新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

今、ビニールハウスネタが熱い?

このブログを初めて早1年ちょい。どこにもリンクせず、宣伝も一切しないのに、最近書き込みが楽しくなるぐらい多いです。皆さんがこのマニアックオッサンブログをどのように見つけてくるのかなあと、考えました。そして書き込みの多い記事をチェックしたらほとんど、ビニールハウスネタの記事の時。
たまたま今のビニールハウスの金額相場をグーグルさんで調べようと思い、「ビニールハウス 価格」で入力したら、アレ?何コレ?上から3~4番目ぐらいに、私のブログが!?なんと、694000件もHITして最初のページに載ってるとは。どおりで最近ハウス狂(教?)の信者から、乱暴な書き込みが多いと思った。
 しかしアレですな。そんなに嫌なら、こんな無名のオッサンブログなんか見なきゃいいのに。しかもご丁寧に書き込みまでしてくれるんだから、私のブログも愛されてますなぁ。他の記事ではあんまし噛み付かれないのに、なんでかハウスネタになると、皆さんいきり立ちます。農業にとっての禁句に近いのかしら?それでも相変わらずハウス賛成派は具体的な数値は出してくれず、純利益も誰も教えてくれません。そんなにハードに儲かっているのなら、堂々と教えてくれればいいのに。「俺は純利で2000万以上!普段から作業車代わりにベンツ転がしてるぜ!」ぐらいに。何故か教えてくれません。予想される理由は、①JAに販売から収益管理まで任せてるから自分は分からない>②親に頼りきってるから自分は分からないただ惰性でやってるだけ。さてどれでしょう?
 何回でも言いますが、私は頑なにハウス栽培に対して反対しているわけではありません。ただ新規就農者や、これからハウス栽培は時代にそぐわないと言ってるだけです。私のブログは参考程度にして下さいとも前々から書いてます。ハウス栽培を始めるのも、止めるのも、本人次第です。ハウス万歳の方はそれで構いません。生き方まで否定する気は全くありません。私は何も強制しません。それこそ自己責任です。ただ私は、ビニールハウス栽培には手を出しません。これからの日本では特にヤバイ感じがします。色んな意味で。
スポンサーサイト

5 Comments

やま  

No title

コメントありがとうございます。
それだけ皆さん農業に対する思いが熱いってことじゃないでしょうか?

ハウスの件ですが、借りれば一反10万くらいですし、
壊して建てればビニール代くらいです。
ビニールすら再利用する人もいましたけど。
僕は単棟ハウスを連棟に組み替えたりしたので、
余計な部材がいりました。

利益は経費で潰しちゃうのでしょうが、概ね4割じゃないですかね。
坪2万取れる作物はほとんどないですけど、普通にやったら坪1万でしょうか。

漁師が養殖に、農家がハウスに、
労働環境の改善の面も大きい気がします。





2011/08/08 (Mon) 23:40 | EDIT | REPLY |   

農男  

貴方に聞きたいというか、なんと言うか。
じゃー新規就農するには結局どーすれば良いと思いますか?
私の場合は、ハウスと露地栽培でうまく行きましたが、このブログは新規就農者以外でも見たりするから参考になると思うんです。
土地は何坪でどこに売りどの位のお金があれば良いのか?
私の考えでは新規就農者こそお金を貯めてローンを組まないでやる露地栽培ハウス栽培でやるのが良いと思います。

2011/08/12 (Fri) 06:54 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: タイトルなし

> 貴方に聞きたいというか、なんと言うか。
> じゃー新規就農するには結局どーすれば良いと思いますか?
> 私の場合は、ハウスと露地栽培でうまく行きましたが、このブログは新規就農者以外でも見たりするから参考になると思うんです。
> 土地は何坪でどこに売りどの位のお金があれば良いのか?
> 私の考えでは新規就農者こそお金を貯めてローンを組まないでやる露地栽培ハウス栽培でやるのが良いと思います。

http://mame564.blog110.fc2.com/blog-entry-162.html#more
↑この記事に答えを書きました。

2011/08/12 (Fri) 19:12 | EDIT | REPLY |   

dff  

NO TITLE

古い記事だと思うので言うのもあれですが、検索してくる人もいると思うので、コメントしておきます。

ハウス栽培はやはり九州以南が圧倒的有利で、逆に言えばそれ以北はあまり良いとは思いません。

新規就農で土地利用型をしろというのも、条件によっては厳しいかもしれないので、面積あたりの収入が高いハウスも選択肢の一つには入るとは思います。

九州あたりなら、台風+米を作れない時期に、有利な条件で促成栽培が可能です。

スイカの場合、大体ハウス1本(5m×100m)あたり労働時間150時間と言われていて、暖房なしの多重被覆による栽培を行い、ビニールをある程度使いまわしして、純利益は45万(売上60万-経費15万)ほどで、時給に直すと3000円ほどで、管理人様ほどは稼げないとは思いますが、新規就農者が食っていくくらいの収入はあります。

具体的には60cm株間で300本以上苗を植えて、作物を半年の間で2回とります。

大体65歳以下の夫婦規模で、15本が平均ですが半年の促成栽培で夫婦で675万、一人あたま300万ちょっとくらいになりますね。

あとトマトは八代が有名ですが、八代ほど暑くない九州地方でのトマト農家の話は聞いたことがあります。

気温や日照時間の点で冬場は干拓地が燃料代少なく済み、圧倒的に有利で生産量トップなのですが、意外と秋や春に作れる干拓地ほど暑くはない九州地方もまあまあ稼げるようです。

台風覚悟になりますが、秋トマトで全盛期は夫婦で日に1.2トンを毎日とってて、純利益で200万ほどを米の傍らで期間は2ヶ月ほどで、労働時間は300時間程度。

規模は米の傍らなのでハウス(5m×100m)4本で、もし米なしのトマト専門なら8本くらいは作れるらしいです。

一見スイカ以上の時給に見えますが、台風で気が気じゃないし、実際に来る時はハウスやトマトに害が出ないように対策をして余計に労働力がいるので、それを考えるとスイカよりは少しいいかな?程度です。

ハウス栽培は人件費の安い国におされ、土地利用型や露地は膨大な外国の土地におされ、

露地にしろハウスにしろ、儲からなければ他の作物を作るし、
儲からないといってその作物の生産者が減れば需要と供給の関係性により、その作物の相場は上がり、そうやって均衡が保たれています。

正直な話ハウスがやばいときは、そりゃ露地もやばくなってるでしょうね。
日本にいる限りは農家は運命共同体ですよ。

ネットにはごろごろ情報転がってるので一度「ハウスがいけない」と思い込むことでネガティブな情報とネガティブな分析、自分都合の分析しかできなくなってる人は多いので、出来る限り客観的に見れるようになるといいですね。

2014/03/31 (Mon) 01:37 | EDIT | REPLY |   

長崎の研修生  

NO TITLE

同意ですね、
なかなか 的を射たコメントだと思います

農業は 「なにをつくるか」をはじめに決めるものではありません
「環境(気候)にあうもの」を 
「環境にあった方法」で 
「効率的」に 
「より売れる方法」で
行えれば 農業で儲けることはできるのではないか 
と考えていますし
そう考えれば ビニールハウスも 
有効であるケースも当然ありえると思います

例えば 農業では 機械化に頼りすぎるせいか 
スケールメリットばかりを考えがちですが 
当然 広さが倍になっても 収益が倍になるわけではありません
スケールメリット重視、推進は 農業全体で考えると
過剰生産の状況を生み出し 市場価格の低下を招き
しかし 結果 安い収益で必死に広い農地を管理し
過酷な労働を行い それでも なお
農家は足らない収益を広さで補うしかないと考える・・
そして 大量に収穫された作物は販路が限られる・・
といった 農業の悪循環を生み出しているような気すらします

わたしが 農業に必要だと考えるのは 「販売方法」も大事ですが
「時間の凝縮」です それは「二毛作」や「裏作」のように 
「暇なとき何か別のものをつくる」という単純なことではなく

「作業の簡略化、効率化、同時進行」 
「効率的な品目選び」
といったことですね

その際 施設が有効であれば
それはそれで 正しい選択であろう と思います
 
このブログは 本当に 有益な情報が満載ですよ
このブログのどこに 有効性を感じ取るか・・
そこが大事だとはおもいますが

農業を愛する人のためのこのブログを強く支持します
ここに農業生き残りの答えがあると思うのです

2014/03/31 (Mon) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment