阿久根市長はイイ!

2010.03.30(17:09)

 先日も阿久根市長が議会と取っ組み合いの激論を交わしたことが報じられました。この事について賛否両論がかなりあったようですが、私は阿久根市長、竹原さんに大賛成です。
 事の発端は阿久根市の公務員給料の明細を竹原市長が大暴露したのが始まりで、その後も色々と揉めて、竹原市長は解任されたと思いきや、再選。これはもう阿久根市の市民全体が支持してるとしか思えません。⇒阿久根市長はイイ!の続きを読む
スポンサーサイト

有機野菜へのこだわり

2010.03.28(19:39)

 よくよくいろんな農家や新規就農の人から話は聞きますが、よくあるネタはこれ「化学肥料、農薬、動物堆肥は、一切つかいません」という有機農家さんがいますが、無農薬、無科学肥料は分かりますが、なんで動物堆肥はアカンの?理由を聞くと大体の人が「畜産の飼料に何使われてわからないから」とか「動物堆肥は蒔くと土壌に染み込み、地下水や河川を汚染する」とのこと。言いたいことは分かりますが、ちとこだわり過ぎてるような気はします。私は化学肥料は使いませんが農薬は少々使います。それこそ動物堆肥は山ほど使います。なぜなら、使わないとまともな⇒有機野菜へのこだわりの続きを読む

農業改良普及センター(農林振興センター)はいらない

2010.03.22(16:54)

 おそらく全ての県に地方公務員の農業改良普及センター(農林振興センター)という機関があります。この機関は私がちょっと前述したと思いますが、もうこれでもかというぐらい役立たずです。
 なんでこのような話をするかと言いますと、先日自宅に若い普及センターの職員が訪ねて来て、「三之介さんお世話になりました、今年の春で千葉県庁へ異動になります。」と言いました。この若い人は千葉県のO町の普及センター勤務でこちらに来てから3年ぐらいでしょうか、ようやく農家の皆と打ち解けて気軽に相談や話ができるようになり、彼も地域の特徴をつかみ始め、さあこれからというところで、もう異動です。⇒農業改良普及センター(農林振興センター)はいらないの続きを読む

農業相談は嬉しいけど・・・・

2010.03.22(13:24)

えー私はこういう新規就農してから、よく他の人に農業の事を聞かれます。「農業はどういう生業なのか?」とか「農業を私も始めたいのですが」とか色々聞かれます。それ自体は構わないし、新しい仲間が増えるので喜ばしい事なのですが・・・・・。⇒農業相談は嬉しいけど・・・・の続きを読む

若い人は農業に絶対就かない?

2010.03.15(16:57)

さんざん新規就農のススメとかブログで書いてきてなんですが、最近ふと、若い人は絶対と言っていいほど農業には就かないのでは・・・。と思うことがあります。私はちょくちょく東京に市場調査をかねて帰るのは以前に書きましたが、東京に帰るたびに目に付くのは、あらゆるお店の多さ、若い人の多さ、病院の数、交通の便利さ、そしてなによりも飲み屋の多さ、そこら中に飲み屋があるので目移りしてしまうし、しかも自転車や電車で行ける距離がほとんどなので、飲酒運転の心配がないし、ああもうこれを味わったら田舎になんか帰らないし、行かないよなあ。都会は超絶便利な空間だしなあ。
 ⇒若い人は農業に絶対就かない?の続きを読む

減反政策は税金の無駄!

2010.03.11(21:03)

 もう本当に減反止めないかなあ。国は自給率アップとか言いながら、まだ減反政策を続けている。なんのこっちゃ。こんな無駄政策に7兆円以上の税金がブチ込まれてきた。減反の理由は米の価格を維持するため・・・。アホかぁぁぁぁぁぁ!ただでさえ自給率低くて苦労してるのに、耕作地を減らしてどうすんねん。米が余っているのなら、輸出しろっつーの。フランスもドイツも自給率が高いところはみんなそうしてます。ガンガン耕作してガンガン輸出しないと、これから日本はキツいって。ODAも米にしてさ。本当はODA貰いたいぐらいだけどさ。もう現金でODAは止めよう。どうせロクなことに使われないし。マリーアントワネットじゃないけど、「パンがないなら米を食べればいいじゃないの」ってなカンジで米をモリモリ食べよう!
 ⇒減反政策は税金の無駄!の続きを読む

千葉県いすみ市、市議員給料10万アップについて

2010.03.11(14:56)

先日の朝日新聞千葉版で「いすみ市の市議員の給料10万上げることが可決されました。」と書いてありました。私はこれを見た瞬間は「ほー、給料10万引き下げかー、っっって引き下げじゃなくて引き上げか!?」いやー見てビックリどころじゃないですわ。この最強の不景気に突入しかけてるのに、サラリーマンの平均給料が最低賃金ギリギリになりかけてるのに、そのおこぼれみたいな税金で食べてる組織の中でもトップクラスにいらない存在な市議員が10万アップ!つーかこれスゴくね?普通に働いてる人はガンガン給料引き下げられて、それでもなけなしの給料からガッツリ税金有無を言わさず引かれてるのに、市議員は10万アップを可決しちゃうのかー。⇒千葉県いすみ市、市議員給料10万アップについての続きを読む

これからの直売所はキツい

2010.03.05(20:40)

前回にも書きましたが直売所は新規就農にとって、とてもありがたい存在なのは周知の通りですが、最近は直売所自体の経営が危なくなっているという話を良く耳にします。直売所は安くて良い品が手にはいるというのがウリでしたが、近年のデフレで安売り競争が激化し始め、直売所の魅力の一つ、「安い」というのが通用しなくなってきたのです。大型スーパーなどは野菜を大幅に安くしても他の商品で釣り合いを取るため損はしません。しかし直売所は生鮮品のみで生産者が直接出すため、大幅な値下げはできません。いくら品が安くても現在の風潮だとお客はどうしても安い方に流れます。都会近郊の直売所はまだマシですが、地方にある直売所は近くに大型スーパーが出来ると太刀打ちできません。ただでさえ少ない地元のお客をほとんどスーパーに持って行かれるのですから。
 直売所は全国に約13000店舗あるそうですが、専門家に言わせるとコレがピークで今以上に店舗数は増えないそうです。つまりこれから新しく出来ても、その分潰れる数が多いからトータルすると逆に減っていくそうです。⇒これからの直売所はキツいの続きを読む

地方の衰退

2010.03.04(14:05)

 私は東京に市場調査も含めてちょくちょく帰るのですが、東京から帰ってくると地方の荒みかたが異常に感じられます。1000万都市の東京と比べるのがおかしいのかもしれませんが、それを差し引いてもやはり感じます。これからますます地方が衰退していくことは確かです。高齢化はガンガン進み、若者の都会流出は止める術がありません。なにせ仕事が全く無いのですから。今日もニュースで、「企業の新卒の採用は平均で50%以下」つまりほとんどの企業が新卒を採らないということなのです。都会でこうですから、地方は・・・。⇒地方の衰退の続きを読む

2010年03月

  1. 阿久根市長はイイ!(03/30)
  2. 有機野菜へのこだわり(03/28)
  3. 農業改良普及センター(農林振興センター)はいらない(03/22)
  4. 農業相談は嬉しいけど・・・・(03/22)
  5. 若い人は農業に絶対就かない?(03/15)
  6. 減反政策は税金の無駄!(03/11)
  7. 千葉県いすみ市、市議員給料10万アップについて(03/11)
  8. これからの直売所はキツい(03/05)
  9. 地方の衰退(03/04)