今年度の野菜の価格

2012.03.04(12:57)

今年は猛烈に冷え込み、野菜などの値段が軒並み高いままです。このまま季節がずれると、春、夏野菜の値段は下がらないまま、高騰し続けるかもしれません。野菜の値段が上がる原因として、去年の残暑、初冬の水不足等が、挙げられますが、主な原因はそれだけじゃあ、なさそうです。 まず第一に去年の震災が挙げられます。なんでもかんでも震災の責任にしたくはないのですが、震災パニック、風評被害に伴う農業の減衰、そして作付け制限。これらが主に関わってると感じられます。作っても売れず、流通もされず、だとしたら作らないほうがいい。東北関係の農家はそのように考える方が多いそうです。ただでさえ、農業は高齢化が進み、離農がメチャ増えているのに震災で更に界王拳並の加速。生産率がだだ下がりの農業で、こうも追い打ちされたら、そりゃあ農業が廃れますわ。んで、需要と供給のバランスで、供給が下がりまくったので、需要が高くなり、つまるところ値段が上がると、こういうわけですな。まあ、値段が高いと言っても、50~100円増しだから大したこと無いっちゃあないんですけどね。
 さてさて、この野菜高騰が温度上昇に伴い、解消されるでしょうか?私的にはあんまし下がらないじゃあないかな?と、考えています。依然収まらない放射能騒動、風評被害、そしてまだまだ上がる原油。農家が被るコストがシャレにならなくなりつつあるのに、今までの値段通り出荷できるかどうかですね。いくら農協が安く出荷しようとしても、農家がそれを許すでしょうか。農協はこれまで通りデカい態度は取れなくなるかもしれませんし。農協は投資で、AIJ以上に大損失しているので、それが明るみに出たら・・・、まあかなり面白い事になりますね。なんにせよ、供給がガンガン減ってるのは確かです。それでもスーパーデフレになりつつある日本。いくら供給が足りなくても、アホみたいに価格はあげられませんし、難しいですな。
 私は今年度、全ての作物の作付けを爆増させます。去年も足りないぐらいだったし。さあ、皆さんは作付けどうします?増やしますか?それとも減産しますか?よくよく考えましょう。
スポンサーサイト

コメント
参之介さん、こんばんは。
taro(20代半ば男)と申します。
「新規就農」、「一人」でググってたら、たどり着きました。
ブログを拝見させてもらって、振興センター、
普及員、農村での人間関係の話など、かなり共感を覚えました。
わたくし、生産法人に二年ほど勤め、現在親交のある農家さんの
助けを得ながら、新規就農を進めています。
実家はサラリーマンの家で、独身の身です。
なので、就農時に一人で就農となるのはわかっていたことだったのですが、最近それがとても悩んでいます。
生産法人で働いてた時は仲間と仕事ができたため、
農作業も特に苦しいと感じませんでしたが、
一人となると・・・・って思ってしまいます。
特に収穫期に収穫と作物の管理を同時にやりきれるのかが不安です。
人を雇うにもお金がないに等しいので、そうもできず・・・。
参之介さんは収穫ピーク時は一人でも乗り切れていますか?



【2012/03/04 22:43】 | taro #- | [edit]
>taroさん
そうですね、前述したとおりに農業は一人ですと、色々な意味でかなり苦しいと思います。私の場合は両親がそこそこ近くに住んでいるのと、畑の近くに住んでいる方に収穫時期になると手伝って貰っています。代金はもちろん野菜です。普段の細かい作業は一人で充分ですが、収穫ピークになると、そうはいきませんので。
 ですから、もし一人で農業を営むなら、普段は自分だけでやり、収穫や農作業のピークの時だけ人を雇うという手もあります。しかしながら、一人というのはいかんせん肉体的にも精神的にも、すぐ無理がきそうです。農業仲間を集めて、共同で農業を営むというのは如何でしょうか?あとは、嫁さんを連れてくるしかないですかね。
 農業はどんなに機械化しようが、人手は必要です。それを視野に入れながら、さらに独立の事を進めた方が良いです。何度も書きますが、一人はホンッとキツいです。お薦めしません。
【2012/03/06 17:13】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
やはり一人は厳しいですよね・・・。
僕も幸い親が早期定年して手伝うと言ってくれているので、
いざって時には頼もうと思います。
しかし、親に育ててもらって仕事の手伝いもさせる、
情けない話ですよ。トホホ・・・。

返信ありがとうございました。
【2012/03/06 20:40】 | taro #- | [edit]
久しぶりに書き込みさせていただきます。
私も今年の作付は増やそうと思っていますが、増やすとなると栽培管理のほうも負担になってきます。
参之助さんは一人で防除をどのようにされているのですか?
【2012/03/06 23:54】 | daojia #xtsQx3EI | [edit]
> daojiaさん
防除?それは病虫害とかのことですか?私は苗を作るとき以外はほとんど農薬は使いません。作物は季節に合わせて作れば、そこまで病虫害は発生しないと思いますし、逆に季節を外すと、病虫害が大発生する可能性がありますから、それは気を付けています。私は基本手間をなるべくかけないで、作物を作るのを信条にしてますので、効率の悪い作物はやらないようにしています。
 防除と言えるか分からないですが、せいぜい草を抑える黒マルチングと鳥除けネットを張るぐらいですかね。農業は手間を掛けたらそれこそキリがないので、費用対効果を考えながらやってます。自分でやれば人件費はタダみたいな考えは農家でよくありますが、そんな奴隷根性はまっぴらご免です。自分の労働力をキチンと労働力換算して、作物を作った方がいいと思います。
 
【2012/03/07 10:13】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
返答ありがとうございます。

参之介さんはやはりアブラナ科の野菜は作られないのでしょうか?防除しないとアオムシやヨトウなどの食害が半端ないと思うのですが。

それと、黒マルチをしたときに堆肥マルチのようにお使いの鶏糞はどのようにまいているのですか?(おっしゃっていた現代農業の記事をバックナンバーで読みました)

>自分でやれば人件費はタダみたいな考えは農家でよくありますが

そうですね、わたくしもこれからの農業は自分の労働時間の管理がカギになると思います。
【2012/03/07 11:56】 | daojia #xtsQx3EI | [edit]
daojiaさん
> 参之介さんはやはりアブラナ科の野菜は作られないのでしょうか?防除しないとアオムシやヨトウなどの食害が半端ないと思うのですが。

作りますよ。ただし、種を撒く時期を厳選してます。ダイコン、カブ、ホウレンソウ、コマツナだったら10月中旬~11月上旬ぐらい。キャベツ、ブロッコリーは、8月中旬~9月上旬ぐらいです。白菜もそうですね。ちょっと遅いなと思われるかもしれません。確かに、ちと遅めなので収穫時期は早くて12月中旬くらいからです。ですが、そのおかげで、気温が低くなり虫がほぼいなくなります。早植えすると、虫は多いし、真夏の水不足に直撃するし、秋物野菜が大量に出て値崩れするなどと、いいことがあまりありません。私は夏野菜を11月一杯まで収穫するので、これで丁度いいです。農薬は苗を植えた当初に、粒状オルトランを、少量撒くだけです。これでヨトウムシの被害はほとんど受けません。あと植え幅もかなり密植させてます。
 去年~今年に掛けて、残暑と水不足が響いたおかげで、市場に野菜が枯渇し、おかげで私はウハウハです。ホウレンソウも寒さでよく身が締まり、甘みが増し、1袋250~300円で売れます。種代は1000円ぐらい、肥料代はタダ、農薬代もほとんどかかりません。んで、春になりまた市場に野菜が出だして、価格が下がりだしたら、私の野菜も丁度良く捌けきります。次は夏野菜にシフトです。
 私は特別な農法は特にしていません。昔の通りに季節に合わせ、栽培しているだけです。この方が楽で、野菜が高く売れると思います。
 

> それと、黒マルチをしたときに堆肥マルチのようにお使いの鶏糞はどのようにまいているのですか?(おっしゃっていた現代農業の記事をバックナンバーで読みました)

え~とですね、これは文章だと説明しにくいですが、まず普通に黒マルチを張ります。張ったら校庭をならすようなモノ(西遊記で沙悟浄が持ってる武器?みたいな)に釘を打ち、マルチに細かい穴があくようにします。間隔は作物の植わってる間隔で空けていきます。そんで、そこに鶏糞を小鍋1~2杯盛っておけば、雨水が染み込み、肥料分が行き届きます。雑草も釘ぐらいの穴の大きさなので、生えてきません。
う~ん、分かりづらいな。実際一目見てもらえば1秒で分かるんですが。
【2012/03/07 18:21】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
堆肥の撒きかた、分かりました。なるほど、そんなやり方もありですね、とても参考になりました。ありがとうございます。今度やってみます。

野菜の播種時期はやはり地域差もありますね。
私の辺りでは、12月上旬にはー5℃とかになったり、雪が降るので、秋野菜の栽培期間が限られ、遅まきできないうえ、出荷時期がみんなだいたい一緒になるので、早播きするしかないんです。それか、雪が積もるのを利用して、雪中キャベツとか土の中に保存するしかなさそうです、でもそれも結構みんなやってたりしますが。でも、品種とか越冬栽培とか考える余地はありそうなので、いろいろやってみます。

それにしても、今年は高いとはいえ、ほうれん草一袋300円とは高く売れますね、東京という土地柄と無農薬無化学肥料ということで付加価値がついての値段なのですね。
【2012/03/07 23:15】 | daojia #xtsQx3EI | [edit]
自分は規模拡大中なので、そもそも増やす予定です。
完全1人でやってますが、回し方わかってれば
そんなに苦労はしません。
今は早めの栽培が増えているので、一番ローコストでいける
時期時期の作り方するとかえって物がなくて売りやすかったり。
高く作って高く売るんじゃなくて、安く作って高く売ることが
大事だと思います。
【2012/03/09 12:14】 | やま #- | [edit]
こんにちは、はじめまして。

宮城県東松島市のオーモリー(42歳、既婚)と申します。

3年前にUターン就農しました。

農家の長男で金食いハウスでトマトやきゅうり栽培を

親から引き継いで経営しておりましたが

昨年の震災で津波被害があり、今後の農業経営について

ネットで思案中、百姓参之介様のブログにたどり着きました。

拝見していて、非常にカジュアルな文脈と鋭い分析、

わかりやすい解説で親しみを感じました。

農業とはカンケーなさそうなドーナツと

淡い色使いのウェブデザインは高感度アップですね?!

オフ会があるとしたら参之介農教団に入信したいぐらい

とても好印象です。

今後も参考にさせていただきます。






【2012/03/19 02:19】 | おおもり #- | [edit]
おおもりさん

 ありがとうございます。そこまで言ってくれるとこのブログを始めた甲斐があった気がして救われます。いやー、結構な批判もありますのでね。まあそれを承知で始めたんで文句はあんまし言えませんが。
 これから農業はますます厳しい業界になっいくと思います。値上がりの上限が見当つかない原油、資材高騰、TPP、ハイパーデフレと、農家にとって厳しくなる条件がありすぎて、先行き不安どころじゃあないような気がします。そんな中でどうしたら生き残っていけるか、それが私のメインテーマでもあります。ハウス栽培を真っ向に批判しているわけではありません。それで食べていけるなら、ハウスだろうとなんだろうと農業としてやっていくべきです。ただ、私にとってこれからの厳しい時代に、ハウスはそぐわないのでは?ということなんです。だからやりません。

> 農業とはカンケーなさそうなドーナツと
> 淡い色使いのウェブデザインは高感度アップですね?!
いや、これはまあ意図的っていえばそうなんですが・・・。いやホラ、書いている記事も記事だし、本人もムサイオッサンだし、少しでもそれを和らげて、ガチガチ農業ブログに見えないようにという苦肉の策です。なんで壁紙は定期的に変えてます。


私のような農業駆けだしのペーペーが、おおもりさんのようなベテラン農家にアレコレ言うのは大変失礼だと存じ上げますが、これからもどうか拙いブログにお付き合い下さい。お互い頑張りましょう。応援してます。

【2012/03/19 18:32】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/197-26b5f7e3