野菜の味が薄いのは

2011.05.17(18:47)

 隣のバアサンから空豆を貰いました。私は空豆は莫大に作付けしてるので、いらないっちゃあいらないのですが、ここは一ついい機会なので食べ比べしてみることにしました。  そのバアサンはもちろんというか、従来の農薬バカスカ、化学肥料てんこ盛りの農協農法です。私は無化学肥料、無農薬、堆肥栽培です。まずバアサンの空豆から食べました。すると・・・、何コレ?味無ぇじゃん。無味無臭つーか、水の味というか、豆を食べてる気がしない。続いて私のはいつもの空豆の味でした。空豆に関してはここ4~5年自分のウチで栽培していたモノしか食べてなかったのですっかり自分家の味に慣れ親しんでました。だからと言うわけでもなく、手前味噌でもなく、ただ単にバアサンのは不味い。私の舌だけでは不安でしたので、親戚5~6人に味見して貰ったところ、私と同意見でした。
 この味の差が全て化学肥料のせいとは思いませんが、化学肥料が野菜の味を歪めてるのは確かだと思います。普通野菜が育つには様々な微量成分が必要です。それを農協や国の機関の指導で、堆肥や人糞を使うことはナンセンスと言うことにされ、たった3要素しか入っていない化学肥料で野菜を育てることになりました。今まで解析出来ないぐらいの成分で育ってた野菜から、3成分の化学肥料で育てられた野菜、どっちが美味しくない野菜になるかはもう、お分かりでしょう。
 人間もカップラーメンやレトルト、シリアルのみで育つと、体にいろんな疾患が出ます。それと同じです。バランスが偏った地面で作れば、野菜に変な病気が出たり、虫が異常発生するのは当たり前な気がします。さらにソレを抑えるために大量の化学薬品をブチ撒けます。これじゃあ野菜が壊れるよ。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mame564.blog110.fc2.com/tb.php/138-eb03e83a