新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

デパートをイベント運営に反映するには

デパートの不景気でも凄まじい客入り、これは「デパートならお金を出した分、確かなモノが買える」これにつきます。
もちろんデパートが持つ元々のブランド力というものもあります。ですが、「確かなモノを売る」、これは商売の上で基本な事だと思います。デパートは巷より値段が多少高いです。しかし、ソレに見合った品物を置いているのも事実です。「ココに来ればイイ物が買える」そんな確証がなければ、デパートよりかなり離れて暮らしてる人も、隣県からも、電車を乗り継いで、わざわざ来るわけです。これを私が参加している、客が爆減しているイベントと比べてみましょう。イベント場所は同じ東京ですが、客入りは天と地・・・、いや天と地底かマントルぐらいあります。ではなぜここまで差が出るのでしょう。資本力とか規模は置いといたとして、答えは簡単。単に「良い物を売ってないだけ」です。お客がなんかでこのイベントを知り、電車を乗り継いで一生懸命暑い中、寒い中、イベントに来ました。しかしどうでしょう、出てる出店者は仕入れ屋ばっかり。置いてある品物の品質は、スーパーと大差が無いくせに、値段だけは市場の倍近く!生産者がいたとしても、別にこだわってない商品がズラリ。これを見たお客さんは、もう一度来たいと思いますか?ほとんど一見さんで終わります。イベント側も運営で大変なのは分かりますが、段々安易な方に流れ、生産者が集まらないから、頭数を揃える為に仕入れ屋を頼る、それが益々自分の首を絞める事になるとは気付かずに。
 デパートが大昔から商売しており、色んなノウハウがあります。それを真似できるところは真似して、独自の商売を考えないと、これからの尋常じゃない不景気、漠然と東京で売る、だけでは乗り越えられないでしょう。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment