新規就農のススメ

ARTICLE PAGE

除草剤の怖さ②

 今回の震災が無ければ原発はここまで騒がれなかったでしょう。それと同じように、農薬は中国やなんやで多少問題になることはあっても、除草剤はほとんど騒がれません。何故でしょう?
 あくまで推測ですが、除草剤の成分は皆さんご存じのダイオキシンです。除草剤のラベルに書かれていなくても、名前を変えて確実に入ってます。それに除草剤は一般の方もかなり使いますから、あんまり危険度が低い感じがするんでしょうか?それでも「農薬は危ないから使わないけど、除草剤は普通に使う」と自慢げに言う農家が多くてビビリます。オイオイ・・・、農薬はもちろん危ないけど、除草剤も負けないぐらいガッツリ危ないぞ。
 放射能は確かに恐いです、目に見えないので影響があるのかないのか10年ぐらい経たないと、結果が出ないのがさらに時限爆弾みたいで恐ぇ。だからこんだけ騒がれてんですけどね。んでも昨今、農家間で以上に多い発生率と内臓疾患、それに障害児の多さ、これはどう考えても、農薬と除草剤のせいではないのか?農家は地下水を多々使います。飲料から炊事洗濯、風呂にまで。この病気の発生が丁度、農薬や除草剤を使い出した年月と一致するのは、偶然と言うにはできすぎのような。あらゆる農業用薬剤を使い出したのが1960年ぐらい、そんでそれらの薬剤が染み込んで人体に影響出るのが10年ぐらいから。ということは、1970年ぐらいから産まれる子供に影響が出てるって事ですな。そんで更に使い続けて濃くなるから・・・・。なんか凄そうですな。もっと除草剤に関しては危機感持ってもいいような気がします。人体にも悪いし、自然にも超絶悪いよ。なんであんなん使うんだろ?費用対効果もそんなにいいとは言えないし。やっぱりアメリカ、いや農協の洗脳と支配力は凄まじいですな。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment