のことで服装にそんな気を使えません。かくいう私も服といったらワー○マンかシ○ムラ、たまに東京に行ったらユニ○ロです。汚れて困る服など着られませんしね。
 その会った場所はちょっとした販売イベント会場だったんですけど、寒いせいかあまりお客の入りが良くなく、私も持ってきた商品を全部売り切りたいので結構あせってました。なのにその新規就農者は焦るも何も商品自体を持ってきていなくて、ずーと隣でしゃべっているか、タイコを叩いているかで、全然売るそぶりがありません。つーか、この人何しに来たんだろ?わざわざガソリン代かけてタイコ叩きに来たのかなあ?その前にこの人どうやって暮らしてんだろ。
  話してみるとまだそんなに農地を借りているわけでなく、これから徐々に増やすそうですが。それにしても必死にやらなくて大丈夫かなあと思いました。年齢ももう30の後半らしいですし。もう一つ違和感を覚えたのが、「農地はお金を払って借りたくない。こっちが使って無い畑をわざわざ借りて耕してあげるのだから、地代を払う必要はない」という意見。話の内容は私も同感ですが、理想と現実は違います。確かに全国的に休耕田の広さはもの凄い広大になってきました、私が住んでいる千葉県も休耕田が倍になったと新聞で報じられていました。しかし農地を借りる時にはやはりキチンと地代を払わないとおそらくですが、誰も貸してはくれないでしょう。草がボーボーで採石が混じってるようなまとまっていない細かい農地なら借りられるでしょうが、まとまっていてある程度耕運してあるような土地は地代をいくらか払い、地主と契約をしないと、リスクが大きすぎて借りられません。無料で借りるというのは、何時追い出されても文句は言えないようなモノですから。特に農家はがめつくて、ケチな人種が大半ですから。コレを念頭に置いとかないと付き合いづらくなりますので、あしからず。
 やはり若い人が農業をやらない(やれない?)というのは分かる気がします。私ももし人を雇うのなら日本人は雇わないかもしれません。たぶん雇っても3日ぐらいで根をあげるでしょう。外国人のほうが貪欲で技術を少しでも持って帰ろうとするので、その分必死です。日本人は農業ができなくても他の道があるから気楽なので必死さが感じられません。まあ今回会った人も一種なファッションなのかも。そんな人に対して憤りを感じる私が未成熟なのかなあ。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/21-5d1c1040