新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

灼熱のビニールハウス

最近はちょい涼しかったですが、またかなりの暑さが戻ってきました。畑で私が汗をドバドバかいてる最中、隣のビニールハウスでは、トマトとキュウリの片付けと、土壌消毒の準備で大忙しです。
現在、外でも暑さが厳しく、熱中症にならないように、注意しながら時には首にアイスノンを巻きながら、作業してます。外でこの状態です。それなのに隣のハウス内では、手作業で作物の後片づけをしています。ハウスはかなり大きいサイズでも、軽トラや機械を中に入れるのが、難しく手作業に頼らざるをえません。仮に機械が入ったとしても、トマトの残りを引っこ抜くのも、細かい作業は全部手作業です。それを50℃近いハウス内で、作業します。ハウスの屋根や、回りは全部開口していますが、気温は高いままです。一度私も好奇心でハウスに入らせて貰いましたが、入った瞬間、「うわっ!熱っ!」という感じで、10秒居られずにハウスから飛び出しました。下手なサウナよりも暑いです。ちなみにハウス内では、いではなく、いでした。ぶっちゃけた感想としては、「何でこんな事してるんだろ?」と、素直に思いました。一番キツイ季節に植え付けて、一番キツイ時期に片づける。そんで、実入りはチョッピリ。本当に本当に、どうしてここまで、ハウスにこだわるのかサッッッッッパリ!分かりません。正に「ハウス狂」ですな。あー、そういえば去年の猛暑で、ハウス内で片付けの最中、熱中症で亡くなった人が多数出ました。あんな作業で死にたくは無いなあ。皆さんも暑さに気を付けましょう。農業だけでなく、働いてる全ての人が身体が資本です。壊したらそこで試合終了です。どんだけお金を持っていても、車を、土地を持っていても、身体を壊したら何も意味がありません。自分に合ったペースで働きましょう。無理は禁物です。 
スポンサーサイト

11 Comments

農男  

No title

新規就農して約5年たちます。
たまたまこのブログを読みました。感心するところがかなりあり面白いと思います。
私は5年前に脱サラをして就農しました。当時のことを思い出しているうちに私の農業もかなり変わったと思いました。
私は代々受け継いだ農地が約1200坪ほどあり近所の農家に貸したりしていました。水田もありましたが今では全て畑としてやっております。
新規就農するにあたり1200坪の農地でまず何ができるか?というのを考えました。一年の年収をこの農地だけで出さないといけませんでした。露地栽培ではなにができるのか?たった1200坪では年収は出せないと思いました。そのためハウス栽培と露地栽培の混合でやろうと思いました。
私は会社員の時の貯金が少なからずありましたのでハウス栽培をやってみようと思いました。最初ハウスを作る時にはお金がかかりましたが長い目を見て決断しました。300坪のハウスを当時300万かけて作りました。
最初の年は水耕栽培でサラダ菜 ほうれん草を主にやりました。市場に出しているうちに市場の方からトマトの話があり興味本位でトマトもやる様になりました。そのうち水耕栽培でトマトをやることに本腰をいれ今ではそのハウス全てでトマト栽培をしています。来年には規模を拡大しようと考えています。水耕栽培では計画的に生産できます。これは露地栽培よりは確実です。
露地栽培で年収出すに私の憶測では最低2000坪ないとできないように思います。それだけの土地を新規就農者が手配できるかは???な所です。露地栽培にもいいところはたくさん有ります。しかし新規就農者がそれなりの規模をもてないのならやはりハウス栽培を視野に入れるんではないでしょうか?

2011/08/04 (Thu) 21:02 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

農男さんのコメント読みましたが、何を語ってもアンチビニールハウスヤローにはダメだな。無駄だね。
自分の意見が正解だと思ってるからさ。
日本にはたくさんのハウスがあって利益出してる人もいるの自分の意見ばっかりでさ。たいした販売先もなく儲からないばっかり言って否定しすぎだね。終わってるな。まともにやってから書けって。
ハウス栽培やってる人に失礼だ。新規就農者がこれ見てなんて思うか考えたことあんのかって事。

2011/08/05 (Fri) 21:41 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

>農男さん
大変貴重なご意見、とても参考になります。
 300坪のハウスで300万!?しかも水耕ですか?凄い安く作れましたね。補助金、借金無しですよね。業者に頼まないで、自分で組上げたのでしょうか?坪1万円のハウスなんて、原材料が高騰している現在ではほぼ無理なような・・・。

 新規就農で大きな土地が借りられる事は、仰るとおり、まずありません。ですが、もしそんな何千坪も新規就農者が借りられたとしても、まず管理できないでしょう。ロクな知識もなく、だだっ広い畑があっても、お金をかけてハウスを作ってもです。これはブログでも書きましたが、本当にゼロベースで農業を始めたら、まず4~5年はまともに稼ぎがありません。これは栽培技術云々~はもちろんのこと、販売先がロクにないので、収入がかなり不安定です。
 では仮に新規就農でハウスを建てます。そして上手く栽培できたとして、何処に販売しますか?市場?直売所?スーパー?何処もクセがあり、すぐさま収入に繋がりません。よく言われるのが、「ハウスだと安定した作物の供給ができる」しかし安定した栽培量=収入にはなりません。市場が供給過剰になれば、当然値段は暴落します。そうしたらいくら立派に作物を作れても、まともな収入にならなければ、コストがべらぼうに掛かるハウスに意味がありません。
 ですから、新規就農こそリスクが大きい、ハウス栽培はお勧めしないと、私は考えています。

それと、農男さんの純利(荒利-経費)は年、おいくらでしょうか?「私は儲かってる」と言っているハウス農家さんに聞いても、誰も答えてくれないので。差し支えなければ、教えて下さい。

2011/08/06 (Sat) 11:55 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

> 農男さんのコメント読みましたが、何を語ってもアンチビニールハウスヤローにはダメだな。無駄だね。
> 自分の意見が正解だと思ってるからさ。
> 日本にはたくさんのハウスがあって利益出してる人もいるの自分の意見ばっかりでさ。たいした販売先もなく儲からないばっかり言って否定しすぎだね。終わってるな。まともにやってから書けって。

 自分の意見が正しいと思ってるから書けるんじゃねーか。そんなに利益が出る職業ならなんで、毎年全国で離農者や廃ハウスが激増してんだよ。んで、若い人が誰も農業に就かないのは、どうしてなんでしょうね?農業が儲からなくて、利益がでなく、労働対価に合わないからじゃないの?
 終わってるのはアンタの頭。そんなにJAと資材屋儲からさしてどうすんねん。ちなみに私のブログは何も強制してないよ。参考にしてもらえばいいだけ。ハウス農業続けるのも、始めるのもその人、本人の勝手。ハウス万歳ならそれでいいじゃない。ただ私はお勧めしませんよと、書いてるだけです。見たくないなら見なくて結構!!!さっさと、どっか行って、屁こいて寝ろ。あと名前ぐらい書け。

> ハウス栽培やってる人に失礼だ。新規就農者がこれ見てなんて思うか考えたことあんのかって事。
 おかげさまで何人もの新規就農者に「凄い参考になります」との返事がありました。これでいいかな?
あと参考までにコレ読んどけ↓


ビニールハウス栽培が非効率かつ高コストな農業であることは、
これは厳然たる事実として受け止めざるをえません。

私は日本でも有数のビニールハウス栽培が盛んな県にいますが、
本当にビニールハウス農業が利益が出るのかと言えば
疑問が残るところです。

実際に私の身近でもハウス農家の離農や自死が相次いでいますし。

それにハウス栽培は露地とは根本的に経営が違うんですね。

例えば新規就農の場合、ハウス栽培では作物が収穫できる以前から
高額な初期投資を迫られる不条理さが付いて回ります。

収穫出来ても出来なくてもハウスの償還は絶対で、
”取れることを前提に農業をする”と言った感じでしょう?

対して露地はハウスほどの利益は上がりませんが、
初期投資が小さくリセットするのも格段に容易です。

このあたりの精神的な重圧と言うのは大変な物で、
これは経営にも大きく影響してきます。

だから私は新規就農に際してハウス栽培は除外し、
露地でコツコツと規模を拡大する選択肢を取りました。

初めは農具だけからのスタートで貧弱でしたが、
ハウスの償還をするために働くような農業はやりたくない
と言う思いがあったので、自分の選択肢は今でも正しかったと
自信を持って言えるのです。

それと”金額・出荷量ともに安定している”とおっしゃる方が
ハウス栽培には多いですよね?

しかしこれも大きな矛盾を抱えていると思うのです。

ハウスで栽培する野菜は一般的に果菜が主ですが、
果菜の価格は従前ほど安定しているとは言えません!

露地野菜でキャベツやレタスの暴落が起きた時に
TVでトラクターで鋤き込む映像が流れたりしますが、
ハウス栽培の品目も暴落や暴騰とは隣り合わせです。

事実、暴落した品目を栽培しているハウスの隣では、
山のような廃棄野菜が捨てられている光景を良く見かけます。

近所のトマト農家に数年前に勝率を聞いたことがありますが、
近年は良くて1勝2敗(1回の当たり、2回の暴落)だと
真顔で言っていたのを思い出します。

私だったらこのくらいの勝率のために
暖房をたいてまでハウス栽培はやれないです(汗)

さらにハウス狂(笑)は”露地は売り上げが上がらない”と
本気で信じている方が多いのも事実です。

これも大きな誤認であり、品目によってはハウスに匹敵するほどの
収益を誇る野菜と言うのも露地にはいくつかあるのです。

しかもそれらは概ね価格の安定度が高く、
基幹作物として取り入れた経営で大きな利益を上げている農家を
私は何人も知っています。

ハウスが絶対的に悪だとは言いませんが、
進んで取り組むような農業かと言われたら否です。

特に新規就農者には絶対におススメ出来ません。
(ナゼか私の県はハウスで就農する人ばかりですが…)

長々と失礼しました。
参之介さん、お互い農業頑張りましょうね。

2011/08/06 (Sat) 12:11 | EDIT | REPLY |   

根木長  

No title

ハウス栽培が必ずしも良い結果を招くのか?
私はそうは思いません。

それは新規就農者のように脆弱な地盤の上に成り立つ者ほど、
より深刻な問題となって後々まで影響してきます。

もしも収穫物が不能ないし皆無に陥ったら?
もしも収穫物の価格が暴落を続けたとしたら?
もしも災害によりハウスが何らかの被害を被ったら?

これらは全て起こらないとは言い切れない事象でしょう。
むしろ新規就農者ほどより高い確率で見舞われる可能性のある事態です。

だからこそ借入金や補助金に頼らない経営に終始すべきであり、
新規就農者ほどそれを肝に銘じた経営をしなければなりません。

私が農業を学んだ先生はいつも次のようにおっしゃっていました。

『農業はやめることを先に考えなさい』

始める時は夢や希望を膨らませて意気揚々と臨みますが、
いざリタイアとなるとソフトランディングした事例がほとんどない、
それが農業と言う仕事だと言うのです。

畜産にしろ稲作にしろ、もちろんハウス栽培にしろ、
リタイアした農家はどうなっているでしょうか?

獣の住処と化す古びた畜舎、ボロボロになって納屋を占領する稲作機械、
そして骨組みだけ残された錆びたハウス、
これらは少し田舎に来れば否が応でも目にする光景でしょう?

ああやってリタイアした農家が本当に満足のいく辞め方をしたか、
良くも悪くも考えさせられる反面教師ですね。

このあたりの現実を見ているからこそ、
過剰な設備投資(ここではハウス)に依拠する農業を、
新規就農者に勧めるのは酷であると書いているのです。

また

「ハウス栽培は安定している」
「ハウス栽培は絶対に確実だ」
「ハウス栽培は計画的だ」

確かにこれらの言葉は一見すると真実です。

ですが前述した事象のどれか一つでも該当し、
歯車が狂いだしたら、そう考えたら恐ろしくありませんか?

何のセーフティーネットもない新規就農者にとって、
ハウスと言う重荷を背負わせることが本当に是であるのか、
”ハウス栽培推奨論者”はしっかりと考えるべきです。

せっかく建てたハウスが自分の首を吊るための道具となる、
そんな笑い話にもならないことが地方では起きているのです。

今回も長々と失礼しました。
暑い日が続きますが、参之介さま・皆さまご自愛下さい。

2011/08/06 (Sat) 23:35 | EDIT | REPLY |   

やま  

No title

はじめまして。
僕も千葉で就農約3年です。
千葉にきて新規就農者で借金背負って新設ハウス建ててるの
初めて見ました。
しかも年数区切って借りた土地にですから
ますます意味がわかりません。
以前いたところでは、みんな空きハウス借りるか、
ぶっ壊してきて建ててましたよ。
僕もハウス600坪ほどありますが、かかってるの150万くらいです。
雪が予想外に降り、新品の暖房買ったので。
でも、そのくらいです。
ローコストは賛成です。
ハウス栽培も経費かけてやる時代ではないですね。

2011/08/07 (Sun) 00:25 | EDIT | REPLY |   

KN  

600坪で150万は安いですね。当方は積雪地帯ですので、補強入りの耐雪パイプハウスで坪2万です。大型ハウスだと坪5万が新設の概算費用です。
なかなかあいませんね。

2011/08/08 (Mon) 11:50 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

> 根木長さん
いつも素晴らしいコメントありがとうございます。というか、ビニールハウスネタはもう根木長さんに任せたほうが良くね?この人が書き込むと、私の文章の拙さが、より一層際だつというか何というか。それでも、また色々ご指導下さい。

2011/08/08 (Mon) 18:29 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

> 僕もハウス600坪ほどありますが、かかってるの150万くらいです。
やまさん
600坪で150万!?ということは、坪単価4000円ですか?凄い!こんな安くハウス建てる人初めて聞きました。一体どんなマジックを使ったんですか?かなり興味あります。

> ハウス栽培も経費かけてやる時代ではないですね。
その通りだと思います。露地でも施設でも、後先考えないで農業を始めるべきでは無いでしょう。

2011/08/08 (Mon) 18:34 | EDIT | REPLY |   

根木長  

No title

参之介さん、お返事ありがとうございます。

そんなことはないですよ!
むしろ参之介さんのビニールハウスに対する思いは
私以上のものだと思います。

農業従事者のブログを読んでいると分かるのですが、
参之介さんみたく本音(というか真実)を書いてくれる人と言うのは
ほとんど皆無に近いんですね。

農協ヨイショ、ビニールハウス万歳、
そして農業委員会や自治体の農政課ベッタリの記事を
有難がるように書く人が多いのです。

でも実際は参之介さんが書くように、
まともな農家(笑)ほどそれらと反目し合っている現実があります。

というか、まともに考えれば考えるほど、
彼らの思考や経済観念についていけないことばかりです。

このブログにたどりついて、久しぶりにまともな農家に会ったわと言う
何とも言えぬ嬉しい感情がわきまして、
ついついコメントを書かせていただきました。

これからも応援していますので、
農業に対する思いの丈をぶつけていただければと思います。

2011/08/08 (Mon) 19:05 | EDIT | REPLY |   

百姓 参之介  

Re: No title

>根木長さん
ありがとうございます。これから、私が農業を続ける限りは書き続けていきたいと考えております。ゆっくりと長い目で見てやって下さい。よろしくお願いします。

2011/08/10 (Wed) 11:12 | EDIT | REPLY |   

Post a comment