新規就農のススメ

新規就農をして、感じたこと、思ったことを、趣味や愚痴とともに好き勝手に書いていくブログです。これを見て、農業を始める人に、少しでも参考になればと考えています。

集金しまくり農業委員会2

脳みそ沸きまくり老害農業委員会・互助会創設で無理やり集金、特定議員に資金流れ込みまくり編の続きです。あの会議の後、どうも腑に落ちないので、まず行政側に確認を取りました。内容は①互助会は好きに立ち上げて構わんが、私の給料から勝手に互助会費用は抜くな。②互助会にはもちろん私は入らないのでよろしく。③互助会に関して私からの要請書を送るから、委員長に回しといて。という内容。それに対して行政側は、「委員の給料をこちら側でどうこうできない、互助会に関しても同様」。この野郎・・・、この前の給料問題を、委員の給料をそっちが勝手に差っ引いているのを問題提起して、大騒ぎになったことをもうお忘れかい?便利なオツムだこと。その事があったから確認のためと、言質を取るために連絡したことを伝えたら、行政側は「あの問題は~もにょもにょ・・・」だそうです。やっぱり給料のことに関しては向こうの不手際だったみたい。ああでも、給料が支給されないというのは、完全な労働基準法違反だから、労働基準監督所に一報しとくべきだったかな?そっちのほうが面白くなったかもしれないな。

 私が送った要請書の全文は以下の通りです。


以下5点要請いたします。


  1. 農業委員会互助会は、任意団体であると思います。任意団体であるならば、私は自分の意志で、この互助会に入るのことは遠慮させていただきます。

     

  2. もし農業委員会互助会が任意団体ではなく、具体的な法律に定められていると主張されるならば、農業委員会法第何条、第何項に規定されているのか、明示して下さい。その際に、誰が互助会規約(案)を書いたのか、いつ作成されたものなのかも明示してください。

     

  3. 慣例であるとの主張がなされることがありますが、慣例はあくまで慣例であり、法的拘束力は何もありません。私が何でも「法では~」と言い過ぎるという声もありますが、農業委員会法に定められた準公務委員ですから、国民のために、法の下で行動するのは当たり前のことです。

     

  4. 互助会に入らない場合は、委員を辞めろという声も上がりましたが、私たち委員は準公務員であり、議会で任命された公僕です。委員の誰からでも「辞めろ」と言われる、筋合いも権利もありません。特に特定の相手に対して単なる嫌がらせとして「辞めろ、辞めるべきだ」というのは立派な恫喝、パワーハラスメントに該当します。以後そのような恫喝は厳に慎まれるよう要請します。

     

  5. 私は農業員会に在籍して2年近く経ちますが、委員会にとって互助会規約(案)を長々話し合うより、もう少しこの地方の農業の行く末を論じたらどうでしょうか。国をはじめとして、この地方の農業も問題は山積みしています。増え続ける耕作放棄地、獣害問題、後継者不足、米価の低迷、ざっと挙げただけでこれだけ出てきます。公僕として国民、地元の農業改革を真剣に取り組む時代が来ているのではないでしょうか。




 以上の事をメールで添付して行政に送ったら、委員長どころか委員全員に配布したらしく、反対意見もないまま、互助会の話は立ち消えになりました。なんか色々委員会側がビビったみたい。私は、「別に私を互助会に入れなくて、ハブにしてそのまま、ねずみ講集金互助会を立ち上げればいいじゃない」と申したら、委員会側は「全員入らないと意味がない」だって。意味が分からねえ。この老害マン達は何がしたいんだ?ちなみに、要請書の4番で私が「法律、委員会法~」と言い過ぎるといいくされたのは、なんと行政側の小役人でした。公の僕と書いて公僕の、地方公務員がこういうことを平気で言う。じゃああんた達、公務員は誰を何をバックにして給料を貰えているんですかねえ?法治国家の意味は分かるかな?

 そして要請書の5番を読んでか、今月の委員会では他の委員から、「この地方の農業はもう終わっているから、それでも少しでもマシにするために、どうしたらいいか、話し合っていく必要がある」という意見も出ました。あんまし面識が無い委員なのですがね。「地元農業は終わってる」、ああ、この人も私と同様な事を考えているんだなあと、しみじみ実感しました。でもまあ、こういう意見がでるだけでも、要請書を提出したかいがあったかな。

スポンサーサイト

真冬は(あんまり)働かない

今年は例年よりかなり寒いらしく、私のほうでも霜がほぼ毎日降りるし、4年ぶりの雪は結構降るし、全国的にも寒さが厳しいらしいです。この時期は作物の成長は著しく悪いわ、作物に霜焼けや、凍傷が発生しまくります。畑の土はガチガチに凍っていて午前中は仕事にならんし、畑の道は凍結してるし、車のフロントガラスも凍結してるし、私のやる気も凍結して、とにかく朝、昼、晩とよくよく冷えるので自分の体にも猛烈に応えます。収穫した作物を洗ったり、梱包する仕事は、苦行としか例えられないレベルなのです。それでさらにこの時期の作物は微妙に単価が安く(今年は少し高値が続いてますが地元は大体通常通りの価格)商売もあんまし上手くいきません。昔から2・8月は商売人とってキツイ月だと言いますが、やはり人間も植物も、暑すぎても動く気がなくなるし、寒すぎてもアカンということですね。特に極寒の、正月明け1、2月はお店の客足がかなり悪くなるということを実感しますね。暑い8月のほうが人出や、売れ行きは好調な感じがします。これは、寒いと皆家に引きこもりますし、出かけるのも億劫になりがちです。夏は暑くても、シャツ1枚とサンダルで、出かけられる気軽さがあります。

 とうことで、何が言いたいかというと、冬は売り上げが爆発的に低いし、作物の成長が悪いなら、無理してあがいて、売り上げを伸ばそうとせず、逆に働かないほうがいいんじゃない?ということです。このような考えに至ったのも、去年の極寒期に無理して畑仕事や、商売に精を出したら思いっきり体調を崩しまして、喉は傷めるわ、インフルエンザにかかるわ、重たいもので腰を痛めるわ、膝がくるわ、首をひねるわ、手首をひねるわ、鎌で足の親指を切断しそうになるわ、アリにかまれるわ、猪に正面から対峙するわ、同じ漫画を間違えて2冊買うわ、肉があんまし食えなくなるわ、アルコールに無茶苦茶弱くなるわ、で散々でした。私も肉体的にスカウターがぶっ壊れるぐらい、オッサン戦闘力がかなり上昇しまして、20代のように動けないということを実感しました。今現在、自分の肉体が結構キツイのに、このままのペースで働いていったら、絶対に農業を続けられなくなるという自信がフツフツとありますので、作付け品目を減らして、ヘビー級の作物を作らないようにしているわけです。

 「ほならね、冬働かないならその分の売り上げをどないするの?」これについては、冬の売り上げの分を、他の月で稼いで補填すれば無問題かな。ということで、私の作付けは冬物を作らない、作付け予定になっています。せっかくの自営業、こういう時に休まないと。むやみやたらに働いたところで、体を痛めたら、そこらのブラック企業と変わりませんがな。こちらは労災も定休も定給もないし、手厚い福利厚生も無い、厚生年金も無い、そうしたら少しでも緩くダラリと長く続けられないといけないわけです。農業ってそういうもんなのかな。








青山FMはの次回出店予定日は4月下旬頃になりそうです。



2018年度の作付け予定作物

いつものように今年の作付けを書いていきます。例年通り「費用対効果が悪い」「儲けが少ない」「手間ばかりかかる」をモットーに作物を選びます。よくよく言われるのが、これからの新規就農者や農家は大規模農家と対抗するより、少量多品目で勝負したほうが良いという風潮や農業記事を多々見ますし、聞きます。実際、商売柄色々な農家さんと話す機会がありますが、ほとんどの農家が少量多品目生産を常としています。新規就農は特にその傾向が強いです。これは農業がサラリーマンと違い、個定給が無いので、収入が途切れるのが怖く、ついついあらゆる作物を植えてしまう。それと畑が空いているというのがもったいない、理由はここらへんですかね。少量多品目栽培は悪くは無いですが、植える作物を増やせば増やすほど手間がかかるし、費用も掛かる。販売も梱包も大変になる。なにより体がもたない。私はそんな器用貧乏にならないようにしたいので、今年の植え付け品目はたった8種類です。


・例年通りの作物と今年からの作物


①ミニトマト

相も変わらずよくよく売れる。手間のかかりようは植え付け品目の中では随一だが、それを補って有り余る儲けが出る。いつも1000本植え付けているが、毎年収穫しきれないで、地面に落としまくっているので、半分の500本に落とす。夏トマトは需要が多いのに、作る農家があんましいない。かなり長く獲れるのもたまらん。


②オクラ

単価は安いが、尋常じゃないレベルの量が売れる。種が無茶苦茶安い(一粒1円ぐらい)。今年も1万粒ほど直播きで。腰が割れるな。ずらし撒きは試したが、あんまし効果がない。逆に後半植えは収量が若干落ちるかな。オクラもあんまし他の農家が大量にはやらない。安いせいかな。


③カボチャ

とにかもかくにも、栽培がむっちゃ楽。直播でボコボコ獲れる。土を選ばなくて、篠竹が生えてこようが、藪があろうが伸びて実をつける。土手カボチャとはよくいったもんだ。生命力が全盛期の悟空並みに凄い。1日で15センチ伸びることも。種もまあまあ安いし。12月まで売れるのいいよね。


④落花生

生で売ると単価が凄い。今年もさらに植え付け増産で。栽培はちょいと面倒。鳥害が北斗の拳レベルで起きるから、直播の場合は鳥よけ対策をガッチリと。この作物も鳥害、獣害が凄いから他の農家はほとんどやらない。


⑤ニンニク

前述したとおり2万本植え付け完了。これ以上は機械が必要かな。とにかく売れる。なんで他の農家がやらないのか不思議なレベルで売れる。栽培は楽すぎ。


⑥ソラマメ

植え付け量は減少傾向だが、瞬間売り上げ最高は健在。収穫時期が短すぎるのも問題。栽培も結構楽。


⑦スナップエンドウ

単価はちょっと安いが、量が売れるに売れる。誘引と、収穫が少々面倒。


⑧ジャガイモ←new!

最近有名になってきた方法を試したら、すんごい収量が増えた。単価はまあまあだけど、半年売れるのは素晴らしい。種が安く、収量が1キロあたり15倍~20倍になる。



・今年から止める品目


①トウモロコシ

獣害が結構すごい。虫害もまあまあ。単価はそこそこだけど、日持ちがしない。収穫時期が短いのも微妙なとこ。種がちょっと割高。


②サツマイモ

干し芋が売れたのはいいが、クレームも増えだして対応が面倒なので、作付け停止。クレーム内容はカビについてがほとんど。天日干しだから、針の穴のような小さなカビが出やすい、それを鬼の首を取ったように言われて心が折れました。あとやはり冬季の保存が難しいのも原因。掘るのも大変だしね。




ということなので、今年もよろしくお願いします。

少量多品目は野菜通販を目指す方がよくやるんですがね。野菜通販については私は書きたいことがあるので、今は書きませんが、これからの農業には微妙だと思います。




集金しまくり農業委員会

 事の始まりは10月の台風が過ぎた後日、行政から1本の電話がありました。私はてっきり台風被害の確認かと思いましたが、これが大間違い。行政からは「農業委員会の誰々のお母さんが亡くなったから3000円よこせや」という委員会集金業務連絡でした。私は「その委員の名前も本人の顔も誰だか思い出せないし、ましてや、そのお母さんなんて会ったことも、見たことも、話したことも無いUMAだから、払う義務はないから、お悔やみだけ伝えといてちょーだいね」と話したら、行政の担当は「慣例ですから、払ってくれなないと困ります」だって。で、でたーまたも「慣例」の一言。もう聞き飽きましたよ。それ以外の言葉知らんのか。それでも、行政側に「台風被害でお金が無いから払わん」であしらいましたが、これが、委員会の慣例老害集金ネズミ講委員たちのカンに触ったらしく、この後に開かれる農業委員会で激論を交わすことになります。しかしまた、委員会の私的なお金をなんで行政が集めるんでしょ。そこもよく分かりませんね。

 委員会当日、うんこ以下の内容な議題がパパッと終わり、私もパパッと帰ろうとしたら、委員会の全員に妙な規約の書かれた紙が配布されました。題名は「農業委員会・互助会」と書かれてあります。内容は「飲み会、委員旅行は全員強制参加な。出れないやつ、来なかったヤツは掛かった費用の20%払えや、それから誰かが入院したら数千円と、親族が亡くなっても数千円な」と、ざっくりですが、そんな内容が書かれていました。もちろん私は猛反発。「互助会というからには、任意団体でしょ?だったら私はその任意で、互助会には入らないから」と言ったら、いつもの慣例委員たちが半ギレ気味で「これは全員入らないと意味がない、入らないなら委員を辞めろ」とまで言われました。私も今までのことが積もり積もってたのでほぼガチ切れ状態で「辞めろ?もう一回言ってみろコノヤロウ!手前にそんななこと言われる筋合いも無いし、権利も無い!それにそれは完全なパワハラだぞ出るとこ出ようか、つーか、それを言ってるお前が辞めろや!!」この委員はは都会モンの若造だとベロベロに舐めてきてるので、ここまで言われるのは心外だったらしく、急におとなしくなって、会が終わった後に「さっきのはそういう意味じゃないんだよ。気分を悪くしたらゴメンネ」とすり寄ってきて、もの凄い気持ち悪かったです。その後も、付き合いは大事だとか、互助会費ぐらいは払うべきだとか、相互扶助は大事だとか、色々言って私を懐柔しようとしますが、私もこいつ等に助けて貰った覚えは1ミリもないし、お世話になった覚えもない。販売先も独自なモノだし、補助金も貰っていない。ということなので、ファッキン委員達に弱みも後ろ暗い事もなんもないので、引き下がる理由は全くありません。大体、委員のなんたら~とかいう理由で、こっちの貴重なお金を集金しすぎなんだよ。地方のこういうところは、色々耳にしますが、これも若い人が都会に集まる要因の一つじゃ無いの・・・?結局この話は、次回に持ち越しらしいですが、何度やっても同じなんですがね。入る気はサラサラ無し!

 まあ、今回の騒ぎは、農業委員でもありこの地方の議員でもあるハゲが主催している、参加するとそのハゲ議員にバックマージンがごっそり入る、飲み会とか、旅行の参加者が徐々に減ってきていて、来ないヤツラからもガッツリ集金できるように、こんな20%とるやでー、とか言い出したんでしょ。あほ丸出しですわ。しかもスペシャルにみみっちいときたもんだ。これで議員かあ。地方はこんなんばっかり、どうすんだろ。


また、進展があるのかないのか、ありましたら続報を書くかも。

農業は一生こんな感じ

ニンニク2万本の植え付けがやっとこさ終わりました。いやいや果てしないニンニク植え付けロードでした。それにしてもこの10月の超長雨と台風直撃ラッシュには驚きでしたね。なんかこの時期に台風が来るのが30年ぶりくらいだったそうで。私のところは被害といったらまだ植え付けてない、ニンニクのマルチングがきれーに、ぶっ飛んだことですね。今までこの時期は飛んだことなかったんですがね。ラピュタのように飛びました。そして農業始めて10年間、私の農地は雨の日でも作業ができるほどの水はけが売りだったんですが、長雨に次ぐ雨台風で始めて畑が水でぬかりました。水が抜けるまで3日以上かかりましたよ。おかげでソラマメやニンニクの植え付けが遅れるのなんの。私はハウスも無いし、葉物や、冬作物は全く植えていないので、被害という被害はたいしてありませんでしたが、他の畑では、葉物が塩害で全部溶けたり、ハウスも随分被害が出たそうです。白子町の玉ねぎが大打撃を受けたとかなんとか。千葉県の農業における台風被害は30億円に上るという話です。去年も8月にごっつい台風が直撃するし、なかなか千葉の農家にとっては、厳しい試される数年になりそうですね。でもまあ農業というのはどうしたって、天候相手ですから、こういうリスクは必ず付きまといます。ある年は雨が3か月降らなかったり、暖冬で作物が成長しすぎたりと、その逆も当然あります。つまり農業は結局一生こんなもんです。映画の「7人の侍」の中でのセリフで「百姓は雨が降っても文句を言い、降らなくても文句を言う」かな?こんなようなセリフがでてきます。この言葉はまさに農業をモロに表していると思います。

 ということで、農業では天候はどうやったって、コントロールできないので、いかに色々なリスクを分散するか。そこに農業が上手くいくかどうかが、かかっていると思います。

HOME このページの一番上へ 次のページへ