農業に研修は必要か

2017.02.14(16:52)

 前回からの続きです。農業始めるには、まず農業研修をする。その考え自体がまずは間違いであると、私は言い切れます。農業研修所で学ぶことは、ほぼ全て自身の独学で学べます。一昔前ならいざ知れず、現在は農業の本が読み切れないほど出版しています。月刊誌も出ています。ネットも、農業関係を検索すれば、山ほど出てきます。それらを見ながら、調べながら、実践していけば最初はメタクソ失敗しますが、素晴らしい実践経験値になります。これは整った研修所で言われるまま、作業するよりも比べ物にならない、自分の宝となる消えない経験です。「生活が懸かっている」、給料を貰いながら、漠然と農作業するよりも、一つ一つの作業が生活に繋がっていると考えれば、真面目にやらざるを得ません。どっかの空手家だかボクサーが言いましたが、「百回、スパーリングするよりも1回路上でケンカしたほうが遥に胆力や経験が身に付く」全く同感です。農業は毎年毎年、問題が発生します。今年は何もなくすべてが順調だったというのは、農業始めて10年経ちますが、いまだにそんな年はありません。それでも問題を一つ一つ、毎年毎年、解決することにより自分の農業技術が高められていくことが実感できるはずです。

 そして新規就農したいのなら、とにもかくにも農地を手に入れることです。1aでも10aでもいいから、農地を取得するべきです。農地を取得し、それが農業委員会に通れば、あなたは立派に農家を名乗れます。農地が手に入ったならば、売れそうな、興味がある作物はなんでも試してみるといいでしょう。それから、人づてや、書物に書いてある農法もばんばか試すといいでしょう。そうすることにより、いい感じに自分の農法が絞られていき、考え方も多少変わり、柔軟さも出てくると思います。そこから農地を増やすなり、新しい農法を試すのも、今の農法を突き詰めるのもいいでしょう。ジャンルの違う農業に進出するのも面白そうです。これは自分の農地があってこそです。人の農地ではこうはいきませんからね。研修先に色んな意味で捕らわれすぎて、自分の技術は高まらないし、何時まで経っても自分の農地は無いし、独立するタイミングも失い、だらだらと時間を過ごしている人や、自分探しのように研修先をコロコロ変え、何時まで経っても独立しない人もいます。

 農業は1年1年が勝負です。作物のほとんどが1年に1回しか植えられません。つまり1回作付けを失敗したら、再チャレンジは来年に持ち越しになります。こんな感じで1年が凄く貴重になります。そうしたら、若い大事な時間を無為な研修で潰していいわけ無いでしょう。草刈も、肥料播きも、農薬の撒き方も、堆肥の作り方も、耕運機の運転も、種まきも、農業に就けば、嫌でも覚えます。というか、できないと暮らせないので。畑作は基本的に、草取りガッツリと、種まき時期を間違えなければ、90%は成功したと言えます。あとは程よい肥料分と、そこまでぶっ飛んだ気候さえなければ、大丈夫と言えます。作物が安定して作れるようになってからで、十分販売先は間に合います。作物あっての販売先なので、販売先ばっかりに気を取られすぎて肝心の商品が無い、というのは最近の就農者にありがちです。栽培技術が無く、マイ農地も無い、それでも何とか農業で商売をしたくて、他の農家の作物の転売ばかりする。これではいつまでも農業に就けないでしょう。やはり成功している新規就農者さんは、自分の技術をきちんと磨いて、身に付けている人が多数です。

 新規就農者の8割は農業1本で食べていけないそうです。それは私も同感です。最低3~5年は農業のみでは暮らしていけないでしょう。だからこそ、研修や、中途半端な農業大学校に通うより、1日でも早く農地を取得し、作物を植えるのが、農家に就く最短コースだと私は考えます。


スポンサーサイト

ホワイト農業研修所

2017.02.07(17:37)

何かのきっかけで農業に就きたい!と考えたけど具体的にどうすればいいんだろう?せや、ネットや、農業リクルートで募集している会社や、法人組織で農業研修を受ければ、資金は貯まるし、農業技術は学べるし、一石二鳥やんけ!と考える新規就農方が結構います。まあ、その気持ちや考え方はすんごい理解できますがね。なにせ、親や、親戚が農家で無い場合は農業にどう就いていいか分からない、というのが普通でしょう。とにかく何か手がかりが欲しいので、ネットでもバンバン出てくる農業研修に参加してみる。市町村でタイアップしているところもありますからね。ここで私が考える、真っ当な研修所、つまりホワイトな研修所とはどういうところか、考えてみました。


<ホワイトというか普通の望むべき農業研修所条件>

①定休がある。(最低週2日、祝祭日は求めすぎか?)

②定給がある。(ボーナスはせめて年1回ほしい)

③宿泊施設がある。(バス、トイレ、キッチン付き)

④労働時間がキチンと守られる。

⑤残業代が出る。(36協定が守られる)

⑥農業技術をゼロから教えてくれる。

⑦営業、販売のノウハウも教えてくれる。

⑧農地の斡旋をしてくれる。


こんなところでしょうかね。この①~⑧が守られていない所は行くべきではないですね。というか行く意味がない。ちなみに上記の条件を守るような研修所は、まずありませんので、ご了解下さい。私の場合は週一の研修でしたが守られたのは⑧のみでしたね。今考えると週一とはいえ、かなりのブラック研修所でした。その担当している農家さん自身はブラックでないと考えているから、また質が悪い。今でもまだ奴隷研修生を受け入れているのかなあ。今回、このような記事を書いたのは、あまりにもブラック研修所の相談が尽きないので、書かせていただきました。次はホワイトとは逆のブラック研修所の定義です。



<ブラック農業研修所>

①定休はもちろんない。

②給料が支給されるけど、中抜きされまくる。(明細が出ないことも)

③ブタ小屋みたいな、廃屋のような所に寝かされる。

④労働時間という概念が無い。(真夜中でも農作業をやらされるかも)

⑤農業技術でなく、永遠と単純作業をやらされる。(永遠と草むしり、草刈、荷物の積み下ろし、配達業と間違われる程の長時間運転等、農業の技術が必要でない作業)

⑥辞めさせてくれない。(国から、人を雇用すると経営者側に補助金が出るため)

⑦パワハラ、モラハラという言語が無い。(経営者の社会常識の欠如)

⑧日本語が通じない。(説明しても理解してもらえない)

⑨地域の有力者である。(機嫌を損ねると、この地域での就農がスーパー難易度に)

⑩無農薬栽培を謳っている。(農薬を使わないので、作業のほとんどを人力でやっている可能性あり)

⑪内閣なんちゃら賞とか、農協何々賞などを、自前のホームページにでかでか載せている。

⑫常時人手不足で、常に募集している。(凄まじい頻度で人が辞めていくから)

⑬何か宗教臭い。(自然を守るとか、地球を~とか、愛がどうとか)

⑭ワンマンである。(地方の会社は特に多い)

⑮家族経営である。(これも地方での特徴)


書き出すとキリがないですね。まだまだありますが、とりあえずこれくらいで。上記の全てに注意してほしいですが、私的には⑩と⑬は特に気をつけてほしいですね。最近相談されるときに、よく話が出ます。昔ですが(今もあるかも)ヤ〇ギシズムというのがありまして。ようするに新興宗教ですね。無農薬だ、鶏の平飼いとかで、一時期世の中にかなり浸透しましたが、いかんせん問題になり、悪い意味で有名になった組織ですが、その根っこというか、暖簾分けというような組織が全国いたるところに存在します。私の地域の近くにも、似たような組織がありまして、そこも無農薬野菜や、卵を扱っているんですよ。直接的には何があるわけでは無いですが、もしそこに知らないで就職してしまったら、ちょっとしたコトになるので特に気をつけましょう。そういえば、かつてのオ〇ム真理教も自然食品が元であり資金源でしたっけ。新興宗教でなくても、無農薬栽培を誇示しているところは、色々面倒くさい事が多いのでこれも気を付けた方が良いでしょう。


とにもかくにもブラックな所がほとんどです。これは意図したわけでなく、元々農業自体が家族経営を主として、人を雇用するのに向いていない職業だからです。農業は忙しい時と、そうでない時の差が他の業種に比べて大きく、それを普通のサラリーマンのように雇用すると、どうしても農業と関係のない仕事が増えてしまいます。経営者側は賃金を支払っているわけですから、当然あらゆる仕事をやらせます。遊ばしておくわけにはいきませんからね。そうすると研修生側は、農業に関係ない仕事ばかりやらせやがって、と反発して辞めてしまう。こんな感じで農業雇用がどんどん上手くいかなくなり、外国人研修生を雇うも、上手くいかず結局廃業というパターンも結構出てきています。ですから農業経営者側もよほど考えて人を雇用しないと、先行きがかなり危ないでしょう。ブラックな農業経営を運営すれば、だれも得しないと思うんですがね、貴重な若い新規就農者、使い潰してどうするの。



私は新規就農者に研修は必要ないと考えています。その理由は次回で。




2017年02月

  1. 農業に研修は必要か(02/14)
  2. ホワイト農業研修所(02/07)