売れる作物とは

2012.06.27(20:16)

売れる作物とは、読んで字のごとくズバリよく売れる作物のことです。禅問答みたいかもしれませんが、そんなもんです。需要があるからこそ供給があるワケですので、商売の基本となります。農家もボランティアでなく、生活がかかっている立派な商売人なんですから、売れる作物だけを作る、それになんの間違いや戸惑いがあるわけもないでしょう。⇒売れる作物とはの続きを読む
スポンサーサイト

研修制度というワナ②

2012.05.07(20:00)

農業研修は年齢の問題もあります。若い10~20代だったら、体力もありますし、諦めた場合の方向転換も容易ですし、農業法人先で働きつつ、技術とお金を貯めて独立を考えても悪くありません。しかし、30~40代ですと、体力は落ち目ですし、農業に就いたら後には引けません。⇒研修制度というワナ②の続きを読む

研修制度というワナ①

2012.04.22(18:34)

普通に新規就農を考えますと、就農するまで色々課題はありますが、農業技術を覚えるために、どこかで研修(就農体験?)して習得しようと普通は思いつきます。確かに農業技術は一般に生活する上ではほとんど必要ありませんし、小~大学までで教えてくれることはまずありえません。そうすると何していいか分からないので、どこかのそこそこ規模の農家から教えて貰おうと、学ぼうと考えるわけです。が、これにはワナというか詐欺というか、気を付けないといけないことが多々あります。⇒研修制度というワナ①の続きを読む

果樹を始めよう②

2012.03.19(12:35)

お薦めの品種は、もちろん前回の条件を満たすモノといえばそんなに種類はありません。果樹は年数がかかってしまうのが、最大のネックです。まずそれを少しでも短縮できる品種は、柑橘系、ベリー系、イチジク、柿、ぐらいですかね。⇒果樹を始めよう②の続きを読む

果樹を始めよう①

2012.03.11(12:17)

果樹といったら、柑橘系、リンゴ、ブドウや、梨、サクランボやら、桃など数多にあります。どれも八百屋やスーパー、果樹専門店で購入すると、どれもいい値段をとられます。1個数百円~数千円するのもありますが、野菜と違い、多少高くても値段が高すぎると、憤る人は少ないと思います。それは何故でしょう?⇒果樹を始めよう①の続きを読む

新規就農

  1. 売れる作物とは(06/27)
  2. 研修制度というワナ②(05/07)
  3. 研修制度というワナ①(04/22)
  4. 果樹を始めよう②(03/19)
  5. 果樹を始めよう①(03/11)
次のページ