新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

農家は本当に増えないか。

私は常に日本の農業に未来が無いと書いてきました。その事に関しては今も変わりません。では農家の数も増えないのでしょうか。これは長期的に見ると、そうではないと言えます。
地方の子供は、現在農業なんかは継ぎません。その理由は散々このブログで書いてきました。しかしこの超絶不景気プラス爆裂就職難。大卒でさえ就職率が70%以下。高卒となると、40%以下。この状態で、いくら地方に仕事が無いから都会に出るといっても限度があります。これからますます不景気は進みます。震災の余波~っていうどころじゃないくらい。なにせ日本の盟主アメリカ様が凄まじい不景気でデフォルトしそうな勢いです。当然植民地の日本はその泥を被りまくります。何百兆に及ぶアメリカの国債は、ケツを拭く紙にもなりません。そうなった時、今でさえ厳しいこの国の就職状況が、シャレにならないことに。その時には地方のムカチャッパ高校や大学を出たところでは、なんの足しにもならず、都会に出てもロクな就職口が無いどころか、就職できないなんて事も。アルバイトに就くことも厳しいこの時代。そしたら地元で細々農業や漁業関係に就くしかないでしょう。何度でも書きますが、この国は超学歴社会です。そこんとこをお忘れ無く。ここまでになるのに、後数十年はかかるでしょうが、今ほど自給率が~、農家の跡継ぎが~と大騒ぎする必要は無いと思います。この国は貧しくなります。今でもその兆候はチラホラ出てます。だからこそこれからの農業は面白いかな?色んな意味で。オラワクワクしてきたゾ。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment