ビニールハウスで無農薬野菜

2011.07.14(20:41)

ビニールハウスで無農薬トマトを作ってるけど、難しくて失敗が多いです~。みたいな番組がありました。私はソレ見て、「なんでハウスで無農薬トマトなんか無茶な事してんの」と素直に思いました。 無農薬とビニールハウス、これは対義語並に違和感があります。無農薬有機、これはなるべく自然界の力を最大限利用し、従来の慣行農法(農薬、除草剤、化学肥料ドカ盛り栽培)とは一線を引いて、それこそ昔の慣行農法に戻すやり方です。かたやビニールハウスはあらゆる化学資材使いまくり、金にあかした栽培方法で、自然の力なんて知るか!工場と同じで野菜の形をしていればかまわん!というカンジがビニールハウス農法です。それでは本題ですが、ビニールハウスは化学資材があってこそのハウスです。それを無農薬で栽培しようとすれば、上手くいかないのに決まっています。病害虫一つ取っても、露地で無農薬栽培するならば、害虫が極端に湧き作物が全滅するということはほとんどありません。それは畑で微妙な病害虫とのバラスが自然に取れるからです。確かに農薬を使えばある程度、虫害は抑えられます。しかしその農薬効果が切れた瞬間恐ろしいほどの、害虫が爆増して襲ってきます。農薬は益虫も害虫も微生物も殺してしまうので、自然のバランスが崩れるのです。ですから普通に地力を使い育てるなら、変な連作障害や、線虫など、まず発生しません。もし出るならその畑はバランスが崩れているということです。
 話を戻しますと、ビニールハウス内は畑では無く、自然と隔離された閉鎖空間と考えたほうが良いでしょう。そこで栽培するならば、農薬、化学肥料、除草剤は、必需品です。その為に作られたのですから。確かにハウス栽培でも、無農薬で成功してる人はごく僅かですが、存在します。が、並大抵の苦労ではないそうです。しかし私的な意見を言わして貰えば、「露地で作ればいいじゃん」と単純に思います。露地の方がずっと苦労が少なく有機無農薬はやりやすいです。なんでそんな苦労をしなければならないんだろ?そこはよく分かりません。ビニールハウスで無農薬、いらない苦労だと思うけどなあ。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/154-b764e1c2