農地利用状況調査を実施した結果

2016.12.26(16:46)

国がやっとのことで、耕作放棄地についての解消にポーズだけでも示すとして、私たち全国?の農業委員に地域の農地事情が実際のところどうなってるんだ、ちょっと調べておけや、というお触れがきました。今年の4月くらいにはその話がウチの行政に届いていたらしいのですが、実際に委員会で議題になったのは、なんと10月も下旬に入ってから、急きょ私たちに調べてくれというお達しが出ました。んで、締め切りは何時かね?と聞いたらとにかく早く出してほしいけど12月中旬までには提出してほしいのこと。とは言っても、ウチの狭い地区でも農地の数は3万個以上。それを農業委員の頭数割にしても結構な数。なんでもっと早く私たちにやらせなかったのかと、行政側に聞いてもしどろもどろで、答えがよく分からん。私なりに他の人の意見も聞きつつまとめてみると。つまり、最初は国からの要請は、適当にやるやる詐欺をかまして濁してごまかしてたらたら、県からも早よやれやと、催促が来てあわててこの時期になったらしい。私はこの地方では外部のモノなので細かい農地や地番がよく分からないから、前回行った調査の見本はないかと、行政に尋ねたら、戦後農業委員会ができてから初めての試みなので、データも見本も無いし、やり方もよく分からんとのこと。おいおい農地の状況チエックなんて委員会の基本仕事だろ?それさえもやらないなら委員会の存在理由なんて、無いようなもんですな。まあ、毎回冷暖房の効いた会議室で、アホ丸出しスーツを着て、10分で委員会が終わる簡単なお仕事ですから?


 前置きはこんな感じで一応私も自分に割り当てられた、農地を一つ一つ調べて来ました!結果はというと、95%以上は耕作放棄地でした。私が担当したところはまだ平地が多く、農地としては比較的拓けている地区なんですが、それでもこの耕作放棄割合。専業でやっている農家はほぼゼロで、家庭菜園程度の農地がほとんど。アレ?私の地方ってもしかしなくても農業終わってる?惰性にもなっていない農業に、平均年齢が80歳以上。打つ手無しじゃん。しかし最初はクソ面倒臭い仕事だと思いましたが、こうやってじっくりほっくり農地を調べると、色んな発見や、出会いがあり結構面白かったです。農地の地図を見ながら歩いていると、うへえ、こんな所によく畑や水田を作ったなあとか、この先農地があるはずなのに、道が無えとか、いきなりため池があって落ちそうになるし、地図上では山の上に畑があるはずだけど、登る道がないしグーグルアースで見ても見つからなかったり、登下校中の小学生に通報されかけるし、農業委員の帽子を被ってたけど、普段から存在が無い利権組織だからこういう時困りますね。それでも、怪しまれながら農作業中の爺さん婆さんたちに話を聞いたら、皆さんこの地方の農政に不満がありまくり!もちろん行政側にもね。議員も議会も不透明すぎるとか、行政公務員が全然働いて無いとか、農業委員なんていらないだろ!?とかね。いや、全くもってその通りです。本当はね、私達委員も、議員もこういう一般の人たちの話を、普段から一件一軒、一人一人聞いてあげなきゃあいけないのよ。選挙の時だけすり寄るんじゃあなくてさ。それは今の政治にも言えますがね。ここまで国民の声を無視した政治も珍し・・・くはないか。戦前も似たようなものかしら?話は逸れましたが、昔の農家は凄いネ?自分の住居よりも優先して畑や水田を作ってさ、いくら食料管理法があったとしても、ここまで開墾しなくてもなあ。現段階でほぼ耕作放棄地だけどさ、例えこれから少しこの国の農業が上向きになっても、こういう細々した山裾にあるような、山奥にあるような農地はもう触らない方がいいんじゃあないかな。なるべくまとまった日当たりのいい農地を優先して、復活させた方が、色々な意味で管理しやすいよ。んで、そういう細かい農地は、農地指定を外すべきだね。管理上も税金上も非常に面倒くさいことになるからね。

 ということで、今回の農地調査は非常に有意義でした。行政側の無能っぷりがもう少しまともなら、もうちょいスムーズにいったのですがね。来年もコレやるのかなあ?










さて、今年もあとわずかになりましたが、今年も色々ありましたね。相変わらずオリンピック問題が騒がしいですが、これを聞いていっつも思うのが、もう毎回オリンピックはギリシャでやれよ、ということ。一部の利権団体のために、何で一般の人まで巻き込むんやねん。大体アマチュアの祭典なのに、金かけすぎ。参加する自分たちの自費で運営費を賄えや。だってさ、普通は市民マラソン大会とか柔道大会とか、参加する人達が参加費を払ってやるわけでしょ。プロじゃなくアマチュアなんだからさ。オリンピックもそうあるべきだと、思うんだけどな。

 年金もやはりというか、70歳から75歳ぐらいからの支給になりそうですねえ。私の世代はほぼ貰えませんね。今の平均健康寿命が70歳ちょい。うん無理だわ。これは国家的な詐欺だと思うんですがね。強制じゃなくてせめて任意にしろよ。ここまで社会保障が破綻してくると、正社員の強みがだんだん薄れて来ますね。これは・・・✫、いよいよ農業時代到来の予感。だってね、下手に奨学金を借りて、ムカチャッパ大学出て、ハイパーブラック企業に就職して、寿命と、精神削りながら、高い家賃を払い、物価の高い都心に住んでさ、朝7時~22時ぐらいまで働いて、時給換算したらコンビニバイトより低い月給貰って、正社員だからーという言葉にごまかされて、会社を辞められずに、歳を重ねるよりも、地元で農業した方がいいかもねえ。


そういや、こういう農業のやり方もあります。参考までに↓

http://www.msn.com/ja-jp/news/money/%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e8%be%b2%e5%ae%b6%e3%81%ae%e6%89%8b%e5%8f%96%e3%82%8a%e5%8f%8e%e5%85%a5%e3%80%81%e3%81%b6%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%91%e3%80%81%e3%81%a9%e3%81%ae%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%84%ef%bc%9f/ar-AAjOhjB#page=2

スポンサーサイト

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

2016.12.02(16:21)

先日ですが、地域別での農業委員会総合・合同研修会とやらに行ってきました。何を研修するんやねん、と不安感と面倒くささ感は尋常じゃあありませんでしたが、実際に出席してみると予感が大的中でした。ということで、その時の気持ちをジョ〇ョ風に書くと、以下のカンジです。


おれは今 農業委員会の研修会とやらを ほんのちょっぴりだが 体験した。

い、いや、体験したというよりは まったく理解を 超えていたのだが……

あ、ありのまま今、起こった事を話すぜ

地方の大きい公民館?に各地区の農業委員達が集まった。その人数500人近く。何故か全員スーツで、私服というか普段着で来ていたのはおれと係の人だけだった。もちろん平均年齢は70歳以上。内容は、4時間以上も配布した資料を読み上げるだけ。この地区の農業に対しての議論や討論、質問は一切なしッ!500人も集めておいて、内容は無いに等しい・・・!無駄ッ!まさに時間の無駄!この言葉以外に当てはめる言葉が無いくらいに無駄ッ!これならば各地区に書類を送付するなり、メールで添付するなりして、各自読んどいてで、良くないか?こんなお粗末な研修会は、人生で経験したことないレベルだった。」

な、何を言っているのか、わからねーと思うが

おれも、何をされたのか、わからなかった

頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…


 いや本当に上記な感じでした。もう無駄のダメすぎて、4時間返してください。家でガンプラ作ってるか、スターウオーズを全作を見ているほうが100兆倍マシでした。しかしこういうのを体験すると、この国の(私の地区だけかもしれませんが)農業は本当の本当にダメかもしれないと、考えるようになりました。この状態の委員会を誰も疑問に思わないし、例えあの会場で私が疑問や不満を言っても、他の委員には全く伝わらないでしょう。逆に「この若造は何を生意気に発言しているんだ」と反感を買われるのは間違いありません。僅か2週間しか開催しないオリンピックのために、何兆という税金を流し込み、全く国益にならない海外にまた何兆と税金をブッこむ。地方も既得権益でガチのガッチガチ。農業も例外でなく、戦後から何も変わらない。いや、変えたくないのかな。農業委員に就いて、嫌なことと、呆れるを通り越して、もうこいつらダメだと思うことは超絶にありますが、委員にならなければこういう内情が、一切分からなかったので、地元の農業がどれだけ病んでいるか、この実情が分かっただけでも入ったかいがあると言えるでしょう。

 そういえば今年の委員会の研修?旅行は韓国だそうです。当たり前の当たり前で私は行きませんが、というか金を貰ってでも行きたくありませんが、今週あたり行ったのかな。今あちら側は政情が凄いことになっているのにねえ。3泊4日で旅行費用13万と聞いた瞬間ハイ、ボッタクリと思いましたね。どんな大名旅行やねん。どうせ委員会の特定委員にバックマージンがごっそり入るんでしょ。うちの委員会はこんなんばっかりやんけ。私以外にも4人ほど行かないそうですがね。まあ、どうでもいいか。向こうで何かしらに巻き込まれようが、性病を移されようが全く私に関係ない!そんでまた旅行に行かない人は、選別で1万寄こせという、香ばしさっぷり。誰が渡すかっちゅーの。委員会ネタは書くことがありまくりなんですが、あんまりしつこいのは飽きられそうなので、ちょぼちょぼ小出しに書いていきます。よろしくお付き合い願います。


いよいよアメリカの大統領選が終わり、トランプ大統領が誕生しました。マスコミはこの世の終わりみたいな報道していますが、日本はどっちが大統領になろうが属国であることには全く変わらないので、大した影響は無いと私は考えます。TPPはおもくそ梯子を外されて、政治家どもが大慌てなのも実にいい気味です。さあ、税金はドカスカ上がり、電気料金も値上げ、ガソリン代もまた上がりそう、年金は切り下げ、やることなすこと国民に厳しい政治ですが、いつまで耐えられるでしょうかね、この国は。




2016年12月

  1. 農地利用状況調査を実施した結果(12/26)
  2. あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!(12/02)