新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

野菜通販は儲かるか!?①

「参之介さんは、野菜の通販をやらないんですか?」という質問をブログ内に限らず、商売先やその他でよく聞かれます。確かに野菜通販を手がけてる農家さんも数多く、大手さんだとオイ○ックスやラディッシュ・○ーヤなんかがかなり有名ですね。野菜通販は売る側に多大なメリットがあります。
まず、1箱いくら~で、売れますので、直売所のように出荷したのに、売れ残るということがありません。次に自宅で梱包して出荷できるので、搬送経費が掛かりません。大体送料はお客さん持ちですし。換金性が高く、野菜個々に値段設定も必要ありません。そして1~2週間で一箱を送りますから、その出荷箱数で売り上げが一目瞭然で、とても分かりやすい点も挙げられます。余剰作物が出来にくい点もあるかな?こうして見るとかなりお薦めの販売法というのが分かります。
 実は私も以前に野菜通販をやっていた時期がありました。通販顧客も30件ほどあり、まあまあの売り上げもありました。それでも現在はやっていません。では何故私は、この通販を止めてしまったのでしょう。一見、儲けそうに見える野菜通販は多大な労力が掛かります。野菜通販は確かに一箱いくら~ですが、その一箱には様々な野菜を入れなくてはいけません。キャベツだけがミッシリ、箱一杯に入ってるとか、ジャガイモだけ、と言うわけにはいきません。野菜通販を希望するお客さんは、色々な野菜が欲しいのです。中には一種類だけでも良いというお客さんはいるかもしれませんが、希です。そうすると1箱最低10~20種類の野菜が必要になってきます。そうしますと、常時畑にその分の作物を栽培しておく必要がある、つまり手間(労力)が増えます。春から夏はまだ色々ありますが、冬などはかなりキツイです。
 梱包の問題もあります。


続きます。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment