相も変わらずハウスネタで。

2012.01.23(13:58)

ビニールハウスに関しては、私はしつこいぐらいにブログのネタにしてきましたので、正直もうあんまり書くことは無いっちゃあ、無いのですが、まだハウスについての書き込みが絶えません。少ない数の書き込みでしたら、シコシコ返しますが、似たような質問が続くと、かなり返信が億劫になります。 何度も書きますが、農業についての書き込みは大賛成です。モリモリ書き込みして下さって構いません。私もまだまだ勉強不足なので、その至らない点を教えて下さるのは、凄く勉強になります。しかし、ビニールハウスについては少々食傷気味なので、これからハウスについて書き込む方は以下の事を読んで、理解してから書き込んで下さい。面倒かもしれませんがよろしくお願いします。

①私のビニールハウスについての記事を全部読んでいる。
②「ハウスが儲かる」という言葉だけでなく、具体的理由、数値を書いて欲しい。(栽培面積、純利益、販売方法、跡継ぎ農家か否か、など。)
③資材が高騰し続けているのに、資材を使いまくるハウス農業を選ぶ理由。
④ハウスがそんなに儲かるなら、なぜ全国で廃ハウスは増え続け、跡継ぎ問題は解消しないのか?
⑤新規就農がハウス農業を始める場合、どのくらいの規模、資金が必要なのか?

⑥これからますます不況になり、購買力が落ち、デフレになる時代をどう乗り切るか。
⑦イラン情勢がかなりキナ臭く、もし原油が上がりまくった時の対処は?
⑧私は、ハウスをやるなとはいあがっていませんし、強制もしていません。あくまで私の意見です。ハウスが儲かる!という方は是非頑張って続けて下さい。



以上ですが、まあ私の基本的スタンスはハウスは儲からないというか止めといた方がいい、ですね。
スポンサーサイト

コメント
別に、ビニールハウスネタに拘ったわけではありませんが、気分を損ねたようでしたらすいません。
ただ、わたくしのように岩手のような雪国では、ハウスがないと12月から5月までの野菜の出荷がかなり厳しいもので(雪が解けて畑が乾くまで耕せない)、ハウスが儲かるとだけでなく、ないと困る状態に近いところがあります。露地が主力ではありますが。
まぁ、でもハウスネタはここまでにして、参之介さんは一人で1町歩の畑をきりもりしてるようでとても尊敬します。
その状況に合わせた栽培品目や販売など、大変参考になりました。ありがとうございます。
減農薬有機栽培のうえ、味にこだわって栽培してらっしゃるようですが、お使いの種は固定種なのでしょうか?人参をクリーンシーダをを使って播種してるとのことでしたので、コーティングされたF1種なのかなぁと思いました。我が家では黒田五寸という昔からの固定種を使ってまして、大手種苗会社の人参に比べて軟らかく人参の味がします。ただ、種が人参そのままの種なので、播種機が使えないのが難点です。。
他の品目でも固定種は結構あるので、わたくしも、これから直売をメインにしていこうと思っているので、他との差別化を図るために検討中で、これを栽培するのは参之介さんのような方法が一番適しているので、もしかしたらもう取り組んでらっしゃるのではと思い、コメントさせていただきました。
御意見をお聞かせいただけましたら幸いです。
【2012/01/23 20:36】 | daojia #xtsQx3EI | [edit]
>daojiaさん
 いや別にあなたの書き込みのせいで、今回の記事を書いたワケではないので、お気になさらないで下さい。ただ、ビニールハウスは現代農業の根幹農法とも言えるモノなので、皆さん色々思う所があるのでしょう。それを私のようなポッと出な新規就農者にしたり顔で書かれたのが気に障ったのかもしれません。農業は基本、実験農業です。まだまだ試すことは色々あるはずです。ですから、自分でコレだ!という農法があれば進んでやるべきです。他人がどうこう言おうが「農業は食えて(暮らせて)ナンボ」です。


>お使いの種は固定種なのでしょうか?
 私が使う種は固定種限定ではありません。主に味、値段で決めています。ですから、人参はサカタの「ベーターリッチ」です。この種はコーティング種子なので、多少割高ですが、他の普通の種より発芽率が異常に高いので重宝してます。発芽率に関しては種苗会社の人に聞いたので確かです。何か「コーティングする分コストが掛かるから、種は発芽率が高いのを選んでいる」だそうです。減肥栽培可能、味も悪くないです。
 種蒔き器は本当に仕事が捗ります。ヤバイくらいに。等間隔で撒いてくれるので、間引きの手間がほとんどなくなりますから、ムダ蒔きが減り種代も浮きます。ただ値段がムカツクぐらいムダに高いです。

販売方法は私もまだ模索中な所もあります。なるべく基幹作物を3~4品目ぐらいにして、それをドカッと全量買い取りにしてもらい。あとチョボチョボと直売ですかね。最小の労力で、最大な利益を得る。こんな感じでしょうか?
【2012/01/25 18:17】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
今年から行われるであろう、新規就農者に年間150万円についてどう考えていますか?
【2012/01/26 12:02】 | タケオ #- | [edit]
御返答ありがとうございます。

>最小の労力で、最大な利益を得る。
わたくしも、これを目指して頑張っていこうと思います。


>種蒔き器は本当に仕事が捗ります。ヤバイくらいに。
これ、激しく同意です。ほうれん草や小松菜はもうこれがないとできません。。暖かい時期に調子に乗って播き過ぎると収穫が追いつかなくなったりしますが…。

>ただ値段がムカツクぐらいムダに高いです。
そうですよね、この間、消耗品の部品(ブラシとスポンジの付いた金具)を交換したら、4,000円も取られました・・、どう見ても1,000円くらいなのに。なんかプリンターメーカーの商法みたいです。でも、部品が摩耗してると間隔がめちゃくちゃになりますし、すぐ減るし…。

【2012/01/27 01:32】 | daojia #xtsQx3EI | [edit]
>タケオさん。
>どう考えていますか?
うん?、どういう意味ですか?質問が漠然としているので。え~と、補助金についてのコメントでいいのかな?この補助金については去年から噂は聞いてましたが、もう法案は通って可決されたんですか?まあ、この補助金に限らず、くれるモノなら貰った方が良いと思いますが。それでも新規就農者に年間150万じゃあ、まったく足りないですけどね。
【2012/01/27 13:05】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
まだ可決されてはいないようですが、自分は貰おうと思っています。
私も世襲農家ですが、親とは全く違った農業をしています。私はハウスで椎茸の栽培をしています。去年の震災で会社が立ち行かなくなり会社都合で辞めました。まー会社員の間に始めていて、販路もありましたので規模を拡大してやっています。
心配していた暖房機のコストも年間10万位ですね。売り上げも今年は800万位を目指しています。ざっと500万位残る予定です。
新規就農者は色々と大変かもしれませんが、自分も新規就農者と同じ様なもんです。色々模索すれば新規就農者でも生き残ることも出来るのではないでしょうか。自分は販路が何より大切だと確信しています。
【2012/01/27 21:50】 | タケオ #- | [edit]
タケオさん、世襲農家はもらえませんよ、今のところ。
まぁ、制度がまだ決まったわけではないので分かりませんが。
まずは、地域のマスタープランとかいうのに名を連ねないといけないみたいですし、それには役所の農政課とか農業委員会とかいろいろと絡んでくるのでかなりめんどくさそうです。
【2012/01/28 11:34】 | daojia #xtsQx3EI | [edit]
世襲農家でも全く違った作物、違った形態でやれば一応、出るらしいです。担当者確認済みです。しかしこの国では農地は農家でないと買えない、この体系は如何なものかと思います。TPPだなんだというわりには脇が甘いような気がします。農業はやはりそんなに儲からない、そうであれば、何かしらの打開策を踏まないとこの国は破滅するでしょう。食、これはやはり生命の源です。農業無くして発展はなしでしょう。そう思う今日この頃です。
【2012/01/28 16:29】 | タケオ #- | [edit]
>世襲農家でも全く違った作物、違った形態でやれば一応、出るらしいです。
わたくしも農政課に確認してこのことは知っています。要は、確定申告を別々にして独立経営するということですが、いずれにしても制度自体が決定事項ではなく、『上に政策あれば、下に対策あり』のような、小手先の方法の印象がぬぐえませんでした。

それと、農地は買うものではないと思います。生産手段の要素でありながら減価償却できないのですから、買ったとたんに資産計上されて税金まで取られますし。もっと借りやすい制度を構築するのが最良かと思います。参之介さんのおっしゃるように放棄地に宅地並みの固定資産税をかけるのが一番だと思います。
【2012/01/28 21:02】 | daojia #xtsQx3EI | [edit]
daojiさんこんばんわ。
私は農林水産省に聞きましたが、かなり親切に教えていただきましたよ。この政策は今国会でおそらく可決されるのではないでしょうか。利用出来るのは利用する事として、私はこの政策が可決されれば、今より更に規模を拡大してやる予定です。無駄にはしない所存です。
この政策の様に色々な交付金で農家を食いつないでいる農家もあるでしょう。しかし私の周りでも世襲農家ではありますが若手も農業をやっています。私たちの様な志を持つものに交付金が入るなら未来も少しは見えてくるものではないでしょうか。
【2012/01/28 22:14】 | タケオ #- | [edit]
農地は減価償却できないとかいてあるのを見ましたが、補助金の範囲内であれば圧縮記帳で経費として計上できるのはしらないのですか?

一括で経費として落とせばトータルでは減価償却と同じでは?
【2012/01/29 19:40】 | 水稲農家 #- | [edit]
耕作放棄土地に宅地並みの税金掛けたら、みんな手放すのでは?
そしたらますます、荒れ果てるのでは?
税収だって落ち込むのではないでしょうか?
どうでしょう?
【2012/01/30 10:15】 | 農民 #- | [edit]
しかし農業はお天と様とともに生活しているのかと思っていたら ハウス栽培のように っそれをさかてにとって商売していることは素人一般市民はしらないひとがほとんどでしょう
もしかしたら 昔の農業に戻そうとしている大きな力が働いているのかもしれません
重油価格もこれ以上あがることはあっても下がることはないでしょうし 新規でのハウス栽培の参入はなかなか難しいです
北海道の農家では ハウス栽培しているかたはわずかです
冬にハウスが倒壊する危険もありますし 冬の重油代考えるとあわないです
自然の農業がまた日の目をみることを願います
自分の心の神は 露地にしろとささやいているのですが、本人決断できない今日この頃です

【2012/02/08 19:40】 | だんご侍 #- | [edit]
>だんご侍さん
随分深く考えていらっしゃるようですね。そこまで真面目に農業に取り組むのでしたら、私が心配するような自体にはならないと思います。例えそれがハウス栽培だとしてもです。
 私がハウス栽培に警鐘を鳴らすのは、新規就農者に対して安易にハウス栽培を薦める自治体が余りにも多く、且つ無責任だからです。薦める本人達がほとんどハウス栽培を経験したことないのに、資材屋やJAを潤すために薦める、これは立派な詐欺だと思います。
 確かに露地栽培はハウスほどの爆発的な売り上げを出すのは、難しいかもしれません。しかし、売れる作物だけをピンポイントで大量に栽培できれば、かなり面白いと思います。まあ、ハウスも露地も、問題は販売先なんですけどね・・・。
【2012/02/12 18:23】 | 百姓 参之介 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/191-ece5d2fa